製品 (53) 概要
線形位置センサ – LVDT/LVIT

線形変位の高精度測定

TE Connectivity (TE) の線形可変差動変圧器 (LVDT)、線形可変誘導型トランスデューサ (LVIT)、絶対位置トランスデューサでは、優れた分解能および再現性で正確な測定を行うことができます。LVDT および LVIT は各種の実装オプションを用意しており、過酷な環境および重要な用途で非常に長い耐久年数を実現します。これらのセンサは、非常に長いサイクル寿命およびほぼ無限の分解能を実現する、摩擦のない非接触型誘導型磁気結合を特徴としています。最も要求の厳しい用途の要件に適合できるよう、TE では既成およびカスタムの実装オプションをご用意しています。

製品の特長:

TE が提供する LVDT および LVIT センサ ラインナップの主な機能
  • AC 駆動 Schaevitz、Macro Sensor、TE Connectivity 線形可変差動変圧器 (LVDT) には電子機器が含まれておらず、過酷な動作環境またはサイズの制約がある用途に最適です
  • DC LVDT では信号調整電子機器が LVDT に組み込まれており、校正または特殊な信号調整が不要です。ユニットは単極または双極性 DC 電圧で稼働でき、電圧、電流またはデジタル出力をスケール調整します
  • バネ荷重型プランジャーおよびベアリング アセンブリ (ゲージヘッド) がある LVDT は簡単に設置できます。AC、DC およびデジタル出力バージョンは +/-0.020” ~ +/-2.000” のレンジに対応可能です
  • セパレート コア LVDT は、ミニチュア (AC)、汎用 (AC、DC、ループ電流)、防水 (DC、ループ電流)、ハーメティック シール済み (AC、DC)、水中 (ループ電流)、危険地域用 (AC)、カスタム セパレート コア LVDT の構成で使用できます
  1. センサにおける精密工学 (英語)

TE Connectivity のフィールド アプリケーション エンジニアである Mike Marciante が、TE の LVDT (線形可変差動変圧器) の位置センサがいかにして最も厳しい環境に耐えるように精密に製造されているかをご説明します。

関連資料
線形位置センサ – LVDT/LVIT

線形変位の高精度測定

TE Connectivity (TE) の線形可変差動変圧器 (LVDT)、線形可変誘導型トランスデューサ (LVIT)、絶対位置トランスデューサでは、優れた分解能および再現性で正確な測定を行うことができます。LVDT および LVIT は各種の実装オプションを用意しており、過酷な環境および重要な用途で非常に長い耐久年数を実現します。これらのセンサは、非常に長いサイクル寿命およびほぼ無限の分解能を実現する、摩擦のない非接触型誘導型磁気結合を特徴としています。最も要求の厳しい用途の要件に適合できるよう、TE では既成およびカスタムの実装オプションをご用意しています。

製品の特長:

TE が提供する LVDT および LVIT センサ ラインナップの主な機能
  • AC 駆動 Schaevitz、Macro Sensor、TE Connectivity 線形可変差動変圧器 (LVDT) には電子機器が含まれておらず、過酷な動作環境またはサイズの制約がある用途に最適です
  • DC LVDT では信号調整電子機器が LVDT に組み込まれており、校正または特殊な信号調整が不要です。ユニットは単極または双極性 DC 電圧で稼働でき、電圧、電流またはデジタル出力をスケール調整します
  • バネ荷重型プランジャーおよびベアリング アセンブリ (ゲージヘッド) がある LVDT は簡単に設置できます。AC、DC およびデジタル出力バージョンは +/-0.020” ~ +/-2.000” のレンジに対応可能です
  • セパレート コア LVDT は、ミニチュア (AC)、汎用 (AC、DC、ループ電流)、防水 (DC、ループ電流)、ハーメティック シール済み (AC、DC)、水中 (ループ電流)、危険地域用 (AC)、カスタム セパレート コア LVDT の構成で使用できます
  1. センサにおける精密工学 (英語)

TE Connectivity のフィールド アプリケーション エンジニアである Mike Marciante が、TE の LVDT (線形可変差動変圧器) の位置センサがいかにして最も厳しい環境に耐えるように精密に製造されているかをご説明します。