2102061-2 基板対基板接続用ヘッダーおよびリセプタクル
ANSI/VITA 61.0
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント リセプタクル
  • 接続タイプ 基板対基板
  • 防水性 いいえ
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • スタッカブル はい
  • 列数 6
  • PCB マウント向き 垂直
  • 極数 114
  • 基板対基板接続による構成 メザニン
  • Operating Voltage 250
  • 誘電耐電圧 (最大) 750
  • 端子のベース材質 ベリリウム銅
  • 端子の下地めっきの材料 ニッケル
  • 端子嵌合面のめっき材質の仕上げ 光沢
  • 端子の形状およびフォーム 角型
  • 端子嵌合面のめっき仕様
  • 端子嵌合面のめっき材料の厚さ 1.27
  • 端子のタイプ ソケット
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 端子レイアウト マトリックス
  • プリント基板に対する結線方法 サーフェス マウント - はんだボール
  • PCB マウント リテンション タイプ はんだボール
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 分極タブ
  • PCB マウント リテンション なし
  • PCB マウント アラインメント なし
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • PCB マウント アラインメント タイプ なし
  • 嵌合エントリの位置 トップ
  • ピッチ 1.27
  • ハウジングの色 ナチュラル
  • ハウジングの材料 LCP (液晶ポリマ)
  • コネクタの高さ 6
  • Row-to-Row Spacing 1.27
  • スタックの高さ 10
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • アセンブリプロセスの特徴 カバーの着脱
  • 回路用途 Signal
  • 業界標準 VITA 61
  • UL 難燃性グレード いいえ
  • パッケージ数量 450
  • 実装方法 Tape & Reel
  • コメント VITA 42 と VITA 61 は嵌合可能ではありませんが、設置面積と XMC アーキテクチャには互換性があります。
2000713-6 バックプレーン ガイド ハードウェア
ANSI/VITA 46.0
  • バックプレーン ガイド ハードウェアのタイプ ガイド ソケット モジュール
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • バックプレーン ガイドの位置 フロント ボード
  • ガイド コンポーネントのめっき材料 ニッケル
  • ガイド ハードウェア あり
  • ガイド ハウジングの材料 アルミニウム
  • バックプレーンの製品タイプに適合 VITA 46 3U / 6U 9 mm ドーターカード
  • VITA 規格 VITA 46
  • 実装方法 Bag
  • パッケージ数量 1
  • コメント ESD スプリング付きです。
2000676-1 バックプレーン ガイド ハードウェア
ANSI/VITA 46.0
  • バックプレーン ガイド ハードウェアのタイプ ガイド ピン
  • 接続タイプ 基板対基板
  • 防水性 いいえ
  • PCB マウント向き 垂直
  • バックプレーン ガイドの位置 バックプレーン
  • ガイド ピンのタイプ 外部ねじ山
  • バックプレーン インタフェースのタイプに適合 MULTI GIG RT2J
  • ねじおよび穴のねじ山サイズ 10-32 UNF
  • ガイド ハードウェア あり
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ ガイド穴
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • エンド キャップ ピンの長さ 32.57
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • 回路用途 Power
  • バックプレーンの製品タイプに適合 ガイド モジュール
  • VITA 規格 VITA 46
2102061-1 基板対基板接続用ヘッダーおよびリセプタクル
ANSI/VITA 61.0
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント リセプタクル
  • 接続タイプ 基板対基板
  • 防水性 いいえ
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • スタッカブル はい
  • 列数 6
  • PCB マウント向き 垂直
  • 極数 114
  • 基板対基板接続による構成 メザニン
  • Operating Voltage 250
  • 誘電耐電圧 (最大) 750
  • 端子のベース材質 ベリリウム銅
  • PCB 端子結線面のめっき材料 はんだめっき
  • 端子の下地めっきの材料 ニッケル
  • 端子嵌合面のめっき材質の仕上げ 光沢
  • 端子の形状およびフォーム 角型
  • 端子嵌合面のめっき仕様
  • 端子嵌合面のめっき材料の厚さ 1.27
  • 端子のタイプ ソケット
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 端子レイアウト マトリックス
  • プリント基板に対する結線方法 サーフェス マウント - はんだボール
  • PCB マウント リテンション タイプ はんだボール
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 分極タブ
  • PCB マウント リテンション なし
  • PCB マウント アラインメント なし
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • PCB マウント アラインメント タイプ なし
  • 嵌合エントリの位置 トップ
  • ピッチ 1.27
  • ハウジングの色 ナチュラル
  • ハウジングの材料 LCP (液晶ポリマ)
  • コネクタの高さ 6
  • Row-to-Row Spacing 1.27
  • スタックの高さ 10
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • アセンブリプロセスの特徴 カバーの着脱
  • 回路用途 Signal
  • 業界標準 VITA 61
  • UL 難燃性グレード いいえ
  • パッケージ数量 450
  • 実装方法 Tape & Reel
  • コメント VITA 42 と VITA 61 は嵌合可能ではありませんが、設置面積と XMC アーキテクチャには互換性があります。
1410968-3 高速バックプレーン コネクタ  1
ANSI/VITA 46.0
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 完全にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 ドーターカード
  • 極数 144
  • 列数 7
  • 列数 16
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置 中心
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 両側
  • Row-to-Row Spacing 1.35
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
1410971-3 高速バックプレーン コネクタ  1
ANSI/VITA 46.0
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 完全にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 ドーターカード
