誘導センサ - マルチコイル レゾルバ

リラクタンス型レゾルバ

ハイブリッド車および電気自動車に対応した燃料消費量センサです。誘導センサは、TE の知性的で、効率に優れた高性能のセンサ ソリューションに関する抜群のポートフォリオの特徴となっています。当社の誘導センサは、ハイブリッド車および電気自動車の各用途で燃料消費量を抑える場合に役立ちます。

当社のリラクタンス型レゾルバは、磁場をスキャンすることによってシンクロナス電気モータの回転子位置を検出するように設計されています。 マルチコイル レゾルバ (MCR) は固定子に組み込まれた複数のコイルで構成されており、PCB で接続されています。MCR は小径のロータで使用され、通常は乾燥用途で使用されます。また、シングルコイル レゾルバ (SCR) は巻線が固定子に直接巻かれており、オイル中での用途を前提として設計されています。SCR は大径のロータで使用され、厚さが低減されており、極端な温度条件でも動作します。当社のレゾルバの性能は、電子装置のレンジ拡大に直接関連しています。MCR と SCR のどちらも通常は 1 つまたは 2 のカバーによって保護されており、ケーブルおよびコネクタが付属します。当社のセンサは、厳格な仕様に合わせて設計および製造されており、カスタムの設計および製造も数多く行われています。当社はお客様とともに協力して、新しく創造的な方法で現在のさまざまな用途における最も困難な問題の解決に取り組んでいます。  

シングルコイル レゾルバ (SCR)
シングルコイル レゾルバ (SCR)
マルチコイル レゾルバ (MCR)
マルチコイル レゾルバ (MCR)
  1. TE のセンサソリューション (英語)

TE のセンサ ソリューションは、インテリジェンス、効率、性能に優れた接続性とセンサのソリューションのポートフォリオを提供し、さまざまな業界のお客様が利用できるようにしています。