Tom Medina、エンジニアリング チームメンバー、メディカル
Tom Medina、エンジニアリング チームメンバー、メディカル
医療用デバイスのイノベーションを推進するすべての要因を念頭に置くことが課題です。お客様に見合う臨床的価値とは何かを考えながら、これらの要因を検討します。

Tom は重要な細部に注意を払いながら、全体像に注目しています。 一緒に働く人々の刺激を受けながら、努力、創造性、団結心、さらにビジネスの優位性を達成するための取り組みから活力を得ています。困難な問題に直面しているチームに助言を与えたり指導を行っています。こうした困難な問題や混沌とした状態から抜け出すには、優先順位を設定や実用的な計画が必要となります。あらゆる機会に対応でき、またそれらを把握しやすい規模のタスクに分類し順序付けする、バランスの取れた協調的アプローチが必要となります。すべての関係者のニーズを理解し、お客様やエンジニアと提携することでプロジェクトが目標から外れないようにしています。また、チームがこうしたニーズを管理・評価する際に役立つツールを使用することも推奨しています。このようなアプローチを行うことで、顧客から求められる品質や、顧客満足度を高め様々な重要なア案件にも対処することができます。Tom はすべてのアポロ ミッションを見てきた第一世代の「スタートレック」ファンです。その彼がエンジニアになったことで、より安全でスマートな未来の創造において一翼を担うことができました。TE では、患者の健康を改善し、ヘルスケア業界を変革するような救命治療向けの医療用デバイスをお客様が開発できるようにサポートしています。

1

現在、取り組んでいるコネクティビティ上の課題は何ですか?

私は次世代医療用デバイスのソリューションに取り組んでいます。医療用デバイスはますます多くの機能を搭載するようになり、さまざまな利点を提供します。解像度が高くなり、小さな解剖学的構造にも対応します。使いやすさや患者の安全性が向上し、手術費も下がります。私は、電動手術用器具、内視鏡、能動カテーテル、ウェアラブル除細動器におけるこうした利点の問題を解決する小さなエンジニア チームを率いています。

 

重点を置いているのは、インターベンショナル心臓イメージング デバイスとマッピング デバイスです。業務範囲には、デバイスにマイクロ電子部品、センサ、ケーブル、回路、コネクタを統合することも含まれています。これらはすべて、小型化、限定的利用 (使い捨て)、大規模生産を促進するものです。

2

医療用デバイスを設計する際に対処すべき懸念事項は何ですか?

考慮すべき重要な点は医療のコストです。低侵襲手術は切開が小さくて済むため、身体へのストレスが少なく、入院期間も短縮できます。ここから、幅広い診断と治療に同様に対処できる新しい医療用デバイスを開発する機会が生まれました。このデバイスは、画像のキャプチャ、生体認証データの取得、組織の除去または切除、臓器の修復、インプラントを行うことができ、ほとんどの場合、医師はこれらの手順を組み合わせて実行できます。

 

多くの医療用デバイスでは、トレサビリティとナビゲーションのための部品が統合されている必要があります。想定どおりに機能させるには、人体解剖学に適合するように開発する必要があります (マイクロスケール機能)。また、医療費の保険適用の対象として認められるために、低コストかつ良好な結果を実現させます。課題は、医療用デバイスのイノベーションを推進するすべての要因を念頭に置くことです。これはつまり、臨床手順の進化、デバイス要件の変化、新しい破壊的治療を可能にする潜在力を備えた新しい材料、製造方法、センサなどの課題に常に気を配ることです。お客様に見合う臨床的価値とは何かを考えながらこれらの要因を検討します。

3

注目している技術トレンドは何ですか?

圧電イメージング トランスデューサを、機能が一体化された MEMS ベースのセンサに置き換えることに関心が高まっています。このセンサで、コストの削減と性能の改善が可能になります。現在取り組んでいることの 1 つは、複合ケーブル構造を接続できる新しいアプローチを開発することです。このタイプの相互接続については、学ぶべきことがたくさんあります。一貫性、耐久性、製造可能性の最適化を目指して、代替アプローチを模索する準備もできています。

 

また、従来のはんだや、MID、フレックス回路ベースのソリューションの代替として、3D プリント回路の使用も検討しています。特に積層造形製造は、新しい設計オプション、低コスト、大規模な製造を可能にするため、マイクロスケールの部品の組み立てるときにこの技術を使用することには明確な利点があります。

