AMP-O-LECTRIC モデル G II ターミネータ

モデル G II ターミネータ

柔軟性、信頼性、安全性を考慮して設計されたモデル G II 装置は、クリンプ ハイトの精度調整できます。オプションの CQM II と組み合わせて使用すると、高品質な製品に求められる厳しい公差を維持することができます。

オペレータの使い勝手を念頭に設計されています。 モデル G II は、市場で最も静音性に優れたターミネータのひとつです。キャビネット下と目標領域へのアクセスが改善され、照明装置が大幅に強化されています。可変速度オプションを備えており、低速のラムとフィード速度によって、慎重を要する用途にも対応できる柔軟性が生まれます。工具不要の切り替え機能により、セットアップはすばやく簡単です。この装置ではガードが改善されており、自由なアクセスが確保されているため、エンドフィード式、サイドフィード式のどちらでも迅速でスムーズな取り付けができます。本製品は、該当する CE および国内の安全要件に適合しています。

  1. GII 電動ベンチ トップ ターミネータのビデオ (英語)

この説明ビデオでは、TE の最新の電動ベンチ トップ ターミネータ、GII 装置のさまざまな機能をご紹介します。

特長

高度な設計、ブラシレス モータ
  • 照明装置の強化
  • 工具不要のアプリケータ切り替え
  • クリンプ ハイトのマニュアル精度調整
  • 合計およびバッチ カウンタ
  • メンテナンスの必要性を低減
  • 分割サイクル動作

5,000

最大圧着力 5,000 N

2,000

動作 1 時間あたり 2,000 サイクル

モデル G II 装置

精度重視

モデル G II 装置のすべてのバージョンに、重要なクリンプ ハイト精度調整機能が装備されています。この機能をオプションの圧着品質管理モニタ (CQM II) と組み合わせることにより、今日の高品質な製品に求められる再現可能な厳しいクリンプ公差を実現することができます。ダイヤルを再設定するだけで、0.457 mm (0.018 インチ) の範囲にわたり 0.013 mm (0.0005 インチ) 単位でクリンプ ハイトを調整できます。

圧着品質管理モニタ (CQM II)

オプション

クリンプ ハイトは、クリンプの厳格な機械的・電子的特性を保証する、最も優れた非破壊的手段です。クリンプ ハイトは、新しい CQM II の 5 種類のプロセス分析手法のひとつです。

CQM II には、強化されたモニタ機能およびグラフ表示機能とともに、使いやすく直観的なメニューが新たに採用されています。また、TE 以外のターミネータで CQM II を使用できるように性能が強化されています。汎用性、精密度、利便性を備えたこの新しいユニットにより、お客様の生産領域全体にわたって TE の圧着品質管理モニタを標準として配備することができます。

被覆除去モジュール

オプション

被覆除去モジュールを AMP 3K、AMP 5K、またはモデル G II に組み合わせると、同じ装置でワイヤの被覆除去と端子の圧着ができる経済的で高度な手法が実現します。

ワイヤの被覆除去のみに必要とされる専用の装置はもう必要ありません。ワイヤは圧着直前に被覆除去されるため、取り扱い時または保管時にワイヤの導線を破損することがありません。また、ワイヤが開始センサにフィードされた時点で被覆除去モジュールが残りの処理を行うため、ワイヤの位置決め精度も向上します。

特長

オプションの被覆除去モジュール
  • 現場設置または工場から単一のユニットとして提供
  • エンドフィードおよびサイドフィードの HDM アプリケータに対応 – 32 ~ 14 AWG (多少の加工が必要)
  • 3 種類の動作モード (圧着のみ、被覆除去のみ、被覆除去と圧着)
  • 足踏みスイッチまたはセンサによる起動
  • 迅速なアプリケータ切り替えと容易な調整
  • エア ブラストによりスラグを収集トレイに排出
  • 窒化チタンでコーティングされた寿命の長いストリップ ブレード
G II
AMP-O-LECTRIC モデル G II ターミネータ

