MTA 156 コネクタ

適用コストの削減

MTA コネクタは、絶縁変位端子 (IDC) 技術に基づく電線対基板および電線対電線システムです。MTA 100 コネクタは 0.100 [2.54] ピッチで 1 列構成の端子を備え、MTA 156 コネクタは 0.156 [3.96] ピッチで 1 列構成の端子を備えています。設計には、ディジーチェーン用途に対応したワイヤのフィードスルー機能が採用されています。絶縁変位端子 (IDC) の使用により、さまざまな導線サイズの結線に対応します。また、適切なリセプタクル アセンブリとストレイン リリーフ カバーを使用すると、リボン ケーブルを結線することもできます。ボード マウント用途向けのヘッダ アセンブリには、スルーホールおよびサーフェス マウント構成で利用できる、ライト アングルおよび垂直マウント製品が用意されています。

製品の特長

MTA コネクタ

MTA 100 コネクタ

  • 2 ~ 28 極、シュラウド付きヘッダ 2 ~ 14
  • AWG 28 ~22 の個別配線または刻み目付きリボン ケーブルを結線
  • 250 V、5 A 定格

 

MTA 156 コネクタ

  • 2 ~ 24 極
  • AWG 18 ~26 を結線
  • 600 V、最大定格 7 A

 

両タイプ共通

  • ワイヤ ゲージ別に色分けされたハウジング
  • 錫めっき、15 および 30 金めっきのオプション
  • クリック音で確認できる電線対電線 (ポスト付き) ハウジング用ラッチ

ワイヤのマス ターミネーションにより、どのようなケーブルやハーネスのアセンブリにも必要とされる作業負荷が大幅に軽減され、適用コストを最小限に抑えます。 ハーネス加工または機器組み立てに必要な作業量を軽減します。ワイヤの多数結線には、当社の MTA コネクタをご利用ください。