製品
ストーリー
Byron Hill、最高技術責任者、センサ部門
Byron Hill、最高技術責任者、センサ部門
センサにおいて機会とは、小型で使用電力が少なく、より多機能のセンサを求める新たな用途や市場の需要の問題を解決することです。

Byron を鼓舞しているのは、利益や肯定的な結果につながる可能性のある課題です。 TE センサ チームの技術構想を率いる業務において、課題の解決への道のりは結果と同じくらい重要であることを Byron は理解しています。困難な問題を解決する場合は、まず最初に、問題だけでなく、ソリューションを達成することでお客様が得られる利益を理解しようとします。数学、科学、問題解決、学習を愛する気持ちが、最初にすべきことや、解決すべき適切な問題を特定する方法を理解する上での確かな基盤になっています。Byron は、お客様やチームと緊密に連携し、科学的原則を使用して現実世界の問題に取り組み、理論設計を実用的なソリューションに変換することで、お客様とチームが最も現実的かつ効果的な結果の定義と設計を順調に進められるようにします。 TE の執行委員兼技術評議会議長として CEO、経営チーム、事業部門 CTO に対する技術的なソート リーダーの役割を果たし、世界的なエンジニアリング組織の戦略を導いてきた幅広い経験を活かして社内活動・パートナシップ・合併・買収を通したイノベーションを推進しています。

1

センシング技術のイノベーションを加速させているものは何でしょうか?

多くの場合、人はイノベーションとは発見のことだと考えています。私たちの仕事では、イノベーションとは周期表で新しい要素を発見することではなく、既存の技術を使用し、確立された科学的原則を適用することによる問題解決に取り組むことです。問題がセンシングに関連しているかどうかに関係なく、お客様が解決しようとしている問題にエンジニアリング チームが触れることで、可能性が解き放たれます。

 

今日、多くのセンシング技術があり、それらの多くは、圧力、温度、位置/方向などの物理的特性の検出に焦点を当てています。センサのトレンドを常に把握するため、TE はさまざまな市場で認められているイノベータや、業界の研究機関や大学と緊密に連携しています。

 

2

技術におけるセンサの需要を促進しているものは何でしょうか?

市場原理の原動力となっているのは、お客様の期待です。自明ではありますが、忘れてはいけないことがあります。それは「お客様は、センサが期待どおりに動作する、つまり厳しい条件下でも長期にわたって常に同じ精度と性能で動作することを望んでいる」ということです。ラボ内でなら多くの人がセンサを機能させることができます。誰もが毎日頼りにしている製品の中など、過酷な使用下でも機能するセンサを製造するにはイノベーションが必要です。

 

センサの設計に関しては、コネクティビティは私たちの問題解決の中心ではありません。コネクティビティは予想されているためです。センサにおいて機会とは、不変のもの、つまり、小型で使用電力が少なく、より多機能のセンサの製造に伴う「制約」を満たすように問題を解決することです。これは、モビリティや小型化などの巨大トレンドによって促進されています。こうしたトレンドはお客様とその市場に影響を与えています。


私たちのお客様は、自社の顧客に価値を提供することに重点を置いています。つまり私たちに求められているのは、環境の安全性とアプリケーションの生産性を高めるセンサ ソリューションの設計です。場合によっては、何が起こっているかをセンサが最終顧客に伝え、顧客が行動を起こせるようにすることで、エクスペリエンスを向上させることでもあります。これをソリューションで実現することで、TE がどのようにお客様と連携できるかについて考えていただきたいと思っています。TE は専門知識を提供することで、複雑なセンシング機能の問題を解決し、お客様が期待される性能を自社顧客に提供できるようにします。

 

これは、血流の閉塞を探す閉塞アプリケーションの例です。医師はこの技術を使用して空気の存在 (気泡として表示される) を検出します。センサは、流れる気泡の数とサイズに基づいて、血流内の空気が多すぎるかどうかを確認できます。

