Leif Wiebking、最高技術責任者、エネルギ部門
Leif Wiebking、最高技術責任者、エネルギ部門
電力網のコネクティビティと信頼性に関して、TE を最も価値が高いビジネス パートナーに成長させることに、真剣に取り組んでいます。

Leif は、お客様中心のアプローチを推進して、電力網の信頼性を改善します。 Leif は、品質、長い耐用性、および設置のしやすさに対応した製品設計を指揮しています。エネルギ業界で最も大きい課題の 1 つとは、ケーブル ジョイントと結線における不具合の 90% は、不適切な設置が原因となっていることです。この問題を解決するため、Leif は自身のチームと緊密に協力し、迅速で安全な設置に関して基本的な技術者の技能のみを必要とする製品を開発しています。機械工学の修士号と電気工学の博士号を取得した Leif は、トレーニング、自動コミッショニング チェック、およびジョイント業者と据え付け業者の認定などの、据え付け業者向けの新しい専門サービスの促進に専念しています。TE のエネルギ事業部門の CTO として、Leif は絶えず自身のチームに対して、競争力のある価格で簡単に設置できる高品質製品、つまり TE のお客様が求めている種類のソリューションを開発することを求めています。

1

世界中のエネルギ業界を形成しているトレンドとは?

エネルギ市場に従事しているエンジニアリングが従うべき重要なトレンドには、次の 3 種類があります。

  1. 再生可能性と分散型電源に対して増え続ける需要: コストが減少し、風力、太陽光、およびバイオマスといった再生可能エネルギーが利用しやすくなったため、発電は徐々に環境にやさしく、工場、自治体、および家庭など、消費者に近い存在になってきています。
  2. 地下ネットワークの拡張: 都市化ならびに都市部の建築密度と市街地設計では、頭上のスペースの利用が制限されるため、今後は架空送電から離れ、地下送電へと向かう新しいソリューションが必要とされています。
  3. 電力網の信頼性向上: ケーブル ジョイントと結線の誤った設置と不適切な取り扱い (主に経験が不十分な設置担当者が原因) により、電力網の信頼性と十分なトレーニングを受けた担当者の需要に注目が集まってきています。

 

2

これらのトレンドを解決するために TE が取り組んでいることとは?

TE では、これらのトレンドに対応した革新的なソリューションを開発しています。風力とソーラー パネルに対応した当社の包括的なコネクティビティ製品群はクラス最高です。当社は、信頼性とコスト効率を組み合わせて、高性能材料を生み出します。当社は材料、電気的特性、コスト、および設置のしやすさについてイノベーションを止めることはありません。電力網のコネクティビティと信頼性に関して、TE を最も価値が高いビジネス パートナーに成長させることに、真剣に取り組んでいます。当社は、製品のイノベーションを通じて電力接続の信頼性を高めることと、包括的なトレーニングの実施とジョイント業者向け認定証の発行により、これを実現します。さらに当社は、ジョイントとケーブル結線の状態を連続的に監視できるセンサを統合することにより、さらにスマートな製品を開発します。

 

3

キャリアが浅いエンジニアに対して、何か助言はありますか?

自身の専門分野の知識を伸ばしてください。次に、下記の 3 つの技能を発達させることに集中してください。エンジニアとして成功するには、これらはいずれも非常に重要です。

  • コストを強く重視する考え方を適用する: 最も技術的に優れていても、市場価格が適正でなければ、その製品は十分ではありません。この目標を達成するには、目標コストを十分に理解し、次にコスト効率に優れた方法で製品を設計する必要があります。今は価格プレミアムの時代ではありません。低コスト製造業者は、製品の品質と性能の面で追いついてきています。すべての要件に合わせて設計する必要があります。
  • 内部と外部でのパートナー関係を最大限に活用する: 現在のエンジニアリング チームは、コストと時間の削減を成果の向上と同時に行っています。競争が激しさを増しているため、これは現在の世界市場において基礎となる真実です。規模を拡張するには、自身のチームに対する要求を高くするだけでは不十分であるうえに、効率も下がります。エンジニアは、範囲の増大と実行時の負荷に対応するにあたって、従来とは異なる経路を模索することにより、よりスマートに業務を行う必要があります。特に低コスト国の場合、外部の開発パートナーと緊密に連携することは、ビジネスで優位に立つうえで重要です。これまでは、エンジニアは研究室が自分の世界だと言っていましたが、現在では世界が自分の研究室だと考えています。
  • 変革推進者となること: 普段どおりの業務では、創造性もイノベーションも生まれません。「これまではいつもこの方法でやってきた」という意識を無視してください。行き詰まった場合は、通常のソリューションとアプローチを超えた部分を見てください。これまでに当社は、生産速度を高め、さまざまな業務方法を実現する新しい技術を開発してきました。継続的改善のために努力してください。業務のアプローチを見直し、自身を新しい技術と実務に適応させます。これにより、最先端について行きやすくなるでしょう。

