Erin Byrne、最高技術責任者、Data and Devices 部門
Erin Byrne、最高技術責任者、Data and Devices 部門
強い好奇心を持ち、自分のスキルをお客様の最新のニーズに適応させられるようになれば、常に価値を高めることができます。学習して適応するという能力に自信があれば、どんな環境でも良い結果を得られます。

Erin は、最先端技術を商業化するという課題の解決に重点を置いています。 お客様が市場で勝ち残れるように支援するため、Erin は複数の分野にまたがるグローバルなエンジニア チームを率いてお客様と連携し、次世代のコネクティビティを可能にするソリューションを設計しています。Erin はあらゆる課題を継続的に改善するための機会と考えています。化学の博士号を取得した後、キャリアの半分近くを光学部品の開発と、通信システムと検知用途向けのプロセスと製品の設計に費やしました。スタートアップ企業から大手多国籍企業までさまざまな規模の企業で働いてきた Erin は、多種多様な技術的課題を解決する幅広い知識と、さまざまなビジネス モデルをリードする深い知識を身に着けており、戦略と実行を結び付けることでチームとお客様が勝利できるよう支援しています。自身の成功を基に他者の能力を高めることに、専門家としては見返り、個人としては満足を大いに見出しており、他者がキャリアを構築して、個人的な機会を生み出すさまざまな視点を打ち出せるよう熱心にサポートしています。

1

コネクティビティの向上を可能にしているダイナミクスは何ですか?

私は信号処理速度だと思います。信号処理速度は常に増加しており、お客様が必要とするデータ密度も、またお客様の顧客が期待するデータ密度も増加しています。この問題を解決するために、私たちはこれまで以上に小さな容量でさらなる高速をサポートすることに重点を置いています。これは製造プロセスを制御する能力への挑戦です。つまり、プロセス制御の限界をミクロン レベル以下にまで押し下げる方法を常に模索する必要があるということです。こうした速度と密度の向上は、高性能の熱管理ソリューションを設計できる機会でもあり、私たちが現在検討している分野です。

 

イノベーションを可能にするには、解決すべき特定の問題に重点を置いて、オープンな発散的思考とブレインストーミングの間で慎重にバランスを取る必要があります。最初は、課題に関連するあらゆる種類のアイデアや考えを受け入れます。つまり「誘発」です。次に、アイデアを実行可能な計画、つまりプロセスの収束部分に絞り込む作業を行います。これを適切に行うには、2 つのことが必要です。それは各チーム メンバーの強みを知ることと、そうした強みを組み合わせて、実現しうる最高のソリューションを効果的に生み出すことです。

2

注目されているコネクティビティのトレンドとは?

私の重点分野である Data and Devices では、各チームが最先端のコネクティビティの課題を積極的に解決しているため、私たちはお客様がクラウド コンピューティングでこれまでにないほど高いデータ速度を達成できるように支援することができています。私たちは現在、インフラストラクチャ側の 5G ネットワーキングに積極的に取り組んでいます。また、より統合されたソリューションが密度の課題に対応することがわかっている RF 分野にもますます積極的に取り組んでいます。さらに、IoT は、マス カスタマイゼーションに関する機会を生み出しています。これには、製品設計と市場投入の両方に対して異なるアプローチが必要です。

 

3D プリンティングとジェネレーティブ デザインの進化に注目し、柔軟性と新しい設計アプローチを提供できる可能性について検討しています。ユビキタス データと機械学習/AI の影響はお客様が感じられるもので、これらのツールは製品の設計方法と製造方法も変えます。

3

困難な問題にはどのようにアプローチしていますか?

