Russ Graves
Russ Graves
TE Connectivity は、グローバルな商業航空宇宙業界に変革をもたらす相互接続および市場用途で、最先端に立っています

業界で 30 年以上にわたって経験を培ってきた Russ は、Raychem Corporation の Manufacturing Operations Planning および Product Management 担当としてキャリアをスタートさせました。Raychem は、航空宇宙用途において定評を得ている材料科学ソリューションです。TE Connectivity (TE) においてこれまで 15 年以上にわたって、航空宇宙用途における電子機器および光ファイバ相互接続の分野で幅広く経験を積んできました。 航空機関するあらゆる領域 (電子機器・客室内装・エンジン・EWIS・IFE・着陸装置・発電・トランスミッション) を網羅し、航空宇宙分野における相互接続に関する技術的・商業的課題について熟知しています。銅線・アルミニウム線・光ファイバ・ワイヤレスによるソリューションについても、広範な知識を持っています。

1

今後 5 年間で、業界ではどのような変化が訪れると予想していますか?

航空宇宙業界というのは保守的な業界で、確かに技術的進歩はゆっくりしていますが、完全電気航空機 / ハイブリッド航空機の技術、空飛ぶ自動車やタクシー、自律飛行、ドローン、低高度地球軌道衛星ネットワークにおける進歩に、心躍らせています。

2

これまでに手掛けたプロジェクトの中で、最も興味深くやりがいのあるプロジェクトについて教えてください。

TE には、ボーイング、ダイムラー、エアバス A350 プラットフォームの飛行を可能にした (業界にかつて存在しなかった) 画期的技術があります。

3

気に入っている TE 製品はありますか?理由も教えてください。

熱収縮チューブです。30 年経っても、初めて目にする人の口から"何これ、すごいね!"という声が聞けること請け合いです。

4

現在のトレンドで、エンジニアリングに長期的影響を及ぼす可能性があるものは?

これまでは、燃費向上のためサイズと重量を最適化することに注力してきました。

最近では、以下のような事柄の重要性も高まっています。

  • 高速・広帯域幅 (Ethernet、Cat 5、Cat 6 – F/O、ワイヤレス)
  • 電力の効率的な消費・供給 (OEM による電気航空機への実装増加による)
  • あらゆる箇所に配置したセンサによる、検出・予測
  • 極めて過酷な環境での信頼性
  • 他の業界による技術・能力を利用する
  • 顧客による製品製造のスピードアップを、いかにサポートできるか (顧客の製造作業サイクル改善)

5

新しいトレンドや新興技術、優先課題に遅れをとらないようにするにはどうしますか?

航空宇宙関連の雑誌を購読したり、業界標準化団体の会合や航空ショー、見本市、カンファレンスに参加したりしています。1 年を通じて、様々な顧客やライバル企業ともコミュニケーションを取ってきました。インターネットから得られる情報も、増えてきています。

6

どのようなお客様がいますか、また、お客様の最大の課題は何ですか?

エアバス社とボーイング社は、当社の顧客のなかでも最大手にあたりますが、民間航空宇宙用途では文字通り、世界中で何千社もの顧客を抱えています。TE では膨大な製品ラインナップを取り揃えており、当社製品と能力を市場に伝えることもまた、一つの課題となっています。

7

エンジニアリングの分野に入ったきっかけは何ですか。

Raychem での最初の仕事では、材料科学と放射線架橋の組み合わせによって素晴らしい製品特性を実現する、新しく革新的な技術に触れました。 

8

TE で仕事をしていて最も楽しいこと、最も興味深いことは?

新たなビジネスや技術を生み出そうとする、進取の気風です。

9

最も行ってみたい場所はどこですか?

仕事では世界中を旅していますが、かねてからヒマラヤでのハイキングに憧れています。

Russ Graves
Russ Graves
TE Connectivity は、グローバルな商業航空宇宙業界に変革をもたらす相互接続および市場用途で、最先端に立っています

業界で 30 年以上にわたって経験を培ってきた Russ は、Raychem Corporation の Manufacturing Operations Planning および Product Management 担当としてキャリアをスタートさせました。Raychem は、航空宇宙用途において定評を得ている材料科学ソリューションです。TE Connectivity (TE) においてこれまで 15 年以上にわたって、航空宇宙用途における電子機器および光ファイバ相互接続の分野で幅広く経験を積んできました。 航空機関するあらゆる領域 (電子機器・客室内装・エンジン・EWIS・IFE・着陸装置・発電・トランスミッション) を網羅し、航空宇宙分野における相互接続に関する技術的・商業的課題について熟知しています。銅線・アルミニウム線・光ファイバ・ワイヤレスによるソリューションについても、広範な知識を持っています。

1

今後 5 年間で、業界ではどのような変化が訪れると予想していますか?

航空宇宙業界というのは保守的な業界で、確かに技術的進歩はゆっくりしていますが、完全電気航空機 / ハイブリッド航空機の技術、空飛ぶ自動車やタクシー、自律飛行、ドローン、低高度地球軌道衛星ネットワークにおける進歩に、心躍らせています。

2

これまでに手掛けたプロジェクトの中で、最も興味深くやりがいのあるプロジェクトについて教えてください。

TE には、ボーイング、ダイムラー、エアバス A350 プラットフォームの飛行を可能にした (業界にかつて存在しなかった) 画期的技術があります。

3

気に入っている TE 製品はありますか?理由も教えてください。

熱収縮チューブです。30 年経っても、初めて目にする人の口から"何これ、すごいね!"という声が聞けること請け合いです。

4

現在のトレンドで、エンジニアリングに長期的影響を及ぼす可能性があるものは?

これまでは、燃費向上のためサイズと重量を最適化することに注力してきました。

最近では、以下のような事柄の重要性も高まっています。

  • 高速・広帯域幅 (Ethernet、Cat 5、Cat 6 – F/O、ワイヤレス)
  • 電力の効率的な消費・供給 (OEM による電気航空機への実装増加による)
  • あらゆる箇所に配置したセンサによる、検出・予測
  • 極めて過酷な環境での信頼性
  • 他の業界による技術・能力を利用する
  • 顧客による製品製造のスピードアップを、いかにサポートできるか (顧客の製造作業サイクル改善)

5

新しいトレンドや新興技術、優先課題に遅れをとらないようにするにはどうしますか?

航空宇宙関連の雑誌を購読したり、業界標準化団体の会合や航空ショー、見本市、カンファレンスに参加したりしています。1 年を通じて、様々な顧客やライバル企業ともコミュニケーションを取ってきました。インターネットから得られる情報も、増えてきています。

6

どのようなお客様がいますか、また、お客様の最大の課題は何ですか?

エアバス社とボーイング社は、当社の顧客のなかでも最大手にあたりますが、民間航空宇宙用途では文字通り、世界中で何千社もの顧客を抱えています。TE では膨大な製品ラインナップを取り揃えており、当社製品と能力を市場に伝えることもまた、一つの課題となっています。

7

エンジニアリングの分野に入ったきっかけは何ですか。

Raychem での最初の仕事では、材料科学と放射線架橋の組み合わせによって素晴らしい製品特性を実現する、新しく革新的な技術に触れました。 

8

TE で仕事をしていて最も楽しいこと、最も興味深いことは?

新たなビジネスや技術を生み出そうとする、進取の気風です。

9

最も行ってみたい場所はどこですか?

仕事では世界中を旅していますが、かねてからヒマラヤでのハイキングに憧れています。