4

エンジニアになろうと思ったきっかけは何ですか?

私は物が動く仕組みに興味があります。学校では物理が得意科目でした。実験を行ったり、その背景を理解することが楽しかったです。先生が量子と光子を紹介した時、物理がきわめて理論的で学術的なものだと感じたため、私には不向きだと思いました。私は技術を活用して、役に立つ物を作りたかったのです。この時から私は機械工学を学び始めました。これにより、専門知識を発展させるための基礎が固まり、「この製品はどのように機能するのか」という思考に、「どうすればこの製品からお金を稼げるか」という思考が加わりました。これは、私が CTO となるにあたって助けとなった、一種の思考転換です。

 

5

現在のエンジニアとしてのあなたを形成する助けとなった人物は誰ですか?

前に勤務していた会社の以前の上司が、イノベーションについて私を指導しくれました。エンジニアとして若かった頃は、イノベーションとは複雑な製品を設計して、魅力的な技術を扱うことだと思っていました。複雑であるほど優れているということです。彼は私の考えを制止し、技術とイノベーションとの違いを説明してくれました。イノベーションとは、技術的な部分がある、つまり差別化された製品を意味します。ただし、同時に商業的な部分、つまりその製品からどのように利益を上げられるか、という部分もあります。後者は、何かをイノベーションと呼ぶ場合の前提条件となります。イノベーションは、他とは異なる製品と、市販の商業的成功との組み合わせです。これは私が大好きな定義で、日常の業務でも使用しています。その瞬間から、私は NPI の商業的側面の重要性を完全に理解しました。

 

Leif Wiebking、最高技術責任者、エネルギ部門
Leif Wiebking、最高技術責任者、エネルギ部門
電力網のコネクティビティと信頼性に関して、TE を最も価値が高いビジネス パートナーに成長させることに、真剣に取り組んでいます。

Leif は、お客様中心のアプローチを推進して、電力網の信頼性を改善します。 Leif は、品質、長い耐用性、および設置のしやすさに対応した製品設計を指揮しています。エネルギ業界で最も大きい課題の 1 つとは、ケーブル ジョイントと結線における不具合の 90% は、不適切な設置が原因となっていることです。この問題を解決するため、Leif は自身のチームと緊密に協力し、迅速で安全な設置に関して基本的な技術者の技能のみを必要とする製品を開発しています。機械工学の修士号と電気工学の博士号を取得した Leif は、トレーニング、自動コミッショニング チェック、およびジョイント業者と据え付け業者の認定などの、据え付け業者向けの新しい専門サービスの促進に専念しています。TE のエネルギ事業部門の CTO として、Leif は絶えず自身のチームに対して、競争力のある価格で簡単に設置できる高品質製品、つまり TE のお客様が求めている種類のソリューションを開発することを求めています。

1

世界中のエネルギ業界を形成しているトレンドとは?

エネルギ市場に従事しているエンジニアリングが従うべき重要なトレンドには、次の 3 種類があります。

  1. 再生可能性と分散型電源に対して増え続ける需要: コストが減少し、風力、太陽光、およびバイオマスといった再生可能エネルギーが利用しやすくなったため、発電は徐々に環境にやさしく、工場、自治体、および家庭など、消費者に近い存在になってきています。
  2. 地下ネットワークの拡張: 都市化ならびに都市部の建築密度と市街地設計では、頭上のスペースの利用が制限されるため、今後は架空送電から離れ、地下送電へと向かう新しいソリューションが必要とされています。
  3. 電力網の信頼性向上: ケーブル ジョイントと結線の誤った設置と不適切な取り扱い (主に経験が不十分な設置担当者が原因) により、電力網の信頼性と十分なトレーニングを受けた担当者の需要に注目が集まってきています。

 

2

これらのトレンドを解決するために TE が取り組んでいることとは?

