MusicLinear

ケース スタディ

TE が世界初の USB Type-C リニア電源の誕生を実現

信頼できるパートナーに TE が迅速性と信頼性を提供

音楽愛好家の間ではコンピューター音源 (CAS) システムの普及が進んでいますが、その音質の決定要因は電源にあります。どのような条件下でも、クリーンでノイズが少ない電源は音楽愛好家から高い評価を得てきました。

世界で最初の CAS 用 USB Type-C リニア電源である MusicLinearTM が Hi-Fi 音楽ファン向けに提供されるようになりました。MusicLinear のきわめて少ないノイズ出力は、通常のスイッチング電源の 20% という低いレベルにあります。MusicLinear を使用した CAS システムでは、再生する音楽のバックグラウンド雑音が極小であり、広い周波数特性、繊細な高音、輪郭のある低音などの豊かな表情を持つ音楽を楽しむことができます。この革新的な製品は、新興企業である BravoLinear 社が、TE Connectivity (TE) および Arrow Electronics 社との協力関係から生み出したものです。TE と Arrow Electronics 社の技術専門家のサポートにより、製品の企画から試作品作成までのプロセス完了にこの新興企業が要した時間はわずか 3 か月でした。

MusicLinear

あらゆる新興企業が試される 2 つの長期的課題

MusicLinear はこの新興企業の主力製品であり、製品品質、R&D、生産速度の面で厳しい要件が課されていました。まず、信号どうしのクロストークを防止すると同時に、オーディオ信号とデータの円滑な伝送を保証できる超低雑音を実現するために、他に類を見ない EMI (電磁干渉) シールド性能が要求されました。一方で、製品の早期市場導入を支援し、製品、技術、サービスの面で総合的なサポートを提供できるサプライヤを同社は必要としていました。

「MusicLinear はまったくの白紙からの設計だったので、市場には参考になるような同類製品がありませんでした。これは、どのような新興企業も直面する新たな課題です」同社の COO である Andrew Kung 氏はこのように述べています。

信頼できるパートナーに TE が迅速性と信頼性を提供

日程的に厳しい生産サイクルと完全な製品性能へのこだわりから、MusicLinear は、迅速に対応できる柔軟性と信頼性に富んだサプライヤを緊急に必要としていました。MusicLinear にとって最適な選択は、強力なリソースとローカル技術チームを擁する TE でした。BravoLinear 社と TE との協力の背景には、次のようなきわめて重要な要因があります。

        TE が提供する迅速で包括的な技術サポート

        電源、EMI、ノイズなどの性能パラメータ向上に向けた厳しい要件に応えることができる TE

        TE 製品の高水準な信頼性

Kung 氏は次のように説明しています。「TE 製品は、過酷な環境下での信頼性の高さで知られています。オーディオ システムでは、他の民生電子機器と比較して電源に長い寿命が想定されるので、信頼性は重要な考慮事項です」

MusicLinear の R&D プロセスは、香港サイエンス パークにある Arrow Electronics 社のオープン ラボを使用して短期間で完了しました。エレクトロニクス業界で 25 年の経験を持つ Kung 氏は述べています。「私たちは、技術の専門的サポートをリアルタイムで受けることができ、Arrow Electronics 社のオープン ラボにある最新の各種設計装置と設備を使用させていただくことができました」

同社の CEO である Alex Yeung 氏は次のように述べています。「サンプル製品、製品アプリケーション、基準設計の面で TE とその代理店である Arrow Electronics 社から提供いただいたサポートは強力で信頼できるものでした。新興企業である私たちが設計上の多くの課題を解決し、製品の早期市場導入を実現するうえで大きな力でした」

TE は、対応がきわめて迅速な信頼できるパートナーであり、重要なサポートを私たち新興企業に提供していただきました。
Alex Yeung 氏,
BravoLinear 社 CEO