研究を始めた頃から、「簡単なら、すでに完成しているだろう」という単純な発想であらゆる課題に取り組んできました。お客様のニーズが特定された後、どれほど困難であっても、既存のソリューションや最も論理的なソリューションを詳細に調査し、お客様が差別化した価値を達成できる方法を探します。多くの場合、こうした困難な問題のソリューションは他の業界や分野で見つかるものです。別の状況ですでに実証されているソリューションを利用することで、低リスクで要件に応えながらも追加のメリットを実現できるオプションをお客様に提案できます。

 

Erin Byrne、最高技術責任者、Data and Devices 部門
Erin Byrne、最高技術責任者、Data and Devices 部門
強い好奇心を持ち、自分のスキルをお客様の最新のニーズに適応させられるようになれば、常に価値を高めることができます。学習して適応するという能力に自信があれば、どんな環境でも良い結果を得られます。

Erin は、最先端技術を商業化するという課題の解決に重点を置いています。 お客様が市場で勝ち残れるように支援するため、Erin は複数の分野にまたがるグローバルなエンジニア チームを率いてお客様と連携し、次世代のコネクティビティを可能にするソリューションを設計しています。Erin はあらゆる課題を継続的に改善するための機会と考えています。化学の博士号を取得した後、キャリアの半分近くを光学部品の開発と、通信システムと検知用途向けのプロセスと製品の設計に費やしました。スタートアップ企業から大手多国籍企業までさまざまな規模の企業で働いてきた Erin は、多種多様な技術的課題を解決する幅広い知識と、さまざまなビジネス モデルをリードする深い知識を身に着けており、戦略と実行を結び付けることでチームとお客様が勝利できるよう支援しています。自身の成功を基に他者の能力を高めることに、専門家としては見返り、個人としては満足を大いに見出しており、他者がキャリアを構築して、個人的な機会を生み出すさまざまな視点を打ち出せるよう熱心にサポートしています。

1

コネクティビティの向上を可能にしているダイナミクスは何ですか?

私は信号処理速度だと思います。信号処理速度は常に増加しており、お客様が必要とするデータ密度も、またお客様の顧客が期待するデータ密度も増加しています。この問題を解決するために、私たちはこれまで以上に小さな容量でさらなる高速をサポートすることに重点を置いています。これは製造プロセスを制御する能力への挑戦です。つまり、プロセス制御の限界をミクロン レベル以下にまで押し下げる方法を常に模索する必要があるということです。こうした速度と密度の向上は、高性能の熱管理ソリューションを設計できる機会でもあり、私たちが現在検討している分野です。

 

イノベーションを可能にするには、解決すべき特定の問題に重点を置いて、オープンな発散的思考とブレインストーミングの間で慎重にバランスを取る必要があります。最初は、課題に関連するあらゆる種類のアイデアや考えを受け入れます。つまり「誘発」です。次に、アイデアを実行可能な計画、つまりプロセスの収束部分に絞り込む作業を行います。これを適切に行うには、2 つのことが必要です。それは各チーム メンバーの強みを知ることと、そうした強みを組み合わせて、実現しうる最高のソリューションを効果的に生み出すことです。

2

注目されているコネクティビティのトレンドとは?

私の重点分野である Data and Devices では、各チームが最先端のコネクティビティの課題を積極的に解決しているため、私たちはお客様がクラウド コンピューティングでこれまでにないほど高いデータ速度を達成できるように支援することができています。私たちは現在、インフラストラクチャ側の 5G ネットワーキングに積極的に取り組んでいます。また、より統合されたソリューションが密度の課題に対応することがわかっている RF 分野にもますます積極的に取り組んでいます。さらに、IoT は、マス カスタマイゼーションに関する機会を生み出しています。これには、製品設計と市場投入の両方に対して異なるアプローチが必要です。

 

3D プリンティングとジェネレーティブ デザインの進化に注目し、柔軟性と新しい設計アプローチを提供できる可能性について検討しています。ユビキタス データと機械学習/AI の影響はお客様が感じられるもので、これらのツールは製品の設計方法と製造方法も変えます。

3

困難な問題にはどのようにアプローチしていますか?

研究を始めた頃から、「簡単なら、すでに完成しているだろう」という単純な発想であらゆる課題に取り組んできました。お客様のニーズが特定された後、どれほど困難であっても、既存のソリューションや最も論理的なソリューションを詳細に調査し、お客様が差別化した価値を達成できる方法を探します。多くの場合、こうした困難な問題のソリューションは他の業界や分野で見つかるものです。別の状況ですでに実証されているソリューションを利用することで、低リスクで要件に応えながらも追加のメリットを実現できるオプションをお客様に提案できます。