  • 極数 56
  • 列数 7
  • 列数 8
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 両側
  • Row-to-Row Spacing 1.35
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
2102060-2 基板対基板接続用ヘッダーおよびリセプタクル
ANSI/VITA 61.0
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • 接続タイプ 基板対基板
  • 防水性 いいえ
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • スタッカブル はい
  • 列数 6
  • PCB マウント向き 垂直
  • 極数 114
  • 基板対基板接続による構成 メザニン
  • Operating Voltage 250
  • 誘電耐電圧 (最大) 750
  • 端子のベース材質 りん青銅
  • 端子の下地めっきの材料 ニッケル
  • 端子嵌合面のめっき材質の仕上げ 光沢
  • 端子の形状およびフォーム 角型
  • 端子嵌合面のめっき仕様
  • 端子嵌合面のめっき材料の厚さ 1.27
  • 端子のタイプ ピン
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 端子レイアウト マトリックス
  • プリント基板に対する結線方法 サーフェス マウント - はんだボール
  • PCB マウント リテンション タイプ はんだボール
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 分極タブ
  • PCB マウント リテンション なし
  • PCB マウント アラインメント なし
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • PCB マウント アラインメント タイプ なし
  • 嵌合エントリの位置 トップ
  • ピッチ 1.27
  • ハウジングの色 ナチュラル
  • ハウジングの材料 LCP (液晶ポリマ)
  • コネクタの高さ 9.15
  • Row-to-Row Spacing 1.27
  • スタックの高さ 10
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • アセンブリプロセスの特徴 カバーの着脱
  • 回路用途 Signal
  • 業界標準 VITA 61
  • UL 難燃性グレード いいえ
  • パッケージ数量 230
  • 実装方法 Tape & Reel
  • コメント VITA 42 と VITA 61 は嵌合可能ではありませんが、設置面積と XMC アーキテクチャには互換性があります。
2226027-1 高速バックプレーン コネクタ  1
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント リセプタクル
  • シュラウドのスタイル シュラウド (壁) なし
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • 極数 112
  • 列数 7
  • 列数 16
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き 垂直
  • ガイドの位置 ガイドなし
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • シュラウド付きサイドの数 0
  • Row-to-Row Spacing 1.8
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
1445693-3 ラックおよびパネル端子
  • 接続タイプ ケーブル対パネル
  • 防水性 はい
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 ワイヤ&ケーブル
  • インピーダンス 100
  • 端子の挿抜方式 リア リリース/背面取り外し
  • 端子のベース材質
  • 圧着タイプ 六角
  • 端子の向き ストレート
  • 端子のタイプ ソケット
  • ラック/パネル コネクタ接点のサイズ 8
  • ラック/パネル コネクタ端子のスタイル Quadrax
  • 端子長 33.83
  • 端子嵌合面のめっき仕様
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • ワイヤ & ケーブルへの結線方法 圧着
  • ハウジング内部での接点保持のタイプ 保持クリップ
  • Wire Size 24
  • 使用温度範囲 -65 – 125
  • 回路用途 Signal
  • 端子のカラー コード
  • 実装方法 Package
  • コメント Quadrax 角形コネクタと組み合わせて使用します。
2000713-3 バックプレーン ガイド ハードウェア
ANSI/VITA 46.0
  • バックプレーン ガイド ハードウェアのタイプ ガイド ソケット モジュール
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • バックプレーン ガイドの位置 フロント ボード
  • キーの向き 90°
  • ガイド コンポーネントのめっき材料 ニッケル
  • ガイド ハードウェア あり
  • ガイド ハウジングの材料 アルミニウム
  • バックプレーンの製品タイプに適合 VITA 46 3U / 6U 9 mm ドーターカード
  • VITA 規格 VITA 46
  • 実装方法 Bag
  • パッケージ数量 1
  • コメント ESD スプリング付きです。
1410190-3 高速バックプレーン コネクタ  1
ANSI/VITA 46.0
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 完全にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 ドーターカード
  • 極数 112
  • 列数 7
  • 列数 16
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置 中心
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 両側
  • Row-to-Row Spacing 1.35
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
2102772-1 高速バックプレーン コネクタ  1
ANSI/VITA 46.0
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 完全にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 ドーターカード
  • 極数 56
  • 列数 7
  • 列数 8
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.9
  • シュラウド付きサイドの数 両側
  • Row-to-Row Spacing 1.35
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
2000713-1 バックプレーン ガイド ハードウェア
ANSI/VITA 46.0
  • バックプレーン ガイド ハードウェアのタイプ ガイド ソケット モジュール
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • バックプレーン ガイドの位置 フロント ボード
  • キーの向き
  • ガイド コンポーネントのめっき材料 ニッケル
  • ガイド ハードウェア あり
  • ガイド ハウジングの材料 アルミニウム
  • バックプレーンの製品タイプに適合 VITA 46 3U / 6U 9 mm ドーターカード
  • VITA 規格 VITA 46
  • 実装方法 Bag
