Helge Schmidt、エンジニアリング フェロー、自動車部門
Helge Schmidt、エンジニアリング フェロー、自動車部門
より安全で信頼できる車両を作れるかどうかは、最新の技術をサポートする最適な端子設計の開発にかかっています。

Helge は、有効性が証明された原理に基づく新しいソリューションを発見することに刺激を受けています。 コネクタと端子設計について長い間メンターと大学講師を務めてきた Helge は、問題解決への壮大なアプローチを思い描いています。概念モデルの開発を始めとして、これらに基づいて、効果的なソリューションを達成するために必要な優先順位のつけ方の概要を説明しています。新しいコネクタを設計する場合、Helge は自身の多様な経験 (成形、スタンピング、およびめっき) と専門知識 (端子の物理特性、材料科学、およびコネクタ製造) に基づいて、自動車技術により高いコネクティビティを統合する機会を模索します。これを達成するため、物理依存度を決定する場合には、ソフトウェア ツールに加えて、数学的原理を応用する重要性を Helge は強調しています。Helge は自身のチーム全体に対して、体型的に考えること、ならびに現在の自動車業界で勝利するには、エンジニアが代替となる広範なネットワーク構造に順応し、新しい基準を策定する委員会に参加する必要があると考えることを提唱しています。これは、自身の顧客が最前線で競争できるように支援するための Helge の提言です。

1

現在、取り組んでいるコネクティビティ上の課題は何ですか?

高速データ分配と送電を目的として作成された高電流コネクタに使用する小型の端子などの、自動車用途に使用する端子を設計することに力を入れています。最適な端子を設計することや、適切な材料と端子被覆の使用と、最高の製造技術とを組み合わせることに興味があります。最高の性能を最小のコストで実現することを目標としています。

 

自動車市場において、車両全体の電子化を向上させるにはコスト パフォーマンスと信頼性がきわめて重要です。ドライバに高水準の接続技術を提供する電気パワートレインを設計する場合、これは難しい問題となります。これを達成するには、超小型化だけでなく、電力接続に関する自動車グレードのソリューションも解決する必要があります。

 

このようなコネクティビティを実現する場合、電子機器と情報についてもムーアの法則が当てはまります。より高速かつ低コストで、ますます大量のデータを処理できるようになってきているため、全体的な性能をさらに引き上げることが重要になっています。電子機器は、脱着可能なエネルギまたは信号の導線などの、長寿命または切り替え可能な接続機器に常につながっているため、現在の車両において電力とデータの流れを円滑にするにあたって、コネクタの使用は非常に重要になっています。

 

これは、堅牢な統合を可能にするだけでなく、半導体の性能によって決まるあらゆる条件にも対応できるコネクタを設計する必要があることを意味します。このことは、車両内におけるエネルギ蓄積、エネルギ管理、およびエネルギ伝送だけでなく、安全で信頼できる通信用途についても要求が高い電気パワートレインでは重要です。

 

周波数、帯域幅、およびデータ速度が上昇するに従って、超小型化、ピン数の多さ、高速コネクタの需要も発生します。自動車では、これらは配線ハーネスに使用されており、自動車をインフラに接続する役割を担っています。自動運転では、より高度なコンピューティング技術に対する需要が発生するため、自律運転が牽引力を増すと、このことも重要になります。より安全で信頼できる車両を作れるかどうかは、最新の技術をサポートする最適な端子設計の開発にかかっています。

 

2

注目している技術トレンドは何ですか?

私は燃焼エンジンから電気エンジンへの移行を注視しています。1 人の電気化学者として、燃料電池を気に入っています。と言うのも、私の意見では、バッテリーが最も有用な技術ではないからです。EV バッテリーはメガワット単位の電力を取り扱うため、充電には危険が伴います。このことにより、多数の自動車を同時に充電するにはどのような種類のインフラが必要になるか、このインフラのアップグレードと管理をどのような方法で行うのか、電気自動車のドライバとその近隣住民が毎晩自宅で充電すると何が起こるか、といった多数の疑問が生まれます。

私は、再生または回生が可能な資源で作った燃料と燃料電池を使用することにより、燃焼エンジンの効率を改善することを提唱しています。たとえば、燃料電池そのものとエネルギ源として水素を使用することには、現在のガソリン スタンドを適応させるといった、アップグレードがより簡単なインフラが必要となります。水素は再生可能エネルギーから生成できるうえに、天然ガスなどのパイプラインによる輸送が簡単で、石油と同じ方法によりガソリン スタンドでも貯蔵できます。

