原材料

紛争鉱物

TE Connectivity は、グローバル サプライ チェーンで倫理的かつ責任のある調達を保証することをお約束します。

規制情報

2012 年 8 月 22 日、米国証券取引委員会 (SEC) は、紛争鉱物について規定するドッド・フランク・ウォール街改革および消費者保護法第 1502 条を施行する規則を公布しました。ドッド・フランク法は、コンゴ民主共和国 (DRC) または周辺国からの紛争鉱物が存在するかどうかおよび製品の機能または生産に必要かどうかを特定するために、紛争鉱物の供給源および加工流通過程の管理について実行する責を負うことを企業に要求します。

紛争鉱物

SEC は、スズ (Sn)、タングステン (W)、タンタル (Ta)、金 (Au) を紛争鉱物と規定しています。これらの 4 つの鉱物は総称して 3TG と呼ばれます。

TE のアプローチ

TE はドッド・フランク・ウォール街改革および消費者保護法第 1502 条の意図を尊重して、お客様のために倫理的な調達をお約束します。TE Connectivity は SEC 登録企業として、紛争鉱物および紛争鉱物を含む製品の調達に関するサプライ チェーン レポートおよびその要求する SEC の規制を遵守する責を負う。TE は、供給基地から収集した情報と同じ情報をお客様に提供し、企業の透明性を確保し、お客様ご自身がそれぞれの SEC 報告要件を満たすことができるようにする責任があることを認識しています。

data collection

紛争鉱物の区分別データ収集