Abbas Alwishah
Abbas Alwishah
情報が自由に行き来する関係を構築すれば、最終製品もより優れたものとなります。

Abbas Alwishah が TE でエンジニアになるまでの半生は刺激的です。 1991 年の湾岸戦争後、当時イラクに住んでいた 9 歳の Abbas は、父親が民主改革を支援していたことで、家族とともに難を逃れました。Abbas はサウジアラビアの難民キャンプで 1 年過ごした後、米国に移住しました。その後、大学を卒業するまで勉学に励み、エンジニアリングに情熱を注ぐようになりました。現在彼は、トラック、バス、オフロード車業界向けのデータ コネクティビティ ソリューションを専門としています。

Abbas の経験は彼に、世界に変化をもたらす決意を植え付けました。TE で Abbas は、ヘビーデューティー車両の安全性、持続可能性、生産性、接続性を向上させるプロジェクトに取り組んでいます。また、若手エンジニアを育成するため、彼らの指導に多くの時間を割いています。Abbas の変化を求める心は余暇にも及んでいます。彼は近隣の子供たちが学校を中退したり、ドラッグや犯罪に手を染めたりしないようにするため、非営利 501(c)3 団体であるミシガン フットボール クラブ (FC) を設立しました。このクラブに参加している子供には、中東、アフリカ、ラテンアメリカからの難民も数多く含まれています。

1

専門分野は何ですか?

データ コネクティビティです。私は全システムを理解しており、あるお客様の要件にどの製品が必要であるかをピンポイントで指摘できます。たとえば、お客様から遅延なしに作動する高解像度カメラを大型車両に取り付けたいという要望をお聞きした場合は、システム全体を構成する個々のコンポーネントのすべてを検討します。システムはコネクタ、ケーブル アセンブリ、アンテナ、プロセッサ、カメラ、ディスプレイなどによって構成されており、これらすべてが協調して働く必要があります。システム全体に必要なものを見極め、お客様の要件を満たして適切に機能する最終製品をプロジェクトの予算内で実現できる案を提示することが、私に課された仕事です。

2

エンジニアが成功するために重要なスキルは何だと思いますか?

関係を築く力とコミュニケーション能力です。TE に入社した若いエンジニアには、お客様と強固な関係を築くことに尽力するよう説いています。設計プロセス全体を通してコミュニケーションを絶やさないこと、考えられるすべての設計オプションを検討することが重要です。エンジニアとして、技術情報の洗い出しをすべてお客様に押し付けるのは望ましくありません。お客様と協力し、お客様を手助けすることが求められます。将来的に起こり得る長期的な技術変化についてお客様に質問し、その変化がお客様の製品設計にどのように影響するかを明確にします。設計が短期間で廃れないようにしなければなりません。現在だけでなく将来にも利用可能な技術について考えるようお客様を促すことで、より長期間存続する優れた設計が生まれます。情報が自由に行き来する関係を構築すれば、最終製品もより優れたものとなります。 

3

現時点でお客様にとって最大の課題とは何でしょうか?

お客様の種類によります。TE の産業および商業輸送部門は、トラック運送業界、建設業界、農業に従事する方々をお客様としています。オンハイウェイ トラックを製造しているお客様は、車両対車両通信、車両対インフラストラクチャ通信、クラウド コンピューティング、レーン アシスト、死角検出といった新しい技術への対応という課題に直面しています。このような技術に使用するコネクティビティ製品は、大きな振動や 100 万マイルを超える走行距離に耐えなければなりません。オフハイウェイや建設業界のお客様の場合、主な課題は、機械を確実かつ効率的に運転する技術を導入することです。オフハイウェイ業界におけるコネクティビティの課題は、ほとんどの場合、振動と熱衝撃に関係しています。農業機械業界のお客様は、生産性の向上を必要としています。作物の収穫量を最大限に高めるには、雑草の処理や農薬散布を的確に行わなければなりません。いずれのお客様も共通して求めているのは、データを収集・分析してより多くの洞察を導き出し、それを運用につなげることです。

4

最も楽しいと思う業務は何ですか?それはなぜですか?

