2000895-1 高速バックプレーン コネクタ
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント リセプタクル
  • シュラウドのスタイル シュラウド (壁) なし
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • 極数 90
  • 列数 9
  • 列数 10
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き 垂直
  • ガイドの位置 エンド
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ .075
  • シュラウド付きサイドの数 0
  • Row-to-Row Spacing 1.6
  • 使用温度範囲 -65 – 125
  • 回路用途 Signal
2000891-1 高速バックプレーン コネクタ
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 部分的にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • 極数 90
  • 列数 9
  • 列数 10
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置 中心
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ .075
  • シュラウド付きサイドの数 両側
  • Row-to-Row Spacing 1.4
  • 使用温度範囲 -65 – 125
  • 回路用途 Signal
2102161-1 高速バックプレーン コネクタ
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント リセプタクル
  • シュラウドのスタイル シュラウド (壁) なし
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • 極数 180
  • 列数 6
  • 列数 20
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き 垂直
  • ガイドの位置 中心
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 嵌合調整 なし
  • コネクタ取り付けのタイプ Panel Mount
  • ピッチ .075
  • シュラウド付きサイドの数 0
  • Row-to-Row Spacing 1.6
  • 使用温度範囲 -65 – 125
  • 回路用途 Signal
2102092-2 高速バックプレーン コネクタ
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント リセプタクル
  • シュラウドのスタイル シュラウド (壁) なし
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • 極数 60
  • 列数 6
  • 列数 10
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き 垂直
  • ガイドの位置 中心
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 嵌合調整 なし
  • コネクタ取り付けのタイプ Panel Mount
  • ピッチ .075
  • シュラウド付きサイドの数 0
  • Row-to-Row Spacing 1.6
  • 使用温度範囲 -65 – 125
  • 回路用途 Signal
2102319-1 高速バックプレーン コネクタ
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 部分的にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • 信号配置 シングル エンド
  • 極数 180
  • 列数 9
  • 列数 20
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置 中心
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 嵌合調整 なし
  • コネクタ取り付けのタイプ Panel Mount
  • ピッチ .075
  • シュラウド付きサイドの数 4 面
  • Row-to-Row Spacing 1.6
  • 使用温度範囲 -65 – 125
  • 回路用途 Signal
2000890-1 高速バックプレーン コネクタ
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 部分的にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • 極数 90
  • 列数 9
  • 列数 10
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ .075
  • シュラウド付きサイドの数 3 面
  • Row-to-Row Spacing 1.4
  • 使用温度範囲 -65 – 125
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
2102092-1 高速バックプレーン コネクタ
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント リセプタクル
  • シュラウドのスタイル シュラウド (壁) なし
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • 極数 60
  • 列数 6
  • 列数 10
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き 垂直
  • ガイドの位置 中心
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 嵌合調整 なし
  • コネクタ取り付けのタイプ Panel Mount
  • ピッチ .075
  • シュラウド付きサイドの数 0
  • Row-to-Row Spacing 1.6
  • 使用温度範囲 -65 – 125
  • 回路用途 Signal
2102314-1 高速バックプレーン コネクタ
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 部分的にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • 信号配置 シングル エンド
  • 極数 90
  • 列数 9
  • 列数 10
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 嵌合調整 なし
  • コネクタ取り付けのタイプ Panel Mount
  • ピッチ .075
  • シュラウド付きサイドの数 3 面
  • Row-to-Row Spacing 1.6
  • 使用温度範囲 -65 – 125
  • 回路用途 Signal
2102317-1 高速バックプレーン コネクタ
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 部分的にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • 信号配置 シングル エンド
  • 極数 90
  • 列数 9
  • 列数 10
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 嵌合調整 なし
  • コネクタ取り付けのタイプ Panel Mount
  • ピッチ .075
  • シュラウド付きサイドの数 3 面
  • Row-to-Row Spacing 1.6
  • 使用温度範囲 -65 – 125
  • 回路用途 Signal
2102093-1 高速バックプレーン コネクタ
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント リセプタクル
  • シュラウドのスタイル シュラウド (壁) なし
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • 極数 60
  • 列数 6
  • 列数 10
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き 垂直
  • ガイドの位置 中心
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 嵌合調整 なし
  • コネクタ取り付けのタイプ Panel Mount