TE では、これらのトレンドに対応した革新的なソリューションを開発しています。風力とソーラー パネルに対応した当社の包括的なコネクティビティ製品群はクラス最高です。当社は、信頼性とコスト効率を組み合わせて、高性能材料を生み出します。当社は材料、電気的特性、コスト、および設置のしやすさについてイノベーションを止めることはありません。電力網のコネクティビティと信頼性に関して、TE を最も価値が高いビジネス パートナーに成長させることに、真剣に取り組んでいます。当社は、製品のイノベーションを通じて電力接続の信頼性を高めることと、包括的なトレーニングの実施とジョイント業者向け認定証の発行により、これを実現します。さらに当社は、ジョイントとケーブル結線の状態を連続的に監視できるセンサを統合することにより、さらにスマートな製品を開発します。

 

3

キャリアが浅いエンジニアに対して、何か助言はありますか?

自身の専門分野の知識を伸ばしてください。次に、下記の 3 つの技能を発達させることに集中してください。エンジニアとして成功するには、これらはいずれも非常に重要です。

  • コストを強く重視する考え方を適用する: 最も技術的に優れていても、市場価格が適正でなければ、その製品は十分ではありません。この目標を達成するには、目標コストを十分に理解し、次にコスト効率に優れた方法で製品を設計する必要があります。今は価格プレミアムの時代ではありません。低コスト製造業者は、製品の品質と性能の面で追いついてきています。すべての要件に合わせて設計する必要があります。
  • 内部と外部でのパートナー関係を最大限に活用する: 現在のエンジニアリング チームは、コストと時間の削減を成果の向上と同時に行っています。競争が激しさを増しているため、これは現在の世界市場において基礎となる真実です。規模を拡張するには、自身のチームに対する要求を高くするだけでは不十分であるうえに、効率も下がります。エンジニアは、範囲の増大と実行時の負荷に対応するにあたって、従来とは異なる経路を模索することにより、よりスマートに業務を行う必要があります。特に低コスト国の場合、外部の開発パートナーと緊密に連携することは、ビジネスで優位に立つうえで重要です。これまでは、エンジニアは研究室が自分の世界だと言っていましたが、現在では世界が自分の研究室だと考えています。
  • 変革推進者となること: 普段どおりの業務では、創造性もイノベーションも生まれません。「これまではいつもこの方法でやってきた」という意識を無視してください。行き詰まった場合は、通常のソリューションとアプローチを超えた部分を見てください。これまでに当社は、生産速度を高め、さまざまな業務方法を実現する新しい技術を開発してきました。継続的改善のために努力してください。業務のアプローチを見直し、自身を新しい技術と実務に適応させます。これにより、最先端について行きやすくなるでしょう。

4

エンジニアになろうと思ったきっかけは何ですか?

私は物が動く仕組みに興味があります。学校では物理が得意科目でした。実験を行ったり、その背景を理解することが楽しかったです。先生が量子と光子を紹介した時、物理がきわめて理論的で学術的なものだと感じたため、私には不向きだと思いました。私は技術を活用して、役に立つ物を作りたかったのです。この時から私は機械工学を学び始めました。これにより、専門知識を発展させるための基礎が固まり、「この製品はどのように機能するのか」という思考に、「どうすればこの製品からお金を稼げるか」という思考が加わりました。これは、私が CTO となるにあたって助けとなった、一種の思考転換です。

 

5

現在のエンジニアとしてのあなたを形成する助けとなった人物は誰ですか?

前に勤務していた会社の以前の上司が、イノベーションについて私を指導しくれました。エンジニアとして若かった頃は、イノベーションとは複雑な製品を設計して、魅力的な技術を扱うことだと思っていました。複雑であるほど優れているということです。彼は私の考えを制止し、技術とイノベーションとの違いを説明してくれました。イノベーションとは、技術的な部分がある、つまり差別化された製品を意味します。ただし、同時に商業的な部分、つまりその製品からどのように利益を上げられるか、という部分もあります。後者は、何かをイノベーションと呼ぶ場合の前提条件となります。イノベーションは、他とは異なる製品と、市販の商業的成功との組み合わせです。これは私が大好きな定義で、日常の業務でも使用しています。その瞬間から、私は NPI の商業的側面の重要性を完全に理解しました。