CD1110

反作用トルクおよび回転トルクを測定

TE Connectivity (TE) は、反作用トルクおよび回転トルクを測定するソリューションを提供しています。一体型のメカニカル ストップで仕上げられた当社のトルク メータにより、過負荷容量が増加し、取り付けおよび動作時にさらなる保護を提供します。当社では、動的および反作用トルク測定用に、小型の容量センサを幅広く用意しています。当社のコンビネーション センサは、単一のデバイスで反作用トルクと力を同時に測定します。回転位置を検出して、速度測定を行うこともできます。お客様のニーズに合わせて広範なモデルをカスタマイズすることもできます。

製品の特長:

TE の トルク センサ ラインナップが提供する各種機能
  • 非回転部品トルク測定、プロセス制御機器、ロボットおよびエフェクタ、ラボおよび研究、試験および測定などのさまざまな用途向けの設計
  • 堅牢かつ小型の無接点トルク センサに加えて、産業用およびラボ環境の両方で優れた測定を可能にする多くの取り付け構成を使用可能。
  • オーバーロード保護を強化するメカニカル ストップやステンレス鋼製ハウジングなどのさまざまな機能を備えた回転トルク センサ
  • 優れた温度安定度と最大 8,000 lbf-ft の測定レンジの接着された金属箔ひずみゲージを使用して反作用トルクを測定するように設計されたスタティック トルク センサ。
  • 高レベル出力が可能