トレンド

呼吸器のセンサ

侵襲性および非侵襲性の呼吸器において、各種センサ技術がどのように使用されているのかをご覧ください。

生命を救う呼吸補助

機械式の人工呼吸器は、自発呼吸ができない患者や追加の酸素吸入が必要な患者にとって、生命を救う装置です。人工呼吸器は、集中治療室から家庭用の携行可能なユニットまで、あらゆる場所で使用されています。人工呼吸器は、呼吸に適した空気または空気と他の気体の混合気を肺に送り込んだり、肺から吸い出したりする装置ですが、吸排気には人工気道 (侵襲性の換気) またはフェイス マスク (非侵襲性の換気) を使用します。自発呼吸はできるものの血中酸素濃度が低い患者については、酸素濃縮器によって追加で必要とされる酸素を供給します。周辺の空気を取り込んで窒素を取り除き、圧縮することで、酸素濃度の高い空気を継続的に患者に供給します。酸素濃縮器も酸素タンクから酸素を取り入れることで、酸素濃度の高い空気を患者に供給します。

サポートするセンシング技術

TE Connectivity (TE) のセンサ技術によって、生命にかかわる用途に対応した信頼性と精度が高い測定を実現できます。患者への空気流量と呼気の進行の制御には、圧力センサが使用されます。また、流量測定のほかにも、圧力センサはファンの圧力やリザーバ/タンクの圧力も監視します。さらに、気圧補正を目的として絶対圧センサを統合することで、高度による測定誤差を修正することができます。患者の快適性を向上させるには、加湿器によって流入する空気を加熱および加湿します。この機能をサポートするため、TE では湿度および温度センサを提供しています。

TE の優位点

  • 医療分野での経験
  • 幅広いポートフォリオ
  • 製造規模
  • カスタマイズ能力
非侵襲性の換気の図