製品 (223)
CAT-HVSA-3 ジョイントおよびスプライス  1
IEEE 404
  • 絶縁直径 (プラスチック) .65 – 1.05
  • 設計仕様 IEEE 404
CAT-HVS-T-HVSR-T ジョイントおよびスプライス  1
IEEE 404
  • 絶縁直径 (PILC) 1.15 – 1.4
  • 絶縁直径 (プラスチック) 1.15 – 1.5
  • 設計仕様 IEEE 404
CAT-HVS-HVSR-1C ジョイントおよびスプライス  1
IEEE 404
  • 絶縁直径 (PILC) 1.2 – 1.7
  • 絶縁直径 (プラスチック) 1.3 – 1.75
  • 設計仕様 IEEE 404
CAT-HVS-1C ジョイントおよびスプライス  1
IEEE 404
  • 絶縁直径 (プラスチック) .35 – .65
  • 設計仕様 IEEE 404
CAT-HVS-C-SJ ジョイントおよびスプライス  1
IEEE 404
  • 絶縁直径 (プラスチック) .85 – 1.3
  • 設計仕様 IEEE 404
CAT-HVS-Y ジョイントおよびスプライス  1
IEEE 404
  • 絶縁直径 (メイン、Y のみ) .95 – 1.45
  • 絶縁直径 (タップ、Y のみ) .85 – 1.45
  • 設計仕様 IEEE 404
214081-000 ジョイントおよびスプライス  1
IEEE 404
  • 技術 熱収縮
  • 絶縁体 PILC
  • ケーブル シールドのスタイル テープ
  • 付属のメカニカル コネクタ いいえ
  • コア数 3
  • 電圧クラス ≤ 15
  • 絶縁直径 (PILC) .6 – 1
  • 用途のタイプ ライブ エンド シール
  • 設計仕様 IEEE 404
  • 製品在庫状況 アメリカ
  • 設置指示書 英語
240725-000 ジョイントおよびスプライス  1
IEEE 404
  • 技術 熱収縮
  • 絶縁体 プラスチック
  • ケーブル シールドのスタイル JCN
  • 付属のメカニカル コネクタ はい
  • コア数 1
  • 電圧クラス ≤ 25
  • 絶縁直径 (プラスチック) .9 – 1.2
  • 用途のタイプ インライン
  • 設計仕様 IEEE 404
  • 製品在庫状況 ANZPAC
概要
Raychem 熱収縮ジョイント

Raychem 熱収縮ジョイントおよびスプライス

TE のジョイント システムは、ネットワーク効率に関する要求を満たす、より高水準の信頼性とフレキシビリティを提供します。

製品選択のためのエンジニアリング リソースが乏しく、サービスを外注し、修理時間が重視され、ネットワーク内で様々なタイプのケーブルや導線が使われている環境では、信頼できる用途とサービスにつながる製品を提供することが重要です。 TE の Raychem 熱収縮ジョイントは、トリプル押し出し成形による熱収縮エラストマ ジョイント スリーブ コンポーネントをベースにしています。予備加工された熱収縮チューブ セットとして提供されるため、ケーブル接続作業員がシステムの厚みや長さをチェックする必要がありません。当社の設計により、他の多くの代替手法に比べて非常に少ない時間でジョイントを取り付けできるほか、正確な取り付け作業も保証されます。

MXSU

ジョイント システム
  • 包括的なキット
  • 広範な適用範囲
  • 圧着工具が不要
  • スリムな省スペース設計
  • HD 629 に準拠

 

APKJ

厚肉ジョイント
  • 7.2 kV から最大 40.5 kV までの、シールド プラスチック/ゴム取り付けケーブル
  • 無限の保管寿命
  • ポリマ/エラストメリック トリプル押し出し成形ジョイント ボディ
  • 高復元力
  • コンポーネント数を削減
  • GB/T 12706.4 に準拠して試験済み

EHVS-H

ジョイントは最大 72.5 kV までに対応
  • 環境による影響に対して、高水準の機械的保護を提供
  • 防湿性
  • 紙およびポリマのケーブル構造に適合
  • 機械式せん断ボルト コネクタ
  • XLPE・EPR・ペーパー MIND など、さまざまな絶縁レイヤに対応
  • IEEE 404 および IEC 60840 規格に従って試験済み
  1. ポリマ設計のパイオニア (英語)

