商用航空宇宙における銅線とファイバの共存

要約

航空機では、情報および制御用途でのデジタル電子機器への依存度が高まっています。MEA (More Electric Aircraft) を促進する傾向から、機械的なシステムから電子的に制御されたシステムへの移行が注目されるようになりました。電子機器でやり取りされるデータは航空機の操縦と乗客用設備の両方で増加していることから、その処理にかかる負荷も同様に増加しています。組み込み型のコンピュータは、これまで以上に先進性を高めているフライト センサやレーダーに対応できるように進化を続けています。中央で集中的に処理するのではなく、使用地点で処理する分散処理の傾向が高まっているものの、ボックス間の通信は引き続き求められています。

重要なポイントは、近年の商用航空機では、機内でのデータ処理量が増加しているということです。高帯域幅のコンピューティングでは、各ボックスを接続するケーブルでも高い帯域幅が必要になります。IEEE 1394 や USB などのプロトコルが用途を拡大する中、イーサネットが事実上の最優先選択肢となっています。現在は 1 Gb/s ですが、負荷に対応するため、間もなく 10 Gb/s が要求されるようになるでしょう。

同時に、組み込み型コンピューティング システムと関連する相互接続は、SWaP の低減、省スペース、軽量化、省電力化という流れに適応しながら、振動など、航空機内での危険な状況にも耐えられる丈夫なコンポーネントに対するニーズにも応えなければなりません。

ビデオ オン デマンドからインターネット アクセスまで、商用航空機で乗客に提供されるサービスが増加していることから、各シートにサービスを提供する相互接続バックボーンは、より高い帯域幅の要件に対応できる必要性に迫られています。同時に、航空機メーカは、設置が容易で堅牢かつ信頼性が高く、メンテナンスをほとんど、あるいはまったく必要としないプラグ アンド プレイ ソリューションに目を向けています。また、商用航空機の寿命を考えると、将来的な電子機器に対応したアップグレードが可能な物理層も同じくらい魅力的な要素です。引用元: 『Intelligent Aerospace』(2014 年 9 月号)

商用航空宇宙における銅線とファイバの共存

要約

航空機では、情報および制御用途でのデジタル電子機器への依存度が高まっています。MEA (More Electric Aircraft) を促進する傾向から、機械的なシステムから電子的に制御されたシステムへの移行が注目されるようになりました。電子機器でやり取りされるデータは航空機の操縦と乗客用設備の両方で増加していることから、その処理にかかる負荷も同様に増加しています。組み込み型のコンピュータは、これまで以上に先進性を高めているフライト センサやレーダーに対応できるように進化を続けています。中央で集中的に処理するのではなく、使用地点で処理する分散処理の傾向が高まっているものの、ボックス間の通信は引き続き求められています。

重要なポイントは、近年の商用航空機では、機内でのデータ処理量が増加しているということです。高帯域幅のコンピューティングでは、各ボックスを接続するケーブルでも高い帯域幅が必要になります。IEEE 1394 や USB などのプロトコルが用途を拡大する中、イーサネットが事実上の最優先選択肢となっています。現在は 1 Gb/s ですが、負荷に対応するため、間もなく 10 Gb/s が要求されるようになるでしょう。

同時に、組み込み型コンピューティング システムと関連する相互接続は、SWaP の低減、省スペース、軽量化、省電力化という流れに適応しながら、振動など、航空機内での危険な状況にも耐えられる丈夫なコンポーネントに対するニーズにも応えなければなりません。

ビデオ オン デマンドからインターネット アクセスまで、商用航空機で乗客に提供されるサービスが増加していることから、各シートにサービスを提供する相互接続バックボーンは、より高い帯域幅の要件に対応できる必要性に迫られています。同時に、航空機メーカは、設置が容易で堅牢かつ信頼性が高く、メンテナンスをほとんど、あるいはまったく必要としないプラグ アンド プレイ ソリューションに目を向けています。また、商用航空機の寿命を考えると、将来的な電子機器に対応したアップグレードが可能な物理層も同じくらい魅力的な要素です。引用元: 『Intelligent Aerospace』(2014 年 9 月号)