AMPMODU 相互接続システム ファミリについて

接続信頼性

AMPMODU System 50 コネクタ ファミリには、各種の基板対基板および電線対基板の高密度コネクタがあります。ケーブル適用リセプタクルは、リボン ケーブルまたは FFC ケーブル結線で利用できます。

利点のあるコンパクトなシステム。 コンポーネントの可能性は多岐にわたり、これに小型化と卓越した品質が組み合わされた AMPMODU System 50 は、高密度システムに適しています。有極ハウジングにより、誤接続を防止し、ユーザーの安全性と端子保護を確保することができます。過大応力防止内蔵機能付きの二重カンチレバー端子ビームは信頼性が高く、激しい衝撃や振動を伴う用途に最適です。

ラッチ

入手可能

.050

中心線

特徴

  • コンポーネントおよび用途の可能性は多岐にわたり、これに小型化と卓越した品質が組み合わされた AMPMODU System 50 は、高密度システムに適しています
  • 有極ハウジングによって誤接続を防止できます
  • シュラウド付きハウジングによってユーザーの安全性と端子保護が確保されます
  • 一体型ラッチによるロック機能を提供します
  • 端子絶縁サポートは長寿命の用途に最適です
  • 過大応力防止内蔵機能付きの二重カンチレバー端子ビームは信頼性が高く、激しい衝撃や振動を伴う用途に最適です
  • リボン ケーブル コネクタによって基板スペースが節約され、ラッチ高さの互換性の問題が解消されます
  • リボン ケーブル コネクタのほか、フラット フレキシブル ケーブル製品も使用できます

用途

  • ストレージ装置
  • 医療機器
  • ゲーム機
  • 自動車制御
  • サーバ
  • 試験および測定デバイス
  • ファクトリー オートメーション
  • 電気通信機器