Helge Schmidt、エンジニアリング フェロー、自動車部門
Helge Schmidt、エンジニアリング フェロー、自動車部門
より安全で信頼できる車両を作れるかどうかは、最新の技術をサポートする最適な端子設計の開発にかかっています。

Helge は、有効性が証明された原理に基づく新しいソリューションを発見することに刺激を受けています。 コネクタと端子設計について長い間メンターと大学講師を務めてきた Helge は、問題解決への壮大なアプローチを思い描いています。概念モデルの開発を始めとして、これらに基づいて、効果的なソリューションを達成するために必要な優先順位のつけ方の概要を説明しています。新しいコネクタを設計する場合、Helge は自身の多様な経験 (成形、スタンピング、およびめっき) と専門知識 (端子の物理特性、材料科学、およびコネクタ製造) に基づいて、自動車技術により高いコネクティビティを統合する機会を模索します。これを達成するため、物理依存度を決定する場合には、ソフトウェア ツールに加えて、数学的原理を応用する重要性を Helge は強調しています。Helge は自身のチーム全体に対して、体型的に考えること、ならびに現在の自動車業界で勝利するには、エンジニアが代替となる広範なネットワーク構造に順応し、新しい基準を策定する委員会に参加する必要があると考えることを提唱しています。これは、自身の顧客が最前線で競争できるように支援するための Helge の提言です。

1

現在、取り組んでいるコネクティビティ上の課題は何ですか?

高速データ分配と送電を目的として作成された高電流コネクタに使用する小型の端子などの、自動車用途に使用する端子を設計することに力を入れています。最適な端子を設計することや、適切な材料と端子被覆の使用と、最高の製造技術とを組み合わせることに興味があります。最高の性能を最小のコストで実現することを目標としています。

 

自動車市場において、車両全体の電子化を向上させるにはコスト パフォーマンスと信頼性がきわめて重要です。ドライバに高水準の接続技術を提供する電気パワートレインを設計する場合、これは難しい問題となります。これを達成するには、超小型化だけでなく、電力接続に関する自動車グレードのソリューションも解決する必要があります。

 

このようなコネクティビティを実現する場合、電子機器と情報についてもムーアの法則が当てはまります。より高速かつ低コストで、ますます大量のデータを処理できるようになってきているため、全体的な性能をさらに引き上げることが重要になっています。電子機器は、脱着可能なエネルギまたは信号の導線などの、長寿命または切り替え可能な接続機器に常につながっているため、現在の車両において電力とデータの流れを円滑にするにあたって、コネクタの使用は非常に重要になっています。

 

これは、堅牢な統合を可能にするだけでなく、半導体の性能によって決まるあらゆる条件にも対応できるコネクタを設計する必要があることを意味します。このことは、車両内におけるエネルギ蓄積、エネルギ管理、およびエネルギ伝送だけでなく、安全で信頼できる通信用途についても要求が高い電気パワートレインでは重要です。

 

周波数、帯域幅、およびデータ速度が上昇するに従って、超小型化、ピン数の多さ、高速コネクタの需要も発生します。自動車では、これらは配線ハーネスに使用されており、自動車をインフラに接続する役割を担っています。自動運転では、より高度なコンピューティング技術に対する需要が発生するため、自律運転が牽引力を増すと、このことも重要になります。より安全で信頼できる車両を作れるかどうかは、最新の技術をサポートする最適な端子設計の開発にかかっています。

 

2

注目している技術トレンドは何ですか?

私は燃焼エンジンから電気エンジンへの移行を注視しています。1 人の電気化学者として、燃料電池を気に入っています。と言うのも、私の意見では、バッテリーが最も有用な技術ではないからです。EV バッテリーはメガワット単位の電力を取り扱うため、充電には危険が伴います。このことにより、多数の自動車を同時に充電するにはどのような種類のインフラが必要になるか、このインフラのアップグレードと管理をどのような方法で行うのか、電気自動車のドライバとその近隣住民が毎晩自宅で充電すると何が起こるか、といった多数の疑問が生まれます。

私は、再生または回生が可能な資源で作った燃料と燃料電池を使用することにより、燃焼エンジンの効率を改善することを提唱しています。たとえば、燃料電池そのものとエネルギ源として水素を使用することには、現在のガソリン スタンドを適応させるといった、アップグレードがより簡単なインフラが必要となります。水素は再生可能エネルギーから生成できるうえに、天然ガスなどのパイプラインによる輸送が簡単で、石油と同じ方法によりガソリン スタンドでも貯蔵できます。