駅を出るフランスの列車

ニュースリリース

高速鉄道での接続

TE Connectivity (TE) は、世界的な建設会社やフランス国有鉄道と提携して、信頼性の高い長期的ソリューションを提供しました。

高速線 302 km と在来線との接続部 40 km

SEA (南ヨーロッパ大西洋線) は、フランスのトゥールとボルドーを結ぶ高速鉄道線です。新線 302 km と在来線との接続部 40 km から成るこの線は、ヨーロッパ最大級の鉄道プロジェクトのひとつです。沿線の経済的発展と持続可能なモビリティの実現が、このイニシアチブの重要な課題となっています。 

フランス鉄道プロジェクト

課題

S.E.A. (南ヨーロッパ大西洋線) プロジェクトは、フランスのまったく新しい高速鉄道線です。建設契約を獲得した Vinci 社は、架空送電線建設用の資材を確実に供給できるパートナを必要としていました。LGV S.E.A. トゥール ‐ ボルドー線は、高速線 302 km と在来線との接続部約 40 km を含む 340 km の新しい鉄道線路を持ち、以下を通過します。

  • 3 つの地域
  • 6 つの県
  • 113 の都市
  • 速度 320 km/h
  • 13,000 本の架線柱 

 

この規模のプロジェクトの場合、Vinci 社は、線路全体を確実に接続するために、フランス国有鉄道の認定を受けた碍子、コネクタ、およびフィッティングを必要としました。

また、迅速な対応やサポートを期待できる信頼性の高いパートナも必要でした。

フランス国有鉄道の認定を得るには、以下のことが求められます。

  • 長期にわたってメンテナンスの必要性を低減し、安全性を確保する
  • 最高の品質を提供する高い信頼性があり、ネットワークの信頼性と高速鉄道の確実な運行を可能にする
  • 要求の厳しい仕様を満たし、高い技術的性能を発揮する 
鉄道プロジェクト、鉄道用ドロッパ

ソリューション

TE Connectivity の強みは、数十年に及ぶ世界中での碍子設計の経験と Raychem の材料に関する専門知識が融合したところにあります。TE Connectivity が特別に配合した EVA (エチレン酢酸ビニール) の組成は、基本 EVA ポリマの半結晶構造に由来する優れた耐酸性と耐薬品性を利用して、被覆の耐汚染性を向上させます。これはシリコーン碍子の柔らかい非晶構造に勝る重要な利点です。

これらの利点に、10 年にわたる研究と実験の成果を加えた結果、TE はフランス国有鉄道の認定を取得しました。

TE は、幅広いコネクタと特許取得済みのドロッパ ソリューションによって信頼性の高い長期的ソリューションを実現しました。TE のドロッパは、電気的および機械的挙動を向上させるために、上部と下部の両方で連結されています。その設計のおかげで、この接続ドロッパは、フランス国有鉄道の仕様 (機械的試験、電気的試験、振動試験) で定義されたすべての試験に合格しました。

60K

S.E.A. で使用されている碍子の数は 60,000 個

20K

高速鉄道東部延長線 2 で使用されている碍子の数は 20,000 個

25

コネクタおよびフィッティングの参照 (120,000 のドロッパを含む)

結果

要求の厳しい鉄道用途向け製品の設計と供給に長年取り組んできた確かな経験と専門知識を基に、TE Connectivity のエネルギ部門がこの鉄道線路用製品の設計、テスト、製造に当たりました。実際には、Vinci 社およびフランス固有鉄道との長きにわたる開発、テスト、実地試験がそれを可能にしました。

 

TE Connectivity が開発した幅広い鉄道用碍子は、最後の 2 年間に、フランス国有鉄道からフランス鉄道網への設置を許可する認証を得ました。

 

これにより、TE Connectivity はフランスにおいて、特に高速鉄道 (HSR) プロジェクト向けの碍子製品群の主要なサプライヤとなりました。現在、TE の鉄道用碍子は、フランス東部のパリからストラスブールまでの HSR 延長プロジェクトで設置が進められており、現在進行中のトゥールからボルドーまでの S.E.A. プロジェクトでも間もなく提供が開始される予定です。 

「特殊な状況においても、TE はその実力を証明しました。TE は、可能な限りのあらゆる接続ソリューションを提供することで、主要な鉄道部品サプライヤとして明確な地位を確立しています。TE には質の高い専門知識に加えて、当社のニーズをとらえる特別な理解力もあり、それが TE を選んだ大きな理由でした。」

SIMEL ドロッパは、フランスの既存の高速鉄道線の大半に設置されています。また、英国、ベルギー、ギリシャ、韓国でも採用されています。

SIMEL ドロッパは、現場での高い信頼性 (ドロッパが設置されてから既に 15 年以上が経過しています) と高性能を実現します。SIMEL 接続ドロッパは、TGV 東線が 2007 年 4 月に鉄道速度記録 (574.8 km/h) を更新したときに使用されていました。

さらに、各接続ドロッパは規定の長さでお客様に納品されます。この組み立ては TE フランス工場で行われるため、ドロッパの設置にかかる時間を節約できます。

フランスで今後 30 年間に実施されるプロジェクトの中で最も重要なもののひとつに数えられるこの鉄道契約により、TE は、鉄道産業におけるコネクタおよびフィッティングのソリューション メーカとしての地位を証明しました。