Byron Hill、最高技術責任者、センサ部門
Byron Hill、最高技術責任者、センサ部門
センサにおいて機会とは、小型で使用電力が少なく、より多機能のセンサを求める新たな用途や市場の需要の問題を解決することです。

Byron を鼓舞しているのは、利益や肯定的な結果につながる可能性のある課題です。 TE センサ チームの技術構想を率いる業務において、課題の解決への道のりは結果と同じくらい重要であることを Byron は理解しています。困難な問題を解決する場合は、まず最初に、問題だけでなく、ソリューションを達成することでお客様が得られる利益を理解しようとします。数学、科学、問題解決、学習を愛する気持ちが、最初にすべきことや、解決すべき適切な問題を特定する方法を理解する上での確かな基盤になっています。Byron は、お客様やチームと緊密に連携し、科学的原則を使用して現実世界の問題に取り組み、理論設計を実用的なソリューションに変換することで、お客様とチームが最も現実的かつ効果的な結果の定義と設計を順調に進められるようにします。 TE の執行委員兼技術評議会議長として CEO、経営チーム、事業部門 CTO に対する技術的なソート リーダーの役割を果たし、世界的なエンジニアリング組織の戦略を導いてきた幅広い経験を活かして社内活動・パートナシップ・合併・買収を通したイノベーションを推進しています。

1

センシング技術のイノベーションを加速させているものは何でしょうか?

多くの場合、人はイノベーションとは発見のことだと考えています。私たちの仕事では、イノベーションとは周期表で新しい要素を発見することではなく、既存の技術を使用し、確立された科学的原則を適用することによる問題解決に取り組むことです。問題がセンシングに関連しているかどうかに関係なく、お客様が解決しようとしている問題にエンジニアリング チームが触れることで、可能性が解き放たれます。

 

今日、多くのセンシング技術があり、それらの多くは、圧力、温度、位置/方向などの物理的特性の検出に焦点を当てています。センサのトレンドを常に把握するため、TE はさまざまな市場で認められているイノベータや、業界の研究機関や大学と緊密に連携しています。

 

2

技術におけるセンサの需要を促進しているものは何でしょうか?

市場原理の原動力となっているのは、お客様の期待です。自明ではありますが、忘れてはいけないことがあります。それは「お客様は、センサが期待どおりに動作する、つまり厳しい条件下でも長期にわたって常に同じ精度と性能で動作することを望んでいる」ということです。ラボ内でなら多くの人がセンサを機能させることができます。誰もが毎日頼りにしている製品の中など、過酷な使用下でも機能するセンサを製造するにはイノベーションが必要です。

 

センサの設計に関しては、コネクティビティは私たちの問題解決の中心ではありません。コネクティビティは予想されているためです。センサにおいて機会とは、不変のもの、つまり、小型で使用電力が少なく、より多機能のセンサの製造に伴う「制約」を満たすように問題を解決することです。これは、モビリティや小型化などの巨大トレンドによって促進されています。こうしたトレンドはお客様とその市場に影響を与えています。


私たちのお客様は、自社の顧客に価値を提供することに重点を置いています。つまり私たちに求められているのは、環境の安全性とアプリケーションの生産性を高めるセンサ ソリューションの設計です。場合によっては、何が起こっているかをセンサが最終顧客に伝え、顧客が行動を起こせるようにすることで、エクスペリエンスを向上させることでもあります。これをソリューションで実現することで、TE がどのようにお客様と連携できるかについて考えていただきたいと思っています。TE は専門知識を提供することで、複雑なセンシング機能の問題を解決し、お客様が期待される性能を自社顧客に提供できるようにします。

 

これは、血流の閉塞を探す閉塞アプリケーションの例です。医師はこの技術を使用して空気の存在 (気泡として表示される) を検出します。センサは、流れる気泡の数とサイズに基づいて、血流内の空気が多すぎるかどうかを確認できます。