概要
水中コネクタ技術およびシステム

SEACON...水中コネクタ技術およびシステムの最先端製品

海軍、オフショア油田およびガス田、ROV、および海洋学研究といった用途に使用できます。

当社が設立されてから 45 年以上もの間において、新しく買収した TE Connectivity SEACON グループは 2500 種類を超えるさまざまな水中電気ケーブルおよび光ファイバ ケーブル用コネクタを製造した世界的メーカーに成長しました。 これには、電気ケーブル用ドライ嵌合、光ファイバー ケーブル用ハイブリッド ドライ嵌合、電気ケーブル用水中嵌合対応、電気ケーブル用ウェット嵌合、光ファイバー ケーブル用水中嵌合対応コネクタ、油井、フィールド設置可能、水中スイッチ、ペネトレーター、特殊製品などが含まれます。アフターケア サービス、現場サポート、試験施設、社内 CNC および製造、特殊モールド成形、設計およびエンジニアリング、研究および開発ならびにプロジェクト管理などのサービスを提供できます。 

水中嵌合対応コネクタの動作に関する考慮事項

「ウェット嵌合コネクタ」

水中嵌合対応コネクタにより、海中用途に対応したモジュラ コンポーネントの設計が可能になりました。特に、このようなウェット嵌合技術により、海底で
海底システムを組み立てられるようになりました。そのため、モジュラ システムのサイズと重量を設置機器の制限内で最大限に高められるようになりました。また、海中への設置後であっても、このようなモジュールを接続して、相互接続および配電された通信システムやコントロール システム、監視システムを使用することができます。水中嵌合対応コネクタの選択における主要な考慮事項としては、仕様を基準とした製品の動作モードの選択と、それによるコストが挙げられます。

水中嵌合対応コネクタは、水中で電気回路または光回路を接続する目的で使用します。電気導体や光ファイバ ケーブルあるいはその両方を含む水中ケーブルやオイルが充填されたホースの結線が可能です。これにより、ダイバーだけでなく遠隔操作無人探査機 (ROV) や自律式水中ビークル (AUV)、自動接続システムなどを使って、2 分割された機器を水中で接続する作業が容易になります。そのため、石油ガス、防衛、海洋学研究の各分野で水中システムのモジュール化が大幅に進歩し、以下のようなことが可能になります。

  • モジュラ サブシステムを 1 つずつ水中に設置し、後でそれぞれを相互に接続することで配電と通信を行い、
    大規模な水中システムを形成する
  • 診断メンテナンス用または将来的な拡張を目的としたポートを用意しておく
  • 使用する設置機器の制限に合わせてモジュラ システムを設計する

電気ケーブル用ウェット嵌合

特徴
  • 最大 50 A
  • 最大 20,000 psi
  • 最大 42 端子
  • 標準で SO ケーブルを使用
  • 新しいピン設計により、シーリング界面の潜在的な摩耗を削減
  • 最大 DC 600 V (標準ケーブル使用時)
  • 丸形、分割、フラットの各構成
  • 銅合金、ネオプレン ゴム、Delrin® (アセタール樹脂に対する DuPont 社の商標)
  • 一般的な用途: ダイバーの通信、UWTV、照明、ROV

光ファイバ ケーブル用ハイブリッド ドライ嵌合

特徴
  • 最大 20,000 psi
  • シングルモードおよびマルチモード
  • 一部のコネクタ スタイルおよびタイプではガラス密閉オプションをご用意
  • スタンダード コネクタ製品を使用した場合: MINI-CON、MSS、OPTI-CON、CS-MS、XSE
  • 挿入損 < 1.0dB (または < 0.5dB)
  • 一般的な用途: ソナーおよび監視システム、ROV/AUV、BOP 監視装置、ニュートリノ検出、応力監視、海中カメラ システムおよび油井用途
関連資料
水中コネクタ技術およびシステム

SEACON...水中コネクタ技術およびシステムの最先端製品

海軍、オフショア油田およびガス田、ROV、および海洋学研究といった用途に使用できます。

当社が設立されてから 45 年以上もの間において、新しく買収した TE Connectivity SEACON グループは 2500 種類を超えるさまざまな水中電気ケーブルおよび光ファイバ ケーブル用コネクタを製造した世界的メーカーに成長しました。 これには、電気ケーブル用ドライ嵌合、光ファイバー ケーブル用ハイブリッド ドライ嵌合、電気ケーブル用水中嵌合対応、電気ケーブル用ウェット嵌合、光ファイバー ケーブル用水中嵌合対応コネクタ、油井、フィールド設置可能、水中スイッチ、ペネトレーター、特殊製品などが含まれます。アフターケア サービス、現場サポート、試験施設、社内 CNC および製造、特殊モールド成形、設計およびエンジニアリング、研究および開発ならびにプロジェクト管理などのサービスを提供できます。 

水中嵌合対応コネクタの動作に関する考慮事項

「ウェット嵌合コネクタ」

水中嵌合対応コネクタにより、海中用途に対応したモジュラ コンポーネントの設計が可能になりました。特に、このようなウェット嵌合技術により、海底で
海底システムを組み立てられるようになりました。そのため、モジュラ システムのサイズと重量を設置機器の制限内で最大限に高められるようになりました。また、海中への設置後であっても、このようなモジュールを接続して、相互接続および配電された通信システムやコントロール システム、監視システムを使用することができます。水中嵌合対応コネクタの選択における主要な考慮事項としては、仕様を基準とした製品の動作モードの選択と、それによるコストが挙げられます。

水中嵌合対応コネクタは、水中で電気回路または光回路を接続する目的で使用します。電気導体や光ファイバ ケーブルあるいはその両方を含む水中ケーブルやオイルが充填されたホースの結線が可能です。これにより、ダイバーだけでなく遠隔操作無人探査機 (ROV) や自律式水中ビークル (AUV)、自動接続システムなどを使って、2 分割された機器を水中で接続する作業が容易になります。そのため、石油ガス、防衛、海洋学研究の各分野で水中システムのモジュール化が大幅に進歩し、以下のようなことが可能になります。

  • モジュラ サブシステムを 1 つずつ水中に設置し、後でそれぞれを相互に接続することで配電と通信を行い、
    大規模な水中システムを形成する
  • 診断メンテナンス用または将来的な拡張を目的としたポートを用意しておく
  • 使用する設置機器の制限に合わせてモジュラ システムを設計する

電気ケーブル用ウェット嵌合

特徴
  • 最大 50 A
  • 最大 20,000 psi
  • 最大 42 端子
  • 標準で SO ケーブルを使用
  • 新しいピン設計により、シーリング界面の潜在的な摩耗を削減
  • 最大 DC 600 V (標準ケーブル使用時)
  • 丸形、分割、フラットの各構成
  • 銅合金、ネオプレン ゴム、Delrin® (アセタール樹脂に対する DuPont 社の商標)
  • 一般的な用途: ダイバーの通信、UWTV、照明、ROV

光ファイバ ケーブル用ハイブリッド ドライ嵌合

特徴
  • 最大 20,000 psi
  • シングルモードおよびマルチモード
  • 一部のコネクタ スタイルおよびタイプではガラス密閉オプションをご用意
  • スタンダード コネクタ製品を使用した場合: MINI-CON、MSS、OPTI-CON、CS-MS、XSE
  • 挿入損 < 1.0dB (または < 0.5dB)
  • 一般的な用途: ソナーおよび監視システム、ROV/AUV、BOP 監視装置、ニュートリノ検出、応力監視、海中カメラ システムおよび油井用途