Mark Brubaker
Mark Brubaker
当社は、お客様の重要な質問に耳を傾け、エンジニアと密接に協力しながら的確なソリューションを提供します。

TE の商用車・二輪車担当部門のプロダクト マネージャとして、Mark Brubaker は、自身のエンジニアリングに関する知識、ビジネス感覚、業界洞察力を駆使してトラック、バス、オフロード車業界のお客様を支援しています。 Mark には、その好奇心と仕事への積極的な取り組みにより、高速データ接続に関するお客様の大きな課題を解決する力があります。商用自動車に運転者支援、自動化、インフォテインメントといった高度な機能を装置に組み込む設計者がますます増える中、Mark は、設計者がそれぞれの用途に適した TE のソリューションを見つけられるようサポートしています。

1

TE に入社しようと思った理由は何ですか?

私はペンシルベニア州立大学で機械工学の学位取得を目指しながら、2011 年にインターンとして TE に入社しました。その後、インターンシップはパートタイム ジョブに変わり、最終的に常勤の社員となりました。入社当初から、私はダイナミックなコネクタ技術に非常に興味がありました。コネクタ設計はさまざまな工学分野に関連しており、それは機械や電気だけでなく材料や運用・製造にも及びます。また、TE は数多くの業界に携わっている点にも好感が持てました。結局のところ、私が TE に魅力を感じたのは、インターンの機会を得て実際に社員の方々と接し、TE がどのようにして世界に価値をもたらしているかを知ったからだと思います。

2

専門分野は何ですか?

私は TE でサステイニング エンジニアの職務に就いていたときに多くを学びました。そこで教えられたのは、コネクタを設計する際は長期的に考えることがいかに重要であるか、ということでした。また、この職務では、設計を改善する取り組みやプロセスを最適化する方法の探索といった日々の課題も経験しました。今この時期を振り返ってみると、サステイニング エンジニアの経験によってどれだけ自分の問題解決能力が鍛えられたかがわかります。それから 2 年ほど製品開発に携わりましたが、そこではシグナル インテグリティを取り巻く電気的なスキルが向上しました。この期間に得た知識は、現在担当している高周波通信コネクタの仕事に役立っています。今のプロダクト マネージャとしての私の働きぶりは、これまでのあらゆる経験によって形作られたものです。 

3

現時点でお客様にとって最大の課題とは何でしょうか?

商用車・二輪車業界のお客様は、次のレベルの安全性と生産性を顧客に提供したいと考えています。お客様が TE に求めているのは、その実現方法を見つけ出すことです。高速デバイスを接続することは、自動車の世界では目新しいことではありません。ただし、建設機械、大型トラック、農業機器などの商用車両では、別の課題があります。このような車両が稼働する環境は自家用車よりもはるかに過酷で、困難に満ちています。私は、お客様が農場やハイウェイで信頼して使用できるコネクティビティ製品を作ろうと努力しています。

4

最も楽しいと思う業務は何ですか?

お客様と関わり合うことです。職務上、私はお客様と密接に協力し、お客様が直面している課題について理解します。状況を分析し、問題に対処し、お客様のニーズに応える。これらは本当に楽しい仕事です。効果があった、状況が改善されたとわかったときは大きな満足感を覚えます。 

5

最も刺激を受ける、業界のトレンドは何ですか?

トラックの安全性にプラスの影響を与える技術が登場するときは非常にワクワクします。たとえば、先進運転者支援システムやレーダー/ライダの利用は事故の危険を低減します。その他に、生産性を向上させる取り組みも期待の高いトレンドです。無駄を削減して車両を効率化する技術の実現や支援に TE がどのように関わっているか、それを間近で体験できることをうれしく思います。

 

6

今から 10 ~ 20 年後に、トラック、バス、オフロード車の業界はどのようになっていると想像しますか?

