シングル ペア イーサネット ソリューションで航空機のコネクティビティを推進する

要約

今日の航空機には、かつてないほど多数の電子機器が搭載されています。機体と客室の全体を通して、画面、センサ、データ ハブ、スイッチ、ソリッド ステート ドライブ (SSD) アレイ、コンピュータ、IFE サーバなどの電子機器に合わせた設計を行う必要があります。このような電子機器はすべて多数の配線を必要とし、燃料性能に大きく影響します。
 

持続可能性を高めるには、航空機の客室ネットワークは、軽量化を進めながらよりスマートに進化する必要があります。SWaP とコネクティビティの課題に対処するため、標準化された客室ネットワークの設計コンセプトの開発と導入が進められています。モジュラ式で拡張可能な分散アーキテクチャにより、従来の集中型 IT ネットワークの接続形態と比べて、大幅な柔軟性の向上が実現します。
 

現在のそして将来のコネクティビティ オプションの出発点となるのが、イーサネットのネットワーク プロトコルです。汎用性やコストの低さ、そして広く普及しているオープン標準であるという特徴から、イーサネットは、最新の航空機の客室ネットワークで求められる SWaP や性能のニーズに応えられるよう、物理層において進化を続けています。

シングル ペア イーサネット ソリューションで航空機のコネクティビティを推進する

要約

今日の航空機には、かつてないほど多数の電子機器が搭載されています。機体と客室の全体を通して、画面、センサ、データ ハブ、スイッチ、ソリッド ステート ドライブ (SSD) アレイ、コンピュータ、IFE サーバなどの電子機器に合わせた設計を行う必要があります。このような電子機器はすべて多数の配線を必要とし、燃料性能に大きく影響します。
 

持続可能性を高めるには、航空機の客室ネットワークは、軽量化を進めながらよりスマートに進化する必要があります。SWaP とコネクティビティの課題に対処するため、標準化された客室ネットワークの設計コンセプトの開発と導入が進められています。モジュラ式で拡張可能な分散アーキテクチャにより、従来の集中型 IT ネットワークの接続形態と比べて、大幅な柔軟性の向上が実現します。
 

現在のそして将来のコネクティビティ オプションの出発点となるのが、イーサネットのネットワーク プロトコルです。汎用性やコストの低さ、そして広く普及しているオープン標準であるという特徴から、イーサネットは、最新の航空機の客室ネットワークで求められる SWaP や性能のニーズに応えられるよう、物理層において進化を続けています。