製品 (134) 概要
プラグ アンド プレイ加速度計

プラグ アンド プレイ加速度計

TE Connectivity (TE) は、独自の MEMS、接着型ゲージ、圧電セラミック技術に基づいて、加速度計および振動センサを設計および製造しています。パッケージされた加速度計には、幅広い測定範囲の DC (静的) および AC (動的) 応答と便利なユーザ インタフェースが装備されています。

製品の特長:

TE の AC および DC 加速度計のポートフォリオが備える各種機能
  • -100°F ~ +572°F の帯電出力加速度計 (最大 100pC/g の出力オプション)
  • 高レベル出力、簡易なカストマー インタフェースおよび 20 kHz までの帯域幅を持つ電圧型圧電加速度計
  • クリティカルな用途での動的測定向けの IEPE と帯電出力の 3 軸加速度計
  • 地上から水中まで多くの構成が用意されており、4 ~ 20 mA 信号出力までの電圧を持ち、コネクタまたは統合型ケーブル付きの産業用振動センサ
  • 高 g 衝撃保護と広い帯域幅を備え、自動車安全、トランスポーテーション、モータースポーツおよび航空宇宙市場のお客様をサポートする DC 応答加速度計
  • 増幅加速度計の機能には、オンボードの電源調整、高解像度および -67°F (-20°C) から +257°F (+125°C) の温度補償出力があります
  • ミリボルト (mV) 出力および増幅 DC 加速度計は、コネクタまたは統合型ケーブル インタフェース付きで、堅牢な 3 軸構成利用可能です
  • デジタル加速度計は、単軸、2 軸または 3 軸加速度計用途向けの、すべてを完備した使いやすいユーザ構成可能なセンサです
  1. Formula E 加速度センサ (英語)

TE Connectivity (TE) と Andretti Autosport とのパートナーシップは、Formula E カー上のロゴにとどまるものではありません。Andretti チームが 4630A 3 軸加速度センサを使用することで、車両の動力学を測定し、運転者の安全性を確保する方法をご覧ください。

関連資料
プラグ アンド プレイ加速度計

プラグ アンド プレイ加速度計

TE Connectivity (TE) は、独自の MEMS、接着型ゲージ、圧電セラミック技術に基づいて、加速度計および振動センサを設計および製造しています。パッケージされた加速度計には、幅広い測定範囲の DC (静的) および AC (動的) 応答と便利なユーザ インタフェースが装備されています。

製品の特長:

TE の AC および DC 加速度計のポートフォリオが備える各種機能
  • -100°F ~ +572°F の帯電出力加速度計 (最大 100pC/g の出力オプション)
  • 高レベル出力、簡易なカストマー インタフェースおよび 20 kHz までの帯域幅を持つ電圧型圧電加速度計
  • クリティカルな用途での動的測定向けの IEPE と帯電出力の 3 軸加速度計
  • 地上から水中まで多くの構成が用意されており、4 ~ 20 mA 信号出力までの電圧を持ち、コネクタまたは統合型ケーブル付きの産業用振動センサ
  • 高 g 衝撃保護と広い帯域幅を備え、自動車安全、トランスポーテーション、モータースポーツおよび航空宇宙市場のお客様をサポートする DC 応答加速度計
  • 増幅加速度計の機能には、オンボードの電源調整、高解像度および -67°F (-20°C) から +257°F (+125°C) の温度補償出力があります
  • ミリボルト (mV) 出力および増幅 DC 加速度計は、コネクタまたは統合型ケーブル インタフェース付きで、堅牢な 3 軸構成利用可能です
  • デジタル加速度計は、単軸、2 軸または 3 軸加速度計用途向けの、すべてを完備した使いやすいユーザ構成可能なセンサです
  1. Formula E 加速度センサ (英語)

TE Connectivity (TE) と Andretti Autosport とのパートナーシップは、Formula E カー上のロゴにとどまるものではありません。Andretti チームが 4630A 3 軸加速度センサを使用することで、車両の動力学を測定し、運転者の安全性を確保する方法をご覧ください。