Kappa 322 ワイヤ ストリッパ

Kappa 322 ストリッパー

Kappa 322 は、複数の内部導体、フラット ケーブル、および単一より線を加工できる柔軟性に富んだ切断および被覆除去装置です。

ワイヤの駆動軸に使用されている特許取得済みの独自の自在軸受け技術を採用しています。 この機能により、2 つの異なる加工位置を利用できます。この装置は、さまざまな特殊用途や、多極ケーブルの内側のワイヤの分離と加工に対応できるように設計されています。

特徴

使いやすいインタフェース
  • 多様なオプションとソリューションによって幅広い加工に対応 
  • ケーブルのセットアップを支援する革新的なセンサ
  • 直感的で柔軟性に富んだシンプルなタッチスクリーン操作
  • 上流機器と下流機器のシンプルな統合 
  • インクジェットの接続、型番リストの生成、およびネットワーク ソリューションを提供する TopWin
  • ローラまたはベルト駆動を選択できる強力なモータ駆動プルオフで、最適な搬送を実現
  • 簡単な動作でロックが可能なブレード ユニットにより、セットアップが迅速かつ容易
  • 高度な分離アプローチで最大 3 x 2.5mm² の内部導体ケーブルの加工が可能
Kappa 322 ワイヤ ストリッパ

Kappa 322 ストリッパー

Kappa 322 は、複数の内部導体、フラット ケーブル、および単一より線を加工できる柔軟性に富んだ切断および被覆除去装置です。

ワイヤの駆動軸に使用されている特許取得済みの独自の自在軸受け技術を採用しています。 この機能により、2 つの異なる加工位置を利用できます。この装置は、さまざまな特殊用途や、多極ケーブルの内側のワイヤの分離と加工に対応できるように設計されています。

特徴

使いやすいインタフェース
  • 多様なオプションとソリューションによって幅広い加工に対応 
  • ケーブルのセットアップを支援する革新的なセンサ
  • 直感的で柔軟性に富んだシンプルなタッチスクリーン操作
  • 上流機器と下流機器のシンプルな統合 
  • インクジェットの接続、型番リストの生成、およびネットワーク ソリューションを提供する TopWin
  • ローラまたはベルト駆動を選択できる強力なモータ駆動プルオフで、最適な搬送を実現
  • 簡単な動作でロックが可能なブレード ユニットにより、セットアップが迅速かつ容易
  • 高度な分離アプローチで最大 3 x 2.5mm² の内部導体ケーブルの加工が可能