モデル G II ターミネータ

柔軟性、信頼性、安全性を考慮して設計されたモデル G II 装置は、クリンプ ハイトの精度調整できます。オプションの CQM II と組み合わせて使用すると、高品質な製品に求められる厳しい公差を維持することができます。

オペレータの使い勝手を念頭に設計されています。 モデル G II は、市場で最も静音性に優れたターミネータのひとつです。キャビネット下と目標領域へのアクセスが改善され、照明装置が大幅に強化されています。可変速度オプションを備えており、低速のラムとフィード速度によって、慎重を要する用途にも対応できる柔軟性が生まれます。工具不要の切り替え機能により、セットアップはすばやく簡単です。この装置ではガードが改善されており、自由なアクセスが確保されているため、エンドフィード式、サイドフィード式のどちらでも迅速でスムーズな取り付けができます。本製品は、該当する CE および国内の安全要件に適合しています。

  1. GII 電動ベンチ トップ ターミネータのビデオ (英語)

この説明ビデオでは、TE の最新の電動ベンチ トップ ターミネータ、GII 装置のさまざまな機能をご紹介します。

特長

高度な設計、ブラシレス モータ
  • 照明装置の強化
  • 工具不要のアプリケータ切り替え
  • クリンプ ハイトのマニュアル精度調整
  • 合計およびバッチ カウンタ
  • メンテナンスの必要性を低減
  • 分割サイクル動作

5,000

最大圧着力 5,000 N

2,000

動作 1 時間あたり 2,000 サイクル

モデル G II 装置

精度重視

モデル G II 装置のすべてのバージョンに、重要なクリンプ ハイト精度調整機能が装備されています。この機能をオプションの圧着品質管理モニタ (CQM II) と組み合わせることにより、今日の高品質な製品に求められる再現可能な厳しいクリンプ公差を実現することができます。ダイヤルを再設定するだけで、0.457 mm (0.018 インチ) の範囲にわたり 0.013 mm (0.0005 インチ) 単位でクリンプ ハイトを調整できます。

圧着品質管理モニタ (CQM II)

オプション

クリンプ ハイトは、クリンプの厳格な機械的・電子的特性を保証する、最も優れた非破壊的手段です。クリンプ ハイトは、新しい CQM II の 5 種類のプロセス分析手法のひとつです。

CQM II には、強化されたモニタ機能およびグラフ表示機能とともに、使いやすく直観的なメニューが新たに採用されています。また、TE 以外のターミネータで CQM II を使用できるように性能が強化されています。汎用性、精密度、利便性を備えたこの新しいユニットにより、お客様の生産領域全体にわたって TE の圧着品質管理モニタを標準として配備することができます。

被覆除去モジュール

オプション

被覆除去モジュールを AMP 3K、AMP 5K、またはモデル G II に組み合わせると、同じ装置でワイヤの被覆除去と端子の圧着ができる経済的で高度な手法が実現します。

ワイヤの被覆除去のみに必要とされる専用の装置はもう必要ありません。ワイヤは圧着直前に被覆除去されるため、取り扱い時または保管時にワイヤの導線を破損することがありません。また、ワイヤが開始センサにフィードされた時点で被覆除去モジュールが残りの処理を行うため、ワイヤの位置決め精度も向上します。

特長

オプションの被覆除去モジュール
  • 現場設置または工場から単一のユニットとして提供
  • エンドフィードおよびサイドフィードの HDM アプリケータに対応 – 32 ~ 14 AWG (多少の加工が必要)
  • 3 種類の動作モード (圧着のみ、被覆除去のみ、被覆除去と圧着)
  • 足踏みスイッチまたはセンサによる起動
  • 迅速なアプリケータ切り替えと容易な調整
  • エア ブラストによりスラグを収集トレイに排出
  • 窒化チタンでコーティングされた寿命の長いストリップ ブレード
G II