時代の流れは自動運転に向かっています。10 年後、自動運転技術は、安全性の向上や無駄の削減といった価値を車両のオーナーに提供できるレベルにまで達するでしょう。20 年後は、やろうと思えば何でもできると思います。たとえば、貨物を降ろす自動化された空飛ぶ車が実現しているかもしれません。間違いないのは、今後自動運転の車両が増加していくということです。

 

Mark Brubaker
Mark Brubaker
当社は、お客様の重要な質問に耳を傾け、エンジニアと密接に協力しながら的確なソリューションを提供します。

TE の商用車・二輪車担当部門のプロダクト マネージャとして、Mark Brubaker は、自身のエンジニアリングに関する知識、ビジネス感覚、業界洞察力を駆使してトラック、バス、オフロード車業界のお客様を支援しています。 Mark には、その好奇心と仕事への積極的な取り組みにより、高速データ接続に関するお客様の大きな課題を解決する力があります。商用自動車に運転者支援、自動化、インフォテインメントといった高度な機能を装置に組み込む設計者がますます増える中、Mark は、設計者がそれぞれの用途に適した TE のソリューションを見つけられるようサポートしています。

1

TE に入社しようと思った理由は何ですか?

私はペンシルベニア州立大学で機械工学の学位取得を目指しながら、2011 年にインターンとして TE に入社しました。その後、インターンシップはパートタイム ジョブに変わり、最終的に常勤の社員となりました。入社当初から、私はダイナミックなコネクタ技術に非常に興味がありました。コネクタ設計はさまざまな工学分野に関連しており、それは機械や電気だけでなく材料や運用・製造にも及びます。また、TE は数多くの業界に携わっている点にも好感が持てました。結局のところ、私が TE に魅力を感じたのは、インターンの機会を得て実際に社員の方々と接し、TE がどのようにして世界に価値をもたらしているかを知ったからだと思います。

2

専門分野は何ですか?

私は TE でサステイニング エンジニアの職務に就いていたときに多くを学びました。そこで教えられたのは、コネクタを設計する際は長期的に考えることがいかに重要であるか、ということでした。また、この職務では、設計を改善する取り組みやプロセスを最適化する方法の探索といった日々の課題も経験しました。今この時期を振り返ってみると、サステイニング エンジニアの経験によってどれだけ自分の問題解決能力が鍛えられたかがわかります。それから 2 年ほど製品開発に携わりましたが、そこではシグナル インテグリティを取り巻く電気的なスキルが向上しました。この期間に得た知識は、現在担当している高周波通信コネクタの仕事に役立っています。今のプロダクト マネージャとしての私の働きぶりは、これまでのあらゆる経験によって形作られたものです。 

3

現時点でお客様にとって最大の課題とは何でしょうか?

商用車・二輪車業界のお客様は、次のレベルの安全性と生産性を顧客に提供したいと考えています。お客様が TE に求めているのは、その実現方法を見つけ出すことです。高速デバイスを接続することは、自動車の世界では目新しいことではありません。ただし、建設機械、大型トラック、農業機器などの商用車両では、別の課題があります。このような車両が稼働する環境は自家用車よりもはるかに過酷で、困難に満ちています。私は、お客様が農場やハイウェイで信頼して使用できるコネクティビティ製品を作ろうと努力しています。

4

最も楽しいと思う業務は何ですか?

お客様と関わり合うことです。職務上、私はお客様と密接に協力し、お客様が直面している課題について理解します。状況を分析し、問題に対処し、お客様のニーズに応える。これらは本当に楽しい仕事です。効果があった、状況が改善されたとわかったときは大きな満足感を覚えます。 

5

最も刺激を受ける、業界のトレンドは何ですか?

トラックの安全性にプラスの影響を与える技術が登場するときは非常にワクワクします。たとえば、先進運転者支援システムやレーダー/ライダの利用は事故の危険を低減します。その他に、生産性を向上させる取り組みも期待の高いトレンドです。無駄を削減して車両を効率化する技術の実現や支援に TE がどのように関わっているか、それを間近で体験できることをうれしく思います。

 

6

今から 10 ~ 20 年後に、トラック、バス、オフロード車の業界はどのようになっていると想像しますか?

時代の流れは自動運転に向かっています。10 年後、自動運転技術は、安全性の向上や無駄の削減といった価値を車両のオーナーに提供できるレベルにまで達するでしょう。20 年後は、やろうと思えば何でもできると思います。たとえば、貨物を降ろす自動化された空飛ぶ車が実現しているかもしれません。間違いないのは、今後自動運転の車両が増加していくということです。