私が楽しいと感じるのは、困難に立ち向かうことです。困難がなければ退屈してしまうでしょう。私は長年自己研鑽に励んできましたが、今では新しいエンジニアを育成する立場となりました。彼らが各自の目標、ひいては TE の目標に到達できるよう支援し、指導を行うことが私の役割です。私は競争の俎上に載せられたすべてのものを手にしたい種類の人間です。あらゆるビジネスチャンス、特に大きなビジネスチャンスは決して逃したくはありません。勝利が私の活力であり、チームのメンバーがお客様と良好な関係を構築できるよう日々チームを鍛え上げています。エンジニアリングで成功を収めるには、大変な努力と綿密な分析、そして良好なコミュニケーションが必要となります。このような困難があるからこそ、私は毎日オフィスに足を運んでいます。

5

今から 10 ~ 20 年後に、トラック、バス、オフロード車の業界はどのようになっていると想像しますか?

自動化と自律運転の実用化が始まっていると思います。建設機械や採掘装置は自動化や高機能化が進み、オペレータは遠隔から作業できるでしょう。オンハイウェイ車両は、あと 3 ~ 5 年以内にレベル 4 (ハイ オートメーション) に達すると見込まれており、10 ~ 15 年経てばすべての車両でレベル 5 (フル オートメーション) が実現されているのではないでしょうか。また、運用も格段に効率的になると考えられます。たとえば、農業機械は天候パターンを理解し、天候に合わせて農場の最後の収穫や最後の作物までの処理を計算します。トラックは高効率エンジンと 24 時間走行によって米国内のどこにでも 1 日で配送できるようになり、トラック輸送は変貌を遂げます。このような進歩は一晩で起こるのではなく、徐々に進行するのではないかと感じています。

6

何があなたの刺激になっていますか?

息子 (Elias) と、日々暮らしている世界です。人は皆何らかの理由をもって地上に生を受け、生涯を閉じるまでに何かを成し遂げなければならないと私は信じています。私が望むのは、子供たち、エンジニア、技術のために社会全体に何らかの影響を残すことです。たとえば、車がそばを通ると、「このシステムを設計したのは私だ」と誇らしい気持ちになります。私が TE で行っている仕事は、車両の走行に必要なリソースの量を減らすことによって世界をより良くすることであり、それはよりスマートで密接につながった世界を実現する一助にもなります。自分が息子や次世代のために少しでも世界をより良くするよう貢献している - そう認識することは、私が前進し続ける原動力となっています。

Abbas Alwishah
Abbas Alwishah
情報が自由に行き来する関係を構築すれば、最終製品もより優れたものとなります。

Abbas Alwishah が TE でエンジニアになるまでの半生は刺激的です。 1991 年の湾岸戦争後、当時イラクに住んでいた 9 歳の Abbas は、父親が民主改革を支援していたことで、家族とともに難を逃れました。Abbas はサウジアラビアの難民キャンプで 1 年過ごした後、米国に移住しました。その後、大学を卒業するまで勉学に励み、エンジニアリングに情熱を注ぐようになりました。現在彼は、トラック、バス、オフロード車業界向けのデータ コネクティビティ ソリューションを専門としています。

Abbas の経験は彼に、世界に変化をもたらす決意を植え付けました。TE で Abbas は、ヘビーデューティー車両の安全性、持続可能性、生産性、接続性を向上させるプロジェクトに取り組んでいます。また、若手エンジニアを育成するため、彼らの指導に多くの時間を割いています。Abbas の変化を求める心は余暇にも及んでいます。彼は近隣の子供たちが学校を中退したり、ドラッグや犯罪に手を染めたりしないようにするため、非営利 501(c)3 団体であるミシガン フットボール クラブ (FC) を設立しました。このクラブに参加している子供には、中東、アフリカ、ラテンアメリカからの難民も数多く含まれています。

1

専門分野は何ですか?

データ コネクティビティです。私は全システムを理解しており、あるお客様の要件にどの製品が必要であるかをピンポイントで指摘できます。たとえば、お客様から遅延なしに作動する高解像度カメラを大型車両に取り付けたいという要望をお聞きした場合は、システム全体を構成する個々のコンポーネントのすべてを検討します。システムはコネクタ、ケーブル アセンブリ、アンテナ、プロセッサ、カメラ、ディスプレイなどによって構成されており、これらすべてが協調して働く必要があります。システム全体に必要なものを見極め、お客様の要件を満たして適切に機能する最終製品をプロジェクトの予算内で実現できる案を提示することが、私に課された仕事です。

2

エンジニアが成功するために重要なスキルは何だと思いますか?

