パーソナル IoT

用途

パーソナル IoT

個人用デバイスからコネクテッドホームやコネクテッド カーまで、作業の能率と生活の質を向上させる IoT センサの詳細をご覧ください。

センサのさまざまな用途

消費者主体のモノのインターネット (IoT) 技術が進むにつれて、製品・サービスにおいてユーザーの利用できる多くの新しい成果が生まれてきています。現在では、個人用デバイスを使用して、数ヤード先から車を起動させたり、外出先から自宅の冷房を入れたり、睡眠パターンを追跡したりすることができるようになっています。新しいワイヤレス通信プラットフォーム、センサの小型化、低コストのデータ伝送が相重なり、家庭や輸送、パーソナル デバイスにおける IoT の成長を誘引しています。これらの接続ソリューションを実現するには、センシング技術は、個人向けの IoT 用途のための正確なデータの収集に必要となる要件を満たさなければなりません。TE Connectivity の IoT 対応センサ製品の詳細をご覧ください。

blank
スマート ウォッチ
食洗機
黒い車
orange bar

ウェアラブル機器

ウェアラブル デバイスには、ユーザが求めるデータを提供するためにセンサ技術が使われています。小型デジタル圧力センサは、動きの高度を測定し、スイム ウォッチの補助機能と深度を追跡するように設計することができます。TE では、腐食性液体にさらされる環境条件や低電流消費型バッテリー駆動のデバイスに対応するセンサ パッケージもご用意できます。

  1. ボード マウント用圧力センサのビデオ (英語)

TE Connectivity (TE) が新しい設計に適したボード マウント用圧力センサを選択するのにどのように役立つかをご覧ください。

当社の MS5839 は、塩素や塩水が存在する環境で使用するために最適化された超小型のデジタル高度計です。堅牢なゲル充填型設計によって過酷な環境で動作することができ、正確で信頼性の高いデジタル測定を実現します。

この MEMS ベースのセンサは、優れた耐水性、耐塩素性、シールド性能、低消費電力、デジタル相互接続を超コンパクトで薄型のパッケージで実現します。ボード レベルの設計により、圧力 (±0.5 mbar) および温度 (±2ºC) のどちらにも優れた検知精度を提供します。 TE Connectivity の MS5839 は、ご使用の機器をレベルアップします。 

orange bar

快適性、効率性、利便性

スマート ホームやスマート ホームでは、家電や HVAC 装置などのさまざまな用途にセンサが使われています。エネルギ コストを削減し、廃棄物を減らし、水資源を節約して、快適な環境を作り出すため、センサは、資産測定のためのデータを提供して価値ある変化を生み出します。データは、これまで単にオン・オフ スイッチが使われていた場所に、より精密な制御を生み出すために使われています。

  1. HTU21 湿度/温度センサ (英語)

効率を増やして、HTU21 湿度温度センサがどのように一定の条件を維持して冷蔵庫などのアプライアンスの無駄を低減するかをご覧ください。

温度・湿度センサ

キャリブレーション済みの HTU21D 温度・湿度センサは、デジタルの I²C フォーマットで線形性信号を出力します。設置面積が 3 x 3 x 0.9 mm と小さく、リフローはんだ対応 DFN (Dual Flat No leads) パッケージにまとめられたこの製品は、サイズとインテリジェンスの面で新たな基準を打ち立てています。

HTU21D 温度・湿度センサは、冷蔵庫や加湿器などの各種家電製品をはじめ、医療デバイスやプリンタでも利用できます。  センサの性能および HTU21D センサを試験・検証する最新のセンサ開発基板についてご覧ください。

orange

輸送ソリューション

センサ技術は、路上の車の安全性、快適さ、効率に影響を与えています。センサは、ひとつの装置に複数の機能を搭載したより小型のパッケージへと進化を遂げました。これは、自動車およびオフ ロード用途にとって非常に重要なことです。これらの用途は、軽量化、省スペース化と取り組んでいます。さらに、既存の空間的制約を伴って浮上してきた用途もあります。センサが提供するデータが増えるほど、自動車は、エンジン制御を超えた運転操作において積極的な役割を担うようになります。

  1. 自動車をクラウド コンピューティングへつなげる

技術は自動車をスマート デバイスに進化させています。自動車は、他の車両や道路インフラ、スマート ホームをはじめ、すべてのモノとつながり始めています。高速かつ信頼性の高いデータ接続に対応する TE のソリューションがどのように車載 V2X 通信 (Vehicle-to-Everything) を実現するかをご覧ください。

HTD2800 デジタル センサは、相対湿度・温度・圧力に対応する信号を単一のデバイスから出力します。堅牢な認証評価を受けているコンボ センサをベースとした TRICAN HTD2800 は、高い信頼性と正確な測定が求められる自動車およびトラック用途向けに設計されています。

TE Connectivity (TE) は、より安全で環境にやさしい、より密接につながる自動車の実現に取り組んでいます。乗客を安全かつ効率的に搬送するために、車両はデータを必要とします。当社の自動車用センサは、車内外の状況の変化を検知して、これに反応する性能を備えています。 TE のさまざまな自動車用センサをご覧ください。

orange bar

パーソナル ヘルスの最適化

TE Connectivity は、パーソナル ヘルスケア機器のセンシフィケーション (人間の五感を超える能力) 実現に大きく貢献しています。当社の広範な製品ラインナップには、パーソナル ヘルスケア機器を次世代のイノベーションへと進化させるために必要な、コネクタ、センサおよび 5G 対応ソリューションが含まれます。血圧検知から監視装置まで、局所的なデータの収集を可能にする当社のセンサおよび製品ソリューションは、パーソナル ヘルスケア機器分野に大きく貢献しています。パーソナル ヘルスケア用のセンサ ソリューションの詳細をご覧ください。

オレンジ色区切り線
  1. IoT センサ市場調査

TE Connectivity (TE) では、IoT 設計に関連するさまざまなトピックについて、エンジニアを対象とした調査を行いました。その結果、主にコンシューマ向け IoT、インダストリアル IoT、自動車向け IoT に強い関心を持つ約 180 名の上級エンジニアから回答が寄せられました。この調査から、IoT の用途および設計方法に関する詳細、さらに分野を超えて存在する共通の課題が明らかになりました。

当社へのお問い合わせ

IoT センサ用途についてのご相談は、最寄りの担当者までお気軽にお問い合わせください。