センサが感知すること – 自動車

自動車

センサを使用すると、圧力、温度、湿度などパラメータの測定が可能になり、自動車の効率を高めて性能と安全性を強化します。

より軽く、より速く、より効率的に。 自動車数の増大と技術の発展に伴い、自動車メーカーは車両プラットフォームの向上を求めています。 従来のディーゼル エンジンやガソリン エンジンから電気自動車、水素燃料自動車に至るまで、TE Connectivity (TE) では、より環境に優しいトランスポーテーションを実現するため、テスト段階から完成品までのデータを収集するセンサを製造しています。 

  1. 安全で環境に優しくスマートなコネクテッド カー (英語)

お客様と協力して、排ガスの抑制に TE がどのように取り組んでいるかを Marcus Schulte がご説明します。その一例は、ディーゼル エンジンによる温室効果ガス発生量を削減する浄化システムの品質と尿素濃度を測定するために開発されたセンサです。

センサは、車両内部の他の構成部品と同じように過酷な環境にさらされます。 TE のセンサは、エンジン ルームの温度上昇や海水の浸水といった厳しい環境状況でも高い性能を発揮できるように設計・製造されています。 当社の製品テストには、エージング、振動、腐食、シーリング、熱衝撃などの項目が含まれています。 また、センサはアナログとデジタル両方の出力信号を出すように製造されており、それらを統合してカスタマイズすることも可能です。 これらの信号は、電磁干渉 (EMI) と無線周波数干渉 (RFI) の自動車規格適合がテストされ、認定されています。TE のセンサは、過酷な環境の中で確実に動作し続けるように設計、実装、テストすることができます。 さらに TE では、単一のセンサで複数のパラメータを測定するセンサ プラットフォームも提供しています。 吸気マニホールドに設置される Trican HTD2800 圧力・温度・湿度センサは、エンジン制御ユニット (ECU) にデータを送信して性能を最適化します。MS8607 などのボード マウントに対応した構成部品も小さなパッケージで複数のパラメータを測定することができます。 

TE Connectivity のセンサがレース カーを感知したらどうなるでしょう? TE は、よりスマートな決定を促すためのデータを提供することによって、性能の向上を図ります。 Andretti チームのインタビューを通じて、ギアボックスの油圧や温度からリア サスペンションのモニタまで、レース用途で使用される TE センサについてご覧ください。 

  1. Formula E 圧力センサ (英語)

TE Connectivity (TE) と Andretti Autosport とのパートナーシップは、Formula E カー上のロゴにとどまるものではありません。Andretti チームが、車両のギアボックス内で EB100 シリーズ 圧力トランスデューサを使用する方法をご覧ください。

  • Formula E 位置センサ (英語)

  • Formula E 温度センサ (英語)

  • Formula E 加速度センサ (英語)

センサが感知すること - 航空宇宙

ブレーキ

当社のブレーキ用センサは、ブレーキ マスタ シリンダ位置検知センサ (オプションで冗長機能あり)、後軸ステアリング用位置検知センサ、ブレーキ ペダル位置検知用回転センサ (オプションで冗長機能あり)、非接触型ブレーキ ライト スイッチ、車輪速センサなどの車両用途に使用されています。また、ABS/ESC モジュール向けの真空ブレーキ ブースタ センサやブレーキ ライン圧などの圧力センサもご用意しています。

シャーシ

当社では、ルーフの開閉位置スイッチ、アクチュエータおよびシリンダ位置、座席位置、乗員検知といったシャーシ ソリューションを幅広く提供しています。当社の湿度および温度技術は、暖房、換気および空調 (HVAC) システムに使用され、風防ガラスの曇り防止とエネルギー管理に役立ちます。

クラッチ

クラッチ センサは、同心スレイブ シリンダおよびクラッチのスレイブ シリンダ用永久磁石線形非接触型変位 (PLCD) センサ、クラッチ ペダル位置検知用回転センサ、クラッチのマスター シリンダ用非接触型スイッチ、クラッチのマスター シリンダおよびデュアル クラッチ トランスミッション (DCT) 用位置検知センサなどの自動車用途に使用されています。

エンジン/電気モータ

当社のエンジンおよび電気モータ センサは、ターボ チャージャ アクチュエータ用位置センサ、空気圧 (EGR) シリンダ、カム、電気モータ整流用クランク シャフト速度センサとレゾルバなどの車両用途に使用されています。

排気

TE は、尿素濃度センサ、レベル センサ、温度センサ、尿素ポンプ圧センサ、排気ガス温度センサ (EGTS) など、排気ガス用途向けに幅広いセンサを取り揃えています。OEM はこれらのセンサを使用することで、最新の排ガス規制や現在の後処理システムの著しい性能向上に適合できるようになります。

トランスミッション

TE のトランスミッション センサは、発進・停止するためのマニュアル トランスミッション (MT) の全ギアまたはニュートラルの位置検知、自動変速機 (AT)、無段変速機 (CVT)、デュアル クラッチ トランスミッション (DCT) のドライブ モード (移動または回転) などの車両用途に使用されています。また、圧力および温度ソリューションも取り揃えています。