3-in-1 効果: 製品の優位性、技術サポート、およびローカル リソース

市場シェアを獲得できるかどうかは、迅速な対応のほか、製品自身にもかかっています。ハイエンドに位置付けられた製品で比類のない性能を実現するには、コンポーネントの厳格な品質管理が必須です。USB Type-C によって PC とモバイル デバイスの電源供給が大きな変革を受けて以来、多くの新しいノートパソコンで充電ポートとデータ伝送インタフェースに USB Type-C が盛んに使用されるようになっています。MusicLinear のリニア電源が当初から USB Type-C インタフェースを採用している理由はまさにこの点にあります。USB Type-C を使用したこのリニア電源自体の公称 80 W、4 A によってインタフェースに課された高い性能要件を実現するには、少なからぬ困難があります。TE の双方向 USB Type-C インタフェースは、その 100 W の電力定格によってこの要件に十分に応えることができました。

MusicLinear のプレミアム製品としての位置付けにより、電源に対する要件のほか、データ伝送と干渉に対しても厳しい要件が求められていました。シールドに十分な性能がないと、ピンどうしの干渉により、信号のクロストークとデータ信号伝送の制限が発生します。この面で、TE の USB Type-C インタフェースが持つ比類のない EMI シールド性能が本来の優位性を発揮しました。TE では USB Type-C コネクタを既に検証済みであったことから、プラグ ハウジングの EMI シールド性能を強化することによって不要な EMI リークを排除しています。同類の従来製品と比較して、この製品ははるかに高い性能を提供できます。

また、標準的なピン シーリング製品と比較しても、TE の USB Type-C インタフェースは、強化した独自の堅牢な設計を採用しています。当社の技術陣は、画期的な設計を導入して、コネクタと基板とのコネクティビティを強化しました。接続と接続取り外しを不断に繰り返す用途では、この特性によって製品の耐久性が大幅に向上します。さらに、TE の USB Type-C 製品では、全面的な自動化生産を本質的に達成しているので、製品の一貫性と信頼性が著しく高くなっています。

USB Type-C

今後、MusicLinear のアップグレード バージョンでは、出力雑音に対する制御の強化を目指しています。これは、電源の入力雑音の低減だけでなく、コンピューターからの電源供給ノイズも良好に処理することで実現します。そのときは、データ伝送と電源供給のコネクタで USB Type-C がこれまで以上に重要な役割を果たすことになります。

USB Type-C の詳細については www.TE.com/USB Type-C をご覧ください。

MusicLinear

ケース スタディ

TE が世界初の USB Type-C リニア電源の誕生を実現

信頼できるパートナーに TE が迅速性と信頼性を提供

音楽愛好家の間ではコンピューター音源 (CAS) システムの普及が進んでいますが、その音質の決定要因は電源にあります。どのような条件下でも、クリーンでノイズが少ない電源は音楽愛好家から高い評価を得てきました。

世界で最初の CAS 用 USB Type-C リニア電源である MusicLinearTM が Hi-Fi 音楽ファン向けに提供されるようになりました。MusicLinear のきわめて少ないノイズ出力は、通常のスイッチング電源の 20% という低いレベルにあります。MusicLinear を使用した CAS システムでは、再生する音楽のバックグラウンド雑音が極小であり、広い周波数特性、繊細な高音、輪郭のある低音などの豊かな表情を持つ音楽を楽しむことができます。この革新的な製品は、新興企業である BravoLinear 社が、TE Connectivity (TE) および Arrow Electronics 社との協力関係から生み出したものです。TE と Arrow Electronics 社の技術専門家のサポートにより、製品の企画から試作品作成までのプロセス完了にこの新興企業が要した時間はわずか 3 か月でした。

MusicLinear

あらゆる新興企業が試される 2 つの長期的課題

MusicLinear はこの新興企業の主力製品であり、製品品質、R&D、生産速度の面で厳しい要件が課されていました。まず、信号どうしのクロストークを防止すると同時に、オーディオ信号とデータの円滑な伝送を保証できる超低雑音を実現するために、他に類を見ない EMI (電磁干渉) シールド性能が要求されました。一方で、製品の早期市場導入を支援し、製品、技術、サービスの面で総合的なサポートを提供できるサプライヤを同社は必要としていました。

「MusicLinear はまったくの白紙からの設計だったので、市場には参考になるような同類製品がありませんでした。これは、どのような新興企業も直面する新たな課題です」同社の COO である Andrew Kung 氏はこのように述べています。