  • ピッチ .075
  • シュラウド付きサイドの数 0
  • Row-to-Row Spacing 1.6
  • 使用温度範囲 -65 – 125
  • 回路用途 Signal
2000896-1 高速バックプレーン コネクタ
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント リセプタクル
  • シュラウドのスタイル シュラウド (壁) なし
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • 極数 90
  • 列数 9
  • 列数 10
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き 垂直
  • ガイドの位置 中心
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ .075
  • シュラウド付きサイドの数 0
  • Row-to-Row Spacing 1.6
  • 使用温度範囲 -65 – 125
  • 回路用途 Signal
2000892-1 高速バックプレーン コネクタ
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 部分的にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • 極数 90
  • 列数 9
  • 列数 10
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ .075
  • シュラウド付きサイドの数 3 面
  • Row-to-Row Spacing 1.4
  • 使用温度範囲 -65 – 125
  • 回路用途 Signal
2000903-1 高速バックプレーン コネクタ
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 部分的にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • 極数 180
  • 列数 9
  • 列数 20
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置 中心
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ .075
  • シュラウド付きサイドの数 両側
  • Row-to-Row Spacing 1.4
  • 使用温度範囲 -65 – 125
  • 回路用途 Signal
2000905-1 高速バックプレーン コネクタ
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント リセプタクル
  • シュラウドのスタイル シュラウド (壁) なし
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • 極数 180
  • 列数 9
  • 列数 20
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き 垂直
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ .075
  • シュラウド付きサイドの数 0
  • Row-to-Row Spacing 1.6
  • 使用温度範囲 -65 – 125
  • 回路用途 Signal
2102081-1 高速バックプレーン コネクタ
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 部分的にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • 極数 60
  • 列数 6
  • 列数 10
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置 中心
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 嵌合調整 なし
  • コネクタ取り付けのタイプ Panel Mount
  • ピッチ .075
  • シュラウド付きサイドの数 4 面
  • Row-to-Row Spacing 1.4
  • 使用温度範囲 -65 – 125
  • 回路用途 Signal
2102081-2 高速バックプレーン コネクタ
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 部分的にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • 極数 60
  • 列数 6
  • 列数 10
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置 中心
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 嵌合調整 なし
  • コネクタ取り付けのタイプ Panel Mount
  • ピッチ .075
  • シュラウド付きサイドの数 4 面
  • Row-to-Row Spacing 1.4
  • 使用温度範囲 -65 – 125
  • 回路用途 Signal
2102086-1 高速バックプレーン コネクタ
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 部分的にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • 極数 60
  • 列数 6
  • 列数 10
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置 中心
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 嵌合調整 なし
  • コネクタ取り付けのタイプ Panel Mount
  • ピッチ .075
  • シュラウド付きサイドの数 3 面
  • Row-to-Row Spacing 1.4
  • 使用温度範囲 -65 – 125
  • 回路用途 Signal
2102086-2 高速バックプレーン コネクタ
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 部分的にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • 極数 60
  • 列数 6
  • 列数 10
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置 中心
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 嵌合調整 なし
  • コネクタ取り付けのタイプ Panel Mount
  • ピッチ .075
  • シュラウド付きサイドの数 3 面
  • Row-to-Row Spacing 1.4
  • 使用温度範囲 -65 – 125
  • 回路用途 Signal
2102088-1 高速バックプレーン コネクタ
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 部分的にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • 極数 60
  • 列数 6
  • 列数 10
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 嵌合調整 なし
  • コネクタ取り付けのタイプ Panel Mount
  • ピッチ .075
  • シュラウド付きサイドの数 3 面
  • Row-to-Row Spacing 1.6
  • 使用温度範囲 -65 – 125
  • 回路用途 Signal
2102094-1 高速バックプレーン コネクタ
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント リセプタクル
  • シュラウドのスタイル シュラウド (壁) なし
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • 極数 60
  • 列数 6
  • 列数 10
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き 垂直
  • ガイドの位置 中心
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 嵌合調整 なし
  • コネクタ取り付けのタイプ Panel Mount
  • ピッチ .075
  • シュラウド付きサイドの数 0
  • Row-to-Row Spacing 1.6
  • 使用温度範囲 -65 – 125
  • 回路用途 Signal