SPF コネクタ製品ラインナップ

小さなサイズで大きな性能

当社のスモール フォームファクタ プラガブル (SFP) I/O 相互接続の広範な製品ラインナップは、お客様の設計要件を満たすフレキシブルで費用対効果の高いソリューションを提供するために開発されました。

TE が提供する I/O 相互接続用 SFP 製品は、いずれも最大 28 ギガビット/秒 (Gbps) NRZ および 56 Gbps PAM-4 の速度でデータを転送するよう設計されています。 PCB スペースの制約に応じて、zSFP+、SFP+、Micro SFP+、SFP の中からお選びいただけます。いずれもサーフェスマウント技術 (SMT) コネクタとケージを備えており、複数の構成が用意されています。全体的なエネルギ効率を向上させるため、これらの製品の多くは高い EMI 性能または熱性能を発揮するよう設計されています。SFP 製品ラインナップは熱放散に効果的な設計を採用しているため、システムの温度を下げてシステム性能を向上させるとともに、システム全体の動作に必要なパワーも抑制します。 

信号品質

信号品質を高めるため、ラッチプレート領域に着目して EMI の低減と回路性能の低下防止を図り、規格への準拠を保証します。EMI スプリングを備えたバージョンと EMI エラストマ材ガスケットのバージョンがあり、お客様のシステム要件に合わせてお選びいただけます。 

≤ 56

最大 28 Gbps NRZ および 56 Gbps PAM-4 のデータ転送速度

↓熱

熱の分散と性能の向上に効果的

↓アンペア

システム全体の動作に必要な電力を抑制

主な特長と利点

性能とフレキシビリティ
  • 最大 28 Gbps NRZ および 56 Gbps PAM-4 のアプリケーションをサポート
  • 単一ポート、ギャング (1xN) 構成、スタック (2xN) 構成のケージに加えて、両面基板接続ケージもご用意
  • EMI 抑制のためにエラストマ材ガスケットまたはスプリングを装備
  • ヒート シンクおよびライトパイプ オプションをご用意
  • スタック構成のケージはハイスピードコネクタを内蔵
適合性
  • SFF-8431 仕様に準拠
  • SFP に対応したダイレクトアタッチ銅線ケーブル アセンブリおよび LC 光コネクタ/ケーブル アセンブリを補完
  • ケージは PCI カード用途に使用可能 (1 度の取り付け角度)
サーバ
エンタープライズ ストレージ: サーバ
ネットワーク機器
ネットワーク機器: ルータ、光伝送スイッチ
基地局
電気通信: リモート無線ヘッド、基地局スイッチ

適用事例

製品別
  • エンタープライズ ストレージ: サーバ
  • ネットワーク機器: ルータ、光伝送スイッチ
  • 電気通信: リモート無線ヘッド、基地局スイッチ
プロトコル別
  • 25 Gbps Ethernet
  • 1 G、2 G、4 G、8 G、16 G ファイバ チャネル
  • InfiniBand 規格 SDR (2.5 Gbps)、DDR (5 Gbps)、QDR (10 Gbps)
  • Fiber channel over Ethernet (FCoE)
  • シリアル データ伝送
SFP
SFP: 基本製品。SFP ケージには EMI スプリングがプレス加工されています。
SFP+
SFP+: 拡張構成で、優れた EMI スプリングを備えています。10G ソリューションにはエラストマ材ガスケットのオプションもあります。
zSFP+
zSFP+: ケージの底に胴部ガスケットを備えています。性能が 25G に強化されています。
Micro SFP+
Micro SFP+: SFP+ 製品よりも長さと幅が小さくなっています。

よくある質問

Q: TE の SFP 製品の設置面積は他社製品と互換性がありますか?

A: 場合によります。一般に、単一ポートの SFP ケージはすべて、業界標準に従って設計されています。ギャング バージョンの SFP は他のどのサプライヤとも互換性はありません。TE と Molex は完全に互換性のある zSFP+ 製品を販売していますが、その他の SFP28 ソリューションは互換性がない場合があります。正確な部品または用途に関する互換性については、最寄りの TE 担当者までお問い合わせください。

 

Q: SFP、SFP+、zSFP+ の各製品には後方互換性はありますか?
A: はい、ほとんどの場合、コネクタとケーブル アセンブリにはすべて後方互換性があります。たとえば、SFP コネクタを SFP+ コネクタに直接交換することで、システムを簡単にアップグレードできます。これらは標準製品であるので、ケーブル アセンブリもシステム間で互換性があります。つまり、SFP 銅線ケーブル アセンブリを SFP+ ケージに挿入し、ボード上の SFP+ コネクタと嵌合できます。

SFP/SFP+ コネクタについてその他の質問もご覧ください