  • パッケージ数量 1
  • コメント ESD スプリング付きです。
530721-4 PCB コネクタ嵌合キー
  • コネクタ嵌合キー アクセサリのタイプ キーイング ハードウェア
  • 一次製品の材料 不活性化ステンレス鋼
  • キーイング ハードウェアのタイプ 外部キー
  • パッケージ数量 1
  • 実装方法 パッケージ
  • コメント キットには、2 本のキーとリベットが含まれています。
1410147-1 高速バックプレーン コネクタ
ANSI/VITA 41.0
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 完全にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 ドーターカード
  • 極数 105
  • 列数 7
  • 列数 15
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置 中心
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 両側
  • Row-to-Row Spacing 1.35
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
2102735-1 高速バックプレーン コネクタ  1
ANSI/VITA 46.0
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント リセプタクル
  • シュラウドのスタイル シュラウド (壁) なし
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 バックプレーン
  • 極数 72
  • 列数 9
  • 列数 8
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き 垂直
  • ガイドの位置
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ ガイド ピン
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 0
  • Row-to-Row Spacing 1.8
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
2102061-9 基板対基板接続用ヘッダーおよびリセプタクル
ANSI/VITA 61.0
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント リセプタクル
  • 接続タイプ 基板対基板
  • 防水性 いいえ
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • スタッカブル はい
  • 列数 6
  • PCB マウント向き 垂直
  • 極数 114
  • 基板対基板接続による構成 メザニン
  • Operating Voltage 250
  • 誘電耐電圧 (最大) 750
  • 端子のベース材質 ベリリウム銅
  • PCB 端子結線面のめっき材料 はんだめっき
  • 端子の下地めっきの材料 ニッケル
  • 端子嵌合面のめっき材質の仕上げ 光沢
  • 端子の形状およびフォーム 角型
  • 端子嵌合面のめっき仕様
  • 端子嵌合面のめっき材料の厚さ 1.27
  • 端子のタイプ ソケット
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 端子レイアウト マトリックス
  • プリント基板に対する結線方法 サーフェス マウント - はんだボール
  • PCB マウント リテンション タイプ はんだボール
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 分極タブ
  • PCB マウント リテンション なし
  • PCB マウント アラインメント なし
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • PCB マウント アラインメント タイプ なし
  • 嵌合エントリの位置 トップ
  • ピッチ 1.27
  • ハウジングの色 ナチュラル
  • ハウジングの材料 LCP (液晶ポリマ)
  • コネクタの高さ 14
  • Row-to-Row Spacing 1.27
  • スタックの高さ 18
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • アセンブリプロセスの特徴 カバーの着脱
  • 回路用途 Signal
  • 業界標準 VITA 61
  • UL 難燃性グレード いいえ
  • パッケージ数量 100
  • 実装方法 Tape & Reel
  • コメント VITA 42 と VITA 61 は嵌合可能ではありませんが、設置面積と XMC アーキテクチャには互換性があります。
1410188-3 高速バックプレーン コネクタ  1
ANSI/VITA 46.0
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント ヘッダ
  • シュラウドのスタイル 完全にシュラウド付き
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 ドーターカード
  • 極数 112
  • 列数 7
  • 列数 16
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き ライトアングル
  • ガイドの位置
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 両側
  • Row-to-Row Spacing 1.35
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
1410964-1 高速バックプレーン コネクタ  1
ANSI/VITA 46.0
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント リセプタクル
  • シュラウドのスタイル シュラウド (壁) なし
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 バックプレーン
  • 極数 135
  • 列数 9
  • 列数 16
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き 垂直
  • ガイドの位置 中心
  • カード スロットの中心線 20.3
  • 端子の定格電流 (最大) 1
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ 極性
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 0
  • Row-to-Row Spacing 1.35
  • 使用温度範囲 -55 – 105
  • 回路用途 パワーおよびシグナル
2102736-1 高速バックプレーン コネクタ  1
ANSI/VITA 46.0
  • 接続タイプ 基板対基板
  • PCB コネクタ アセンブリのタイプ PCB マウント リセプタクル
  • シュラウドのスタイル シュラウド (壁) なし
  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先 プリント基板
  • プリント基板タイプに適用 バックプレーン
  • 極数 144
  • 列数 9
  • 列数 16
  • バックプレーン アーキテクチャ 従来のバックプレーン
  • PCB マウント向き 垂直
  • ガイドの位置 中心
  • 端子の定格電流 (最大) 1.5
  • 嵌合調整 あり
  • 嵌合調整のタイプ ガイド ピン
  • コネクタ取り付けのタイプ ボード マウント
  • ピッチ 1.8
  • シュラウド付きサイドの数 0
  • Row-to-Row Spacing 1.8
  • 使用温度範囲 -55 – 125
  • 回路用途 パワーおよびシグナル