信頼できるパートナーに TE が迅速性と信頼性を提供

日程的に厳しい生産サイクルと完全な製品性能へのこだわりから、MusicLinear は、迅速に対応できる柔軟性と信頼性に富んだサプライヤを緊急に必要としていました。MusicLinear にとって最適な選択は、強力なリソースとローカル技術チームを擁する TE でした。BravoLinear 社と TE との協力の背景には、次のようなきわめて重要な要因があります。

        TE が提供する迅速で包括的な技術サポート

        電源、EMI、ノイズなどの性能パラメータ向上に向けた厳しい要件に応えることができる TE

        TE 製品の高水準な信頼性

Kung 氏は次のように説明しています。「TE 製品は、過酷な環境下での信頼性の高さで知られています。オーディオ システムでは、他の民生電子機器と比較して電源に長い寿命が想定されるので、信頼性は重要な考慮事項です」

MusicLinear の R&D プロセスは、香港サイエンス パークにある Arrow Electronics 社のオープン ラボを使用して短期間で完了しました。エレクトロニクス業界で 25 年の経験を持つ Kung 氏は述べています。「私たちは、技術の専門的サポートをリアルタイムで受けることができ、Arrow Electronics 社のオープン ラボにある最新の各種設計装置と設備を使用させていただくことができました」

同社の CEO である Alex Yeung 氏は次のように述べています。「サンプル製品、製品アプリケーション、基準設計の面で TE とその代理店である Arrow Electronics 社から提供いただいたサポートは強力で信頼できるものでした。新興企業である私たちが設計上の多くの課題を解決し、製品の早期市場導入を実現するうえで大きな力でした」

TE は、対応がきわめて迅速な信頼できるパートナーであり、重要なサポートを私たち新興企業に提供していただきました。
Alex Yeung 氏,
BravoLinear 社 CEO

3-in-1 効果: 製品の優位性、技術サポート、およびローカル リソース

市場シェアを獲得できるかどうかは、迅速な対応のほか、製品自身にもかかっています。ハイエンドに位置付けられた製品で比類のない性能を実現するには、コンポーネントの厳格な品質管理が必須です。USB Type-C によって PC とモバイル デバイスの電源供給が大きな変革を受けて以来、多くの新しいノートパソコンで充電ポートとデータ伝送インタフェースに USB Type-C が盛んに使用されるようになっています。MusicLinear のリニア電源が当初から USB Type-C インタフェースを採用している理由はまさにこの点にあります。USB Type-C を使用したこのリニア電源自体の公称 80 W、4 A によってインタフェースに課された高い性能要件を実現するには、少なからぬ困難があります。TE の双方向 USB Type-C インタフェースは、その 100 W の電力定格によってこの要件に十分に応えることができました。

MusicLinear のプレミアム製品としての位置付けにより、電源に対する要件のほか、データ伝送と干渉に対しても厳しい要件が求められていました。シールドに十分な性能がないと、ピンどうしの干渉により、信号のクロストークとデータ信号伝送の制限が発生します。この面で、TE の USB Type-C インタフェースが持つ比類のない EMI シールド性能が本来の優位性を発揮しました。TE では USB Type-C コネクタを既に検証済みであったことから、プラグ ハウジングの EMI シールド性能を強化することによって不要な EMI リークを排除しています。同類の従来製品と比較して、この製品ははるかに高い性能を提供できます。

また、標準的なピン シーリング製品と比較しても、TE の USB Type-C インタフェースは、強化した独自の堅牢な設計を採用しています。当社の技術陣は、画期的な設計を導入して、コネクタと基板とのコネクティビティを強化しました。接続と接続取り外しを不断に繰り返す用途では、この特性によって製品の耐久性が大幅に向上します。さらに、TE の USB Type-C 製品では、全面的な自動化生産を本質的に達成しているので、製品の一貫性と信頼性が著しく高くなっています。

USB Type-C

今後、MusicLinear のアップグレード バージョンでは、出力雑音に対する制御の強化を目指しています。これは、電源の入力雑音の低減だけでなく、コンピューターからの電源供給ノイズも良好に処理することで実現します。そのときは、データ伝送と電源供給のコネクタで USB Type-C がこれまで以上に重要な役割を果たすことになります。

USB Type-C の詳細については www.TE.com/USB Type-C をご覧ください。