高速バックプレーン コネクタ

データ フローを確保

データ速度の向上と信号立ち上がり時間の短縮に伴い、さらに高性能なハイスピード コネクタが求められています。TE による 6.25 Gbps ~ 56 Gbps バックプレーン コネクタのラインナップは、スムーズなデータ フローを確保します。

製品概要

高速バックプレーン コネクタ

TE では、高速バックプレーン コネクタを幅広く取り揃えており、性能面での課題を解決するにあたって必要とされる、柔軟なシステム設計が可能です。サーバ・スイッチ・ルータ・光伝送用途には、TE の高速バックプレーン コネクタをご検討ください。

注目製品

STRADA Whisper バックプレーン コネクタ

STRADA Whisper バックプレーン ファミリは、高性能、高帯域幅システムに対するエンド クライアントのニーズを念頭に置いて設計されています。革新的な設計により 25 Gbps という高速なデータ伝送を実現するだけでなく、最大 56 Gbps という他に類を見ない拡張性を備えています。これにより、コストのかかるバックプレーンやミッドプレーンの再設計を行うことなく、将来的なシステムのアップグレードを効率的に実現できます。

STRADA Whisper 製品ファミリは、極めて低いノイズ、低い挿入損失、スキューがほとんどまたはまったく発生しない状態で動作します。このような特長から、システム設計上の自由度が高まり、設計マージンも大きくなります。100 Ω と 85 Ω の用途に向けた専用バージョンもご用意しており、インピーダンスの不連続性のために性能面で妥協する必要がありません。

STRADA Whisper コネクタ ファミリは、市販されている多くの高速バックプレーン コネクタと機械的に同形状であることから、実装が容易です。折り曲げられた信号ピンが強力な保護用の C 字形シールドで囲まれている点が他の製品とは異なっており、市場で最も堅牢な製品ファミリのひとつとなっています。さらに、コネクタのフットプリントによりクロストークが抑えられ、コネクタ全体の設計には最新の EON (Eye-Of-Needle) 技術が使われています。

STRADA Whisper コネクタを使用して 10 Gbps から 25 Gbps システムへのスムーズな移行を実現するため、TE では当社の優れたシグナル インテグリティ・メカニカル担当エンジニアから構成された専門家チームを編成して、お客様のアーキテクチャに適したソリューション開発のお手伝いをいたします。従来のバックプレーンや直交ミッドプレーン、さらにはケーブル配線されたバックプレーン システムまで、お客様のシステム アーキテクチャ実現に最適の STRADA Whisper 製品ラインナップを提案いたします。

25-56

データ転送速度 25 Gbps ~ 56 Gbps

2014

2014 DesignVision Award を受賞

<1 dB

挿入損は 1 dB 未満、20 GHz まで線形上昇

STRADA Whisper コネクタ ファミリ
STRADA Whisper コネクタ ファミリ
  1. データ センタの再構成、STRADA Whisper バックプレーン コネクタ (英語)

TE のプロダクト マネージャー Doug Lawrence が、STRADA Whisper コネクタをお客様の通信システムに組み込むことで、競争でどのように優位に立てるのかについて説明します。革新的な設計により、25 ~ 56 Gbps という高速なデータ転送が実現します。また、極めて低いノイズ、低い挿入損、スキューがほとんどまたはまったく発生しない状態で動作します。

Z-PACK Slim UHD コネクタ
Z-PACK Slim UHD コネクタ
IMPACT バックプレーン コネクタ
IMPACT バックプレーン コネクタ
Z-PACK HM-eZd+ コネクタ
Z-PACK HM-eZd+ コネクタ