TE NEWS: 映画『アリータ:バトル・エンジェル』とのパートナーシップ

TE Connectivityは、2月22日公開の映画 『アリータ:バトル・エンジェル』とのパートナーシップを通して科学の未来の姿を探究します

公開

2019/02/14

メディアからの問い合わせ

タイコ エレクトロニクス ジャパン合同会社
櫛引 健雄
044-844-8011
kushibiki.takeo@te.com

 

新たな形のグローバルマーケティングキャンペーンに向け、 TEのエンジニア達がハリウッドとコラボレーション

接続およびセンサの世界的なリーダーであるTE Connectivity (NYSE:TEL) の日本法人タイコエレクトロニクスジャパン合同会社(本社:神奈川県川崎市)は、本日、世界中で新規顧客を獲得し、かつスタ-トアップ企業から大手メーカーのエンジニアに至るまで世界中のエンジニアからこれからも選ばれ続けるメーカーであるために、今回ハリウッドとの連携を発表しました。
TEはこの度、 20世紀フォックス映画およびライトストーム・エンターテインメントと映画『アリータ:バトル・エンジェル』についての共同マーケティング・パートナーシップ契約を締結しました。この映画は、ジェームズ・キャメロンおよびジョン・ランドー製作、ロバート・ロドリゲス監督による“超進化”スペクタクル・アドベンチャーで、日本では2月22日(金)に全国公開となります。
この映画では、クルマの電動化や自動化、進歩が著しいセンサ関連機器、最先端の医療機器など、 TEが既に創り上げているテクノロジーを紹介しているだけではなく、サイバネティックス技術、先端技術を搭載したモビリティ、その他近未来的なテクノロジーについても描かれています。
「TEのブランド認知度向上と差別化を図るため、企業規模に関わらず新規顧客を獲得するために新たな戦略を実施することが重要だと考えています。」と、当社チーフ・マーケティング・オフィサーである カリ・ジャナヴィッツが申しております。 「TEをアリータの未来志向的世界観と当社を結び付ける機会をいただき、そしてTEが世界中の開発や設計に携わるエンジニアの方々に対して、この映画の製作陣が創り出した未来のイマジネーションの世界を、当社がどのように実現していくのかをご紹介することができ、非常に嬉しく思っています。」
本提携キャンペーンにおいて、当社は「SFを実現するテクノロジー」というテーマの特別コンテンツを制作しました。 その一環として、当社の世界中に散らばる8,000名を超えるエンジニアが、600年後には当社の既存のテクノロジーがどのような形になって存在しているかを考えてみました。例えば、サイボーグの「心臓」から身体全体にエネルギーを伝達できる「ニューラルパワーリンク」や、サイボーグが触ったものを直接感じ取ることができる「触覚センサ」などがそれに当たります。アリータ の世界では、テクノロジーは今よりもはるかに進んでいますが、 そのほとんどは今日当社が開発している製品群につながっており、より安全で持続可能な社会の実現、より豊かな、つながる未来を創造しているのです。
今回の映画『アリータ:バトル・エンジェル』キャンペーンでは、キャストとクルーをインタビューしたメイキング映像も制作され、映画の公開に合わせて当社のウェブサイト、SNS、および当社の社内チャンネルで公開されます。また、当社のお客様をはじめ関係者の皆さま、そして当社社員向けに、2月18日(月)に映画『アリータ:バトル・エンジェル』公開記念・TE主催特別試写会も実施いたします。日本では、公開される前に映画を鑑賞できる機会がございます。
「映画『アリータ:バトル・エンジェル』の観客は、600年後の世界を体験できます」と20世紀フォックス映画のマーケティング パートナーシップ SVPであるクリス・サーボ氏が述べています。「TEのキャンペーンを通して、将来のテクノロジーに興味を惹かれた方々が、劇場にて私たちが描いた壮大な冒険物語を体験させることが可能になります。」 

映画問合わせ先

紙&電波:マンハッタン・ピープル(03-6215-6220)

WEB&モバイル:アンリミテッド(03-5728-6947)

公開映画『アリータ:バトル・エンジェル』

日本公開日:2月22日(金)
監督: ロバート・ロドリゲス
製作: ジェームズ・キャメロン、ジョン・ランドー
脚本:ジェームズ・キャメロン、ラエタ・カログリディス
原作 : 木城 ゆきと(日本の伝説的SFコミック「銃夢」)
出演:ローサ・サラザール、クリストフ・ヴァルツ、ジェニファー・コネリー、マハーシャラ・アリ、エド・スクレイン、ジャッキー・アール・ヘイリー、キーアン・ジョンソン
天空に浮かぶ空中都市“ザレム”と、ザレムから排出された廃棄物が堆積して山をなす荒廃した街“アイアンシティ”。大戦後の未来は、“支配する物”と“支配される者”の2つの世界に分断されていた。“アイアンシティ”に暮らすサイバー医師のイドは、瓦礫の中から少女の頭部を発見し拾い上げる。彼女はなんと300年前のサイボーグだった。奇跡的に脳は生きていたものの、長い休眠状態により過去の記憶を失っていた。イドによって新しい機械の身体を手に入れたサイボーグの少女は、アリータと名付けられ、イドの元で大切に育てられる。ある日、アリータはイドを守るために戦い、自分の中にコントロールできないほどの戦闘能力が備わっていることに気づいてしまう。実は彼女は、300年前大戦中に失われたテクノロジーで作られた“最強の兵器”だったのだ。果たしてアリータと分断された世界の過去に隠された秘密とは……。人々の温かさに触れ、感情が芽生えた最強兵器アリータの、自分の命の意味を見つけるため、そして大切な人たちを守るための、二つの世界の秩序を揺るがす壮大な旅が今、始まる―。
※20世紀フォックスオフィシャルサイトより抜粋
配給:20 世紀フォックス映画  

TE について

TE Connectivity社は、最先端の技術と製造において世界をリードする年間売上140億米ドルのグローバル企業です。より安全で持続可能な社会の実現、より豊かな、つながる未来の創造に貢献しています。TEのコネクティビティおよびセンサソリューションは、75年以上に渡り過酷な環境下において機能が立証されており、自動車、産業機器、メディカル、エナジー、データ・コミュニケーションからスマートホームに至る様々な産業の発展に寄与しています。8,000名を超える設計エンジニアを含む約80,000名の従業員を擁するTE Connectivity社は、世界約140カ国のお客様とパートナーシップを結び、『EVERY CONNECTION COUNTS』(私たちは、すべてのつながりを大切にします)という理念の下、これからも皆さまのビジネスをサポートし続けます。詳細はwww.te.com や各種SNS (LinkedIn, Facebook, Twitter)をご覧ください。

詳細を表示