Zeta 651 ハーネス メーカ

Zeta シリーズ ハーネス メーカ

全自動の Zeta 633 圧着装置と Zeta 651 および Zeta 656 ブロック ローダを組み合わせて、幅広い複雑さに柔軟に対応するワイヤ ハーネスの全自動生産システムを構築できます。この装置設計を利用すれば、ワイヤ ハーネスを同時に生産してリード セットあたりのコストを削減することが可能です。

Zeta 633/633 L

製品情報

Zeta 633 ハーネス メーカは、ジャストインタイム生産に使用する非常にフレキシブルな全自動圧着装置です。柔軟性の高い装置コンセプトにより、小さいジョブやワイヤ シーケンスの取り扱いにおいてほぼ無限の可能性を切り開きます。

最大 36 種類の導線を切り替えなしに供給することが可能です。ワイヤの搬送は、各導線の固有の特性に適合させることができます。ループ搬送原理を適用して、ループの 2 つのワイヤ端を 1 つずつ順に適切な処理ステーションに送ります。

特徴

Zeta 633/633 L
  • 最大 36 種類の導線を切り替えなしに処理可能
  • ステーションのレイアウトを目的に合わせて定義可能
  • 既存の処理ステーションとの完全な統合
  • 高い処理品質
  • TopWin ソフトウェア: 既存の操作性をすぐに適用可能
  • 優れたアクセス性と安全性
  • 拡張可能
  • Zeta 651 および Zeta 655 装置に送るための前準備
  • 良品/不良品分類を含む完全に一体化された品質監視
  • 顧客が指定した特殊用途に対応可能
Zeta 633/633 L ハーネス メーカ
Zeta 633/633 L ハーネス メーカ
Zeta 651 ハーネス メーカ
Zeta 651 ハーネス メーカ
Zeta 656 ハーネス メーカ
Zeta 656 ハーネス メーカ

Zeta 651

製品情報

Zeta 651 ハーネス メーカは、1 列ブロックおよび 2 列ブロックの片端装荷を高い信頼性で実現する魅力的な価格の完全なソリューションを提供します。Zeta 651 ハーネス メーカは、装荷の前に端子の中心を機械的に位置合わせし、必要に応じて回転します。

Zeta 655 ハーネス メーカの信頼性の高い挿入ヘッドとプロセス監視システムは、最適な挿入を保証します。チャンバ内での挿入から適切なロッキングに至るまで、挿入プロセス全体が監視されます。ブロックは自動的に供給され、装置の運転中に補充できます。供給と収集は個々のお客様のニーズに合わせることができます。

特徴

Zeta 651
  • 全自動のブロック挿入
  • TopWin ソフトウェアへの完全な統合
  • 良品/不良品選別を含む一体化されたプロセス監視
  • ブロックの自動フィード
  • 装置の運転中にブロックを補充可能
  • 片側挿入ハーネスの経済的な生産

Zeta 656

製品情報

Zeta 656 ハーネス メーカは、少量の生産バッチ サイズを考慮して設計されたブロック挿入ロボットです。この装置は異なる種類のワイヤ ハーネスを同時に製造できるように設計されているため、リード セットあたりのコストが大幅に削減され、投資コストを短期間で償却できます。また、新しいアプリケーションを後で組み込むことも可能です。フレキシブルなパレット カルーセルを備えており、さまざまな種類のワイヤ ハーネスをジャストインタイムで生産できます。切り替え作業もごく短時間で済みます。

特徴

Zeta 656
  • 1 台の装置で非常に幅広いハーネスを製造 – アプリケーション固有の部品なし
  • 新しいアプリケーションを後で簡単に追加できる
  • 少量の生産バッチであっても経済的
  • 非接触式の端子の位置認識
  • 均一で最高品質の処理 – 加工の信頼性が高い
  • 良品/不良品分類を含む一体化された品質監視
  • 短い償却期間
Zeta 651 ハーネス メーカ

Zeta シリーズ ハーネス メーカ

全自動の Zeta 633 圧着装置と Zeta 651 および Zeta 656 ブロック ローダを組み合わせて、幅広い複雑さに柔軟に対応するワイヤ ハーネスの全自動生産システムを構築できます。この装置設計を利用すれば、ワイヤ ハーネスを同時に生産してリード セットあたりのコストを削減することが可能です。

Zeta 633/633 L

製品情報

Zeta 633 ハーネス メーカは、ジャストインタイム生産に使用する非常にフレキシブルな全自動圧着装置です。柔軟性の高い装置コンセプトにより、小さいジョブやワイヤ シーケンスの取り扱いにおいてほぼ無限の可能性を切り開きます。

最大 36 種類の導線を切り替えなしに供給することが可能です。ワイヤの搬送は、各導線の固有の特性に適合させることができます。ループ搬送原理を適用して、ループの 2 つのワイヤ端を 1 つずつ順に適切な処理ステーションに送ります。

特徴

Zeta 633/633 L
  • 最大 36 種類の導線を切り替えなしに処理可能
  • ステーションのレイアウトを目的