航空宇宙に対応するコンタクタがよりスマートで高機能に

要約

近年は高出力回路やコンタクタを制御できるように設計することが主流になっており、より効率的でスマートな動作が実現するため、過電流や障害からの保護に役立っています。このような回路は電子的に制御されたデバイスであり、低出力のコイル駆動回路を使用して高出力回路の切り替えを行います。制御負荷スイッチの近くにコンタクタを配置しているため、遠い位置にある負荷スイッチのオン/オフ コイルの制御に使用する配線サイズが小さくなり、軽量化を実現することができます。コンタクタは特殊な高出力クラスの電子リレーで、高電流/高電圧の切り替えを行う目的で設計されています。大型の商用または軍用航空機では、エンジン駆動の発電機、補助動力装置、バッテリー、外部電源、ラム エア タービンなど、さまざまな電源を制御する目的でコンタクタを使用します。電力システムは日常的なフライのニーズに対応できるだけでなく、冗長なバックアップ電源や緊急用電源も供給しなければなりません。 『Electronique International』(2013 年 6 月号) からの引用

航空宇宙に対応するコンタクタがよりスマートで高機能に

要約

近年は高出力回路やコンタクタを制御できるように設計することが主流になっており、より効率的でスマートな動作が実現するため、過電流や障害からの保護に役立っています。このような回路は電子的に制御されたデバイスであり、低出力のコイル駆動回路を使用して高出力回路の切り替えを行います。制御負荷スイッチの近くにコンタクタを配置しているため、遠い位置にある負荷スイッチのオン/オフ コイルの制御に使用する配線サイズが小さくなり、軽量化を実現することができます。コンタクタは特殊な高出力クラスの電子リレーで、高電流/高電圧の切り替えを行う目的で設計されています。大型の商用または軍用航空機では、エンジン駆動の発電機、補助動力装置、バッテリー、外部電源、ラム エア タービンなど、さまざまな電源を制御する目的でコンタクタを使用します。電力システムは日常的なフライのニーズに対応できるだけでなく、冗長なバックアップ電源や緊急用電源も供給しなければなりません。 『Electronique International』(2013 年 6 月号) からの引用