石油 & ガス用途に移行する光ファイバ コネクタ技術の信頼性

石油 & ガス用途に移行する光ファイバ コネクタ技術の信頼性

光ファイバ (FO) 技術は、海中用途に新たな使い道が見い出されています。ファイバは、銅よりも長い伝送距離とより高いデータ速度を実現します。これは、沖合採掘の深度が深くなるにつれての予期せぬ展開です。作業者は、油井から甲板もしくは地上のプラットフォームまで、各油井と全生産系統両方のリアルタイムの情報と分析を求めており、石油探査と生産もますますスマートになりつつあります。銅と比較して、ファイバの高帯域幅は、より豊富なデータ ストリームとより長い脱調距離を実現します (海中設置と海上設備間の距離など)。アンビリカル ケーブルは、容易に 10 ~15 km の長さに達し、検知用のパイプライン ケーブルは 40 km まで延長可能です。


また、光ファイバは高性能分散センサにも使われています。圧力や温度の変化により後方散乱の形状が修正され、後方散乱された光を監視することによって、高精度測定が可能になります。ファイバ内の光の速度は解明されているので、後方散乱された光によって、測定値の大きさとファイバに沿ったその位置の情報が明らかになります。

石油 & ガス用途に移行する光ファイバ コネクタ技術の信頼性

石油 & ガス用途に移行する光ファイバ コネクタ技術の信頼性

光ファイバ (FO) 技術は、海中用途に新たな使い道が見い出されています。ファイバは、銅よりも長い伝送距離とより高いデータ速度を実現します。これは、沖合採掘の深度が深くなるにつれての予期せぬ展開です。作業者は、油井から甲板もしくは地上のプラットフォームまで、各油井と全生産系統両方のリアルタイムの情報と分析を求めており、石油探査と生産もますますスマートになりつつあります。銅と比較して、ファイバの高帯域幅は、より豊富なデータ ストリームとより長い脱調距離を実現します (海中設置と海上設備間の距離など)。アンビリカル ケーブルは、容易に 10 ~15 km の長さに達し、検知用のパイプライン ケーブルは 40 km まで延長可能です。


また、光ファイバは高性能分散センサにも使われています。圧力や温度の変化により後方散乱の形状が修正され、後方散乱された光を監視することによって、高精度測定が可能になります。ファイバ内の光の速度は解明されているので、後方散乱された光によって、測定値の大きさとファイバに沿ったその位置の情報が明らかになります。