Tom Medina、エンジニアリング チームメンバー、メディカル
Tom Medina、エンジニアリング チームメンバー、メディカル
医療用デバイスのイノベーションを推進するすべての要因を念頭に置くことが課題です。お客様に見合う臨床的価値とは何かを考えながら、これらの要因を検討します。

Tom は重要な細部に注意を払いながら、全体像に注目しています。 一緒に働く人々の刺激を受けながら、努力、創造性、団結心、さらにビジネスの優位性を達成するための取り組みから活力を得ています。困難な問題に直面しているチームに助言を与えたり指導を行っています。こうした困難な問題や混沌とした状態から抜け出すには、優先順位を設定や実用的な計画が必要となります。あらゆる機会に対応でき、またそれらを把握しやすい規模のタスクに分類し順序付けする、バランスの取れた協調的アプローチが必要となります。すべての関係者のニーズを理解し、お客様やエンジニアと提携することでプロジェクトが目標から外れないようにしています。また、チームがこうしたニーズを管理・評価する際に役立つツールを使用することも推奨しています。このようなアプローチを行うことで、顧客から求められる品質や、顧客満足度を高め様々な重要なア案件にも対処することができます。Tom はすべてのアポロ ミッションを見てきた第一世代の「スタートレック」ファンです。その彼がエンジニアになったことで、より安全でスマートな未来の創造において一翼を担うことができました。TE では、患者の健康を改善し、ヘルスケア業界を変革するような救命治療向けの医療用デバイスをお客様が開発できるようにサポートしています。

1

現在、取り組んでいるコネクティビティ上の課題は何ですか?

私は次世代医療用デバイスのソリューションに取り組んでいます。医療用デバイスはますます多くの機能を搭載するようになり、さまざまな利点を提供します。解像度が高くなり、小さな解剖学的構造にも対応します。使いやすさや患者の安全性が向上し、手術費も下がります。私は、電動手術用器具、内視鏡、能動カテーテル、ウェアラブル除細動器におけるこうした利点の問題を解決する小さなエンジニア チームを率いています。

 

重点を置いているのは、インターベンショナル心臓イメージング デバイスとマッピング デバイスです。業務範囲には、デバイスにマイクロ電子部品、センサ、ケーブル、回路、コネクタを統合することも含まれています。これらはすべて、小型化、限定的利用 (使い捨て)、大規模生産を促進するものです。

2

医療用デバイスを設計する際に対処すべき懸念事項は何ですか?

考慮すべき重要な点は医療のコストです。低侵襲手術は切開が小さくて済むため、身体へのストレスが少なく、入院期間も短縮できます。ここから、幅広い診断と治療に同様に対処できる新しい医療用デバイスを開発する機会が生まれました。このデバイスは、画像のキャプチャ、生体認証データの取得、組織の除去または切除、臓器の修復、インプラントを行うことができ、ほとんどの場合、医師はこれらの手順を組み合わせて実行できます。

 

多くの医療用デバイスでは、トレサビリティとナビゲーションのための部品が統合されている必要があります。想定どおりに機能させるには、人体解剖学に適合するように開発する必要があります (マイクロスケール機能)。また、医療費の保険適用の対象として認められるために、低コストかつ良好な結果を実現させます。課題は、医療用デバイスのイノベーションを推進するすべての要因を念頭に置くことです。これはつまり、臨床手順の進化、デバイス要件の変化、新しい破壊的治療を可能にする潜在力を備えた新しい材料、製造方法、センサなどの課題に常に気を配ることです。お客様に見合う臨床的価値とは何かを考えながらこれらの要因を検討します。

3

注目している技術トレンドは何ですか?

圧電イメージング トランスデューサを、機能が一体化された MEMS ベースのセンサに置き換えることに関心が高まっています。このセンサで、コストの削減と性能の改善が可能になります。現在取り組んでいることの 1 つは、複合ケーブル構造を接続できる新しいアプローチを開発することです。このタイプの相互接続については、学ぶべきことがたくさんあります。一貫性、耐久性、製造可能性の最適化を目指して、代替アプローチを模索する準備もできています。

 

また、従来のはんだや、MID、フレックス回路ベースのソリューションの代替として、3D プリント回路の使用も検討しています。特に積層造形製造は、新しい設計オプション、低コスト、大規模な製造を可能にするため、マイクロスケールの部品の組み立てるときにこの技術を使用することには明確な利点があります。