製品 (12) 概要
AmbiMate センサ モジュール MS4 シリーズ

AmbiMate センサ モジュール

TE のAmbiMate センサ モジュール MS4 シリーズは、PCB アセンブリでのビルディング オートメーションやコネクテッドホーム アプリケーションに適した一連のセンサを統合します。予備組み立てされたマルチセンサ モジュールは、ホスト製品に簡単に統合することができます。

センシング機能で市場への投入を加速します。 TE の AmbiMate センサ プラットフォームは、デジタル出力を用いてアプリケーションに固有の一連のセンサを単一のプリント基板アセンブリ上に予備組み立てします。「ビッグデータ」への趨勢、IoT、エネルギーと大気環境の管理により、多数のセンサを単一製品へ統合するニーズが拡大しています。AmbiMate センサ モジュールは、OEM で最終製品の設計に組み込むことができる小型でお手頃価格のモジュールです。TE の AmbiMate センサ モジュールを用いることで、お客様の製品にセンサ機能を追加し市場への投入を加速化することができます。

以下の AmbiMate センサ モジュールの説明をご覧ください。詳細については、製品のデータ シートをダウンロードされるか、または当社にお問い合わせください。

4

4 つのコア センサ

3.3

VDC 入力

I2C

出力

4 つのコア センサの機能 MS4 シリーズ センサ モジュールの中核をなすコア センサ – ビルディング オートメーションやコネクテッドホーム アプリケーションで最も必要とされる一般的なセンサ機能を取り込んでいます。 これらの 4 つのコア センサには、動きの検知と、光源レベル、温度および湿度の測定が含まれます。 これらの 4 つのコア センサに加え、オプションの感知機能として音の検知、TVOC および CO2 測定があります。TE の MS4 シリーズ センサ モジュールは、ホスト製品の PCB に簡単に取り付けることができ、センサ モジュールを通してホスト製品により環境データをポーリングすることができます。 ホスト製品でデータの分析を行い、入力データに基づいて判断することができます。 たとえば、MS4 シリーズ センサ モジュールを組み込んだ器具を含む、作業場内に取り付けられた照明の天井グリッドで、温度、湿度、光源レベル、およびスペース全体の占有率を測定するセンサの配列を構築することができます。 この入力により、ビルの制御装置がビルの冷暖房空調設備や照明コントロール システムを調整することで、作業場の快適さを向上したり、一日の時間帯、占有率、外部環境の光に応じて照明を調節することができます。

TE の AmbiMate センサ モジュールを用いることで、メーカーは当社の既製品パッケージを利用して環境センシング機能を備えた製品の市場への投入を加速化することができます。
Scott Hamilton,
プロダクト マネージャ
関連資料
AmbiMate センサ モジュール MS4 シリーズ

AmbiMate センサ モジュール

TE のAmbiMate センサ モジュール MS4 シリーズは、PCB アセンブリでのビルディング オートメーションやコネクテッドホーム アプリケーションに適した一連のセンサを統合します。予備組み立てされたマルチセンサ モジュールは、ホスト製品に簡単に統合することができます。

センシング機能で市場への投入を加速します。 TE の AmbiMate センサ プラットフォームは、デジタル出力を用いてアプリケーションに固有の一連のセンサを単一のプリント基板アセンブリ上に予備組み立てします。「ビッグデータ」への趨勢、IoT、エネルギーと大気環境の管理により、多数のセンサを単一製品へ統合するニーズが拡大しています。AmbiMate センサ モジュールは、OEM で最終製品の設計に組み込むことができる小型でお手頃価格のモジュールです。TE の AmbiMate センサ モジュールを用いることで、お客様の製品にセンサ機能を追加し市場への投入を加速化することができます。

以下の AmbiMate センサ モジュールの説明をご覧ください。詳細については、製品のデータ シートをダウンロードされるか、または当社にお問い合わせください。

4

4 つのコア センサ

3.3

VDC 入力

I2C

出力

4 つのコア センサの機能 MS4 シリーズ センサ モジュールの中核をなすコア センサ – ビルディング オートメーションやコネクテッドホーム アプリケーションで最も必要とされる一般的なセンサ機能を取り込んでいます。 これらの 4 つのコア センサには、動きの検知と、光源レベル、温度および湿度の測定が含まれます。 これらの 4 つのコア センサに加え、オプションの感知機能として音の検知、TVOC および CO2 測定があります。TE の MS4 シリーズ センサ モジュールは、ホスト製品の PCB に簡単に取り付けることができ、センサ モジュールを通してホスト製品により環境データをポーリングすることができます。 ホスト製品でデータの分析を行い、入力データに基づいて判断することができます。 たとえば、MS4 シリーズ センサ モジュールを組み込んだ器具を含む、作業場内に取り付けられた照明の天井グリッドで、温度、湿度、光源レベル、およびスペース全体の占有率を測定するセンサの配列を構築することができます。 この入力により、ビルの制御装置がビルの冷暖房空調設備や照明コントロール システムを調整することで、作業場の快適さを向上したり、一日の時間帯、占有率、外部環境の光に応じて照明を調節することができます。

TE の AmbiMate センサ モジュールを用いることで、メーカーは当社の既製品パッケージを利用して環境センシング機能を備えた製品の市場への投入を加速化することができます。
Scott Hamilton,
プロダクト マネージャ