TE 新製品: ケーブル配線済み STRADA Whisper コネクタ

ケーブル配線済み STRADA Whisper コネクタ

挿入損失低減と優れた柔軟性を両立しながら 25 ~ 50 Gbps の性能を実現する、新たなソリューション

TE では、ポイント間ケーブル・付加価値アセンブリ・フル バックプレーン/ミッドプレーンの 3 種類を中心とした、ケーブル配線済み STRADA Whisper ソリューションをご用意しています。

August 23, 2017

ペンシルバニア州ハリスバーグ – 2017 年 8 月 23 日 – 接続およびセンサの分野で世界をリードする TE Connectivity (TE) は本日、ケーブル配線済み STRADA Whisper 製品シリーズを発表しました。ケーブル配線済み STRADA Whisper コネクタは、PCB (プリント基板) バックプレーンを不要にして、データ速度向上にあっても性能向上とフレキシブルさを実現します。中でも特に、高性能コンピューティング (HPC) と芯線取り回し用途に適しているこれら新製品コネクタは、従来品と同様、STRADA Whisper 製品シリーズにおけるクラス最高水準の電気・信号完全性 (SI) 性能実現に貢献するとともに、25 ~ 56 Gbps PAM-4、さらには将来における最大 56 Gbps NRZ までの拡張にも対応しています。ケーブル配線済み STRADA Whisper は、挿入損失を低減してチャネル マージンを向上させることによって、より創造的なシステム アーキテクチャ設計を可能にします。

 

「業界がより高速での接続を志向するにつれ、PCB がコスト要因となり、従来の素材で要求された性能を確実に提供することが難しくなっています」と、TE Connectivity の Data and Devices 部門 Product Manager、Jim Gula は述べています。「TE のケーブル配線済み STRADA Whisper 製品は、長い経路での取り回しに適した柔軟性を備えつつ、必要とされる性能を提供します。

 

PCB による制約から解放されることで、接続オプションが広がります。TE では、ポイント間ケーブル・付加価値アセンブリ・フル バックプレーン/ミッドプレーンの 3 種類を中心とした、ケーブル配線済み STRADA Whisper ソリューションをご用意しています。

 

Gula は、この特長が顧客にどのようなメリットをもたらすかについて、「この技術を駆使する形で、お客様と協力して、用途に即したケーブル配線済みバックプレーン製品を設計しています」と説明しています。

 

ケーブル配線済み STRADA Whisper コネクタの詳細は、www.te.com/products/stradawhisper でご覧いただけます。

TE について

TE Connectivity社は、最先端の技術と製造において世界をリードする年間売上140億米ドルのグローバル企業です。より安全で持続可能な社会の実現、より豊かな、つながる未来の創造に貢献しています。TEのコネクティビティおよびセンサソリューションは、75年以上に渡り過酷な環境下において機能が立証されており、自動車、産業機器、メディカル、エナジー、データ・コミュニケーションからスマートホームに至る様々な産業の発展に寄与しています。8,000名を超える設計エンジニアを含む約80,000名の従業員を擁するTE Connectivity社は、世界約140カ国のお客様とパートナーシップを結び、『EVERY CONNECTION COUNTS』(私たちは、すべてのつながりを大切にします)という理念の下、これからも皆さまのビジネスをサポートし続けます。詳細はwww.te.com や各種SNS (LinkedIn, Facebook, Twitter)をご覧ください。

詳細を表示