関係を築く力とコミュニケーション能力です。TE に入社した若いエンジニアには、お客様と強固な関係を築くことに尽力するよう説いています。設計プロセス全体を通してコミュニケーションを絶やさないこと、考えられるすべての設計オプションを検討することが重要です。エンジニアとして、技術情報の洗い出しをすべてお客様に押し付けるのは望ましくありません。お客様と協力し、お客様を手助けすることが求められます。将来的に起こり得る長期的な技術変化についてお客様に質問し、その変化がお客様の製品設計にどのように影響するかを明確にします。設計が短期間で廃れないようにしなければなりません。現在だけでなく将来にも利用可能な技術について考えるようお客様を促すことで、より長期間存続する優れた設計が生まれます。情報が自由に行き来する関係を構築すれば、最終製品もより優れたものとなります。 

3

現時点でお客様にとって最大の課題とは何でしょうか?

お客様の種類によります。TE の産業および商業輸送部門は、トラック運送業界、建設業界、農業に従事する方々をお客様としています。オンハイウェイ トラックを製造しているお客様は、車両対車両通信、車両対インフラストラクチャ通信、クラウド コンピューティング、レーン アシスト、死角検出といった新しい技術への対応という課題に直面しています。このような技術に使用するコネクティビティ製品は、大きな振動や 100 万マイルを超える走行距離に耐えなければなりません。オフハイウェイや建設業界のお客様の場合、主な課題は、機械を確実かつ効率的に運転する技術を導入することです。オフハイウェイ業界におけるコネクティビティの課題は、ほとんどの場合、振動と熱衝撃に関係しています。農業機械業界のお客様は、生産性の向上を必要としています。作物の収穫量を最大限に高めるには、雑草の処理や農薬散布を的確に行わなければなりません。いずれのお客様も共通して求めているのは、データを収集・分析してより多くの洞察を導き出し、それを運用につなげることです。

4

最も楽しいと思う業務は何ですか?それはなぜですか?

私が楽しいと感じるのは、困難に立ち向かうことです。困難がなければ退屈してしまうでしょう。私は長年自己研鑽に励んできましたが、今では新しいエンジニアを育成する立場となりました。彼らが各自の目標、ひいては TE の目標に到達できるよう支援し、指導を行うことが私の役割です。私は競争の俎上に載せられたすべてのものを手にしたい種類の人間です。あらゆるビジネスチャンス、特に大きなビジネスチャンスは決して逃したくはありません。勝利が私の活力であり、チームのメンバーがお客様と良好な関係を構築できるよう日々チームを鍛え上げています。エンジニアリングで成功を収めるには、大変な努力と綿密な分析、そして良好なコミュニケーションが必要となります。このような困難があるからこそ、私は毎日オフィスに足を運んでいます。

5

今から 10 ~ 20 年後に、トラック、バス、オフロード車の業界はどのようになっていると想像しますか?

自動化と自律運転の実用化が始まっていると思います。建設機械や採掘装置は自動化や高機能化が進み、オペレータは遠隔から作業できるでしょう。オンハイウェイ車両は、あと 3 ~ 5 年以内にレベル 4 (ハイ オートメーション) に達すると見込まれており、10 ~ 15 年経てばすべての車両でレベル 5 (フル オートメーション) が実現されているのではないでしょうか。また、運用も格段に効率的になると考えられます。たとえば、農業機械は天候パターンを理解し、天候に合わせて農場の最後の収穫や最後の作物までの処理を計算します。トラックは高効率エンジンと 24 時間走行によって米国内のどこにでも 1 日で配送できるようになり、トラック輸送は変貌を遂げます。このような進歩は一晩で起こるのではなく、徐々に進行するのではないかと感じています。

6

何があなたの刺激になっていますか?

息子 (Elias) と、日々暮らしている世界です。人は皆何らかの理由をもって地上に生を受け、生涯を閉じるまでに何かを成し遂げなければならないと私は信じています。私が望むのは、子供たち、エンジニア、技術のために社会全体に何らかの影響を残すことです。たとえば、車がそばを通ると、「このシステムを設計したのは私だ」と誇らしい気持ちになります。私が TE で行っている仕事は、車両の走行に必要なリソースの量を減らすことによって世界をより良くすることであり、それはよりスマートで密接につながった世界を実現する一助にもなります。自分が息子や次世代のために少しでも世界をより良くするよう貢献している - そう認識することは、私が前進し続ける原動力となっています。