arinc-600

次世代の技術

TE の ARINC 600 リセプタクルには、従来のねじ切り盤加工の端子システムに代わり、スタンプ&フォームド端子システムが採用されています。その結果、大幅なコスト削減を図る軽量設計となっています。スタンプ システムでは、端子全体ではなく重要なソケット接点のタインのみが選択的に金めっきされるため、金めっきのコストが低減します。また、従来設計の固体端子を中空端子に変えることによって、最大 10% の軽量化を図り、さらに後方互換性が確保されています。

製品の特長

TE の ARINC 600 コネクタ
  • 既存の ARINC 600 プラグ コネクタとの完全な相互嵌合
  • 製造プロセスを簡略化し、コストを削減する「モノブロック」シングルピース インサート
  • 選択的にめっき処理されたサイズ 22 のスタンプ&フォームド端子により、優れた性能と信頼性を発揮しながら大幅なコスト削減を実現
  • 現行の設計と同等の電気性能
  • はんだテールまたは圧入 (EON 型) 設計をご用意
  • コネクタごとに最大 10% の軽量化 (インサートの配置により異なります)

規格および仕様

ARINC 600

はんだテール:

EON 設計:

108-2423

108-2384

ARINC 600-18: 航空輸送用電子機器インタフェース
製品検証試験レポート: 502-1263
取付適用規格 (EON 設計): 114-13272
arinc-600
TE の次世代型 ARINC 600 リセプタクルには、ARINC 600 コネクタ市場の画期的な技術を代表する、実証済みのコネクタ設計原理が適用されています。

製品タイプ

ARINC 600

 

リセプタクル ハウジング TE 型番 端子のスタイル   インサートのレイアウト  
サイズ 2 2101697-1 はんだテール 150 150 13C2
サイズ 3  2101698-1 はんだテール

150

150

150

150

13C2

100

サイズ 2 2101004-1 圧入 EON 150 150 68Q2
サイズ 3 2101003-1 圧入 EON

150

150

150

150

13C2

13C2