この商品は現在ご利用いただけません。代理店在庫を含む詳細については、お問合わせください。

仕様と特徴

製品情報をご確認ください または 認証機関による最新情報に関しましてはお問い合わせください。 

製品のタイプの特徴

  • シェルのタイプ  前面金属シェル

  • コネクタおよびハウジングのタイプ  リセプタクル

  • 接続タイプ  基板対基板

  • D-Sub シェル サイズ  2

  • 防水性  いいえ

  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先  プリント基板

  • 製品タイプ  コネクタ

  • 接地ストラップ  なし

  • 接地インデント  なし

  • シールド処理済み  はい

構成の特徴

  • 極数  15

  • 列数  2

  • PCB マウント向き  垂直

  • 装着済み  はい

ボディの特徴

  • コネクタ プロファイル  中, 標準

  • シールドのめっき材質  ティン

  • インサートの材質  ブラス

  • ポストのサイズ (in) .012

  • シェルの材質  炭素鋼

  • シールド材質  ステンレス鋼

  • プラスチック  いいえ

  • メス形ねじロックの材料  ブラス, 亜鉛

  • シェル めっき材質  ティン, 銅下地めっきの上にスズめっき

端子の特徴

  • 端子のベース材質  銅合金

  • PCB 端子結線面のめっき材料  はんだめっき, 錫

  • 端子の下地めっきの材料  ニッケル, パラジウム ニッケル

  • 端子嵌合面のめっき仕様  金, 金フラッシュめっき

  • 端子嵌合面のめっき厚 (µin) 30

結線の特徴

  • プリント基板に対する結線方法  スルーホール - 圧入

  • 接地クリップ  なし

  • 結線ポストの長さ (mm) 5.23, 5.8

  • 結線ポストの長さ (in) .206, .228

機械的アタッチメント

  • パネル マウント機能  なし

  • PCB マウント リテンション  あり

  • PCB マウント リテンション タイプ  アクション/コンプライアント テール, 取り付け穴, 取り付け穴

  • 嵌合保持  あり, なし

  • 嵌合保持のタイプ  ねじ山付きインサート、4-40 UNC, ねじ山付きインサート、4-40 UNC, メス形ねじロック、4-40 UNC, メス形ねじロック、固定

  • コネクタ取り付けのタイプ  ボード マウント

  • 取り付け穴の直径  3.05 mm [ .12 in ]

  • ねじ山付きインサートの材質  ブラス

ハウジングの特徴

  • ピッチ (mm) 2.74, 2.77

  • ピッチ (in) .108, .109

  • ハウジングの色 

  • ハウジングの材質  ナイロン GF, ナイロン, ポリエステル GF, ポリエステル, 熱可塑性樹脂

寸法

  • Row-to-Row Spacing  2.84 mm [ .112 in ]

  • PCB 厚 (推奨) (mm) 1.57, 2.36

  • PCB 厚 (推奨) (in) .062, .093

使用条件

  • 使用温度範囲  -55 – 105 °C [ -67 – 221 °F ]

動作/用途

  • 回路用途  Signal

業界スタンダード

  • 認可規格  UL E81956

  • UL 難燃性グレード  UL 94V-0

実装の特徴

  • パッケージ数量  104

  • 実装方法  トレイ

参照番号

  • TE用番号 CAT-026-RAVSAP2274

関連資料

利用できるドキュメントはありません。 

利用規約

本データを使用する前に免責事項をご確認ください。本データを使用した場合、以下に示す利用規約に同意いただいたものとみなします。

免責事項:

この情報は、お客様にご利用いただくため無料で提供しておりますが、TE Con​​nectivity Corporation(以下「TE」という)、またはSnapEDA 社 またはUltra Librarian / EMA Design Automation 社(以下総称して「 甲」という)の排他的財産となります。

甲は、正確性を確保するために妥当な努力を払っていますが、正確性を保証するものではなく、情報が完全に正確かつ最新のものであることを保証するものではありません。多くの場合、CADデータは、お客様が使用するために重要なインタフェース幾何学的詳細を維持しながら独自の情報を取り除き簡素化しております。甲は、黙示による保証、商品性の保証、または特定の目的へ適合性の保証を含めて、あらゆる黙示的保証を明確に行わないものとします。