熱収縮技術の歴史と過去 40 年間にわたり世界中の過酷な環境において実証された性能についてご覧ください。

関連資料
Raychem 熱収縮ジョイント

Raychem 熱収縮ジョイントおよびスプライス

TE のジョイント システムは、ネットワーク効率に関する要求を満たす、より高水準の信頼性とフレキシビリティを提供します。

製品選択のためのエンジニアリング リソースが乏しく、サービスを外注し、修理時間が重視され、ネットワーク内で様々なタイプのケーブルや導線が使われている環境では、信頼できる用途とサービスにつながる製品を提供することが重要です。 TE の Raychem 熱収縮ジョイントは、トリプル押し出し成形による熱収縮エラストマ ジョイント スリーブ コンポーネントをベースにしています。予備加工された熱収縮チューブ セットとして提供されるため、ケーブル接続作業員がシステムの厚みや長さをチェックする必要がありません。当社の設計により、他の多くの代替手法に比べて非常に少ない時間でジョイントを取り付けできるほか、正確な取り付け作業も保証されます。

MXSU

ジョイント システム
  • 包括的なキット
  • 広範な適用範囲
  • 圧着工具が不要
  • スリムな省スペース設計
  • HD 629 に準拠

 

APKJ

厚肉ジョイント
  • 7.2 kV から最大 40.5 kV までの、シールド プラスチック/ゴム取り付けケーブル
  • 無限の保管寿命
  • ポリマ/エラストメリック トリプル押し出し成形ジョイント ボディ
  • 高復元力
  • コンポーネント数を削減
  • GB/T 12706.4 に準拠して試験済み

EHVS-H

ジョイントは最大 72.5 kV までに対応
  • 環境による影響に対して、高水準の機械的保護を提供
  • 防湿性
  • 紙およびポリマのケーブル構造に適合
  • 機械式せん断ボルト コネクタ
  • XLPE・EPR・ペーパー MIND など、さまざまな絶縁レイヤに対応
  • IEEE 404 および IEC 60840 規格に従って試験済み
  1. ポリマ設計のパイオニア (英語)

熱収縮技術の歴史と過去 40 年間にわたり世界中の過酷な環境において実証された性能についてご覧ください。

CAT-HVSA-3 ジョイントおよびスプライス  1
IEEE 404
  • 絶縁直径 (プラスチック) .65 – 1.05
  • 設計仕様 IEEE 404
CAT-HVS-T-HVSR-T ジョイントおよびスプライス  1
IEEE 404
  • 絶縁直径 (PILC) 1.15 – 1.4
  • 絶縁直径 (プラスチック) 1.15 – 1.5
  • 設計仕様 IEEE 404
CAT-HVS-HVSR-1C ジョイントおよびスプライス  1
IEEE 404
  • 絶縁直径 (PILC) 1.2 – 1.7
  • 絶縁直径 (プラスチック) 1.3 – 1.75
  • 設計仕様 IEEE 404
CAT-HVS-1C ジョイントおよびスプライス  1
IEEE 404
  • 絶縁直径 (プラスチック) .35 – .65
  • 設計仕様 IEEE 404
CAT-HVS-C-SJ ジョイントおよびスプライス  1
IEEE 404
  • 絶縁直径 (プラスチック) .85 – 1.3
  • 設計仕様 IEEE 404
CAT-HVS-Y ジョイントおよびスプライス  1
IEEE 404
  • 絶縁直径 (メイン、Y のみ) .95 – 1.45
  • 絶縁直径 (タップ、Y のみ) .85 – 1.45
  • 設計仕様 IEEE 404
214081-000 ジョイントおよびスプライス  1
IEEE 404
  • 技術 熱収縮
  • 絶縁体 PILC
  • ケーブル シールドのスタイル テープ
  • 付属のメカニカル コネクタ いいえ
  • コア数 3
  • 電圧クラス ≤ 15
  • 絶縁直径 (PILC) .6 – 1
  • 用途のタイプ ライブ エンド シール
  • 設計仕様 IEEE 404
  • 製品在庫状況 アメリカ
  • 設置指示書 英語
240725-000 ジョイントおよびスプライス  1
IEEE 404
  • 技術 熱収縮
  • 絶縁体 プラスチック
  • ケーブル シールドのスタイル JCN
  • 付属のメカニカル コネクタ はい
  • コア数 1
  • 電圧クラス ≤ 25
  • 絶縁直径 (プラスチック) .9 – 1.2
  • 用途のタイプ インライン
  • 設計仕様 IEEE 404
  • 製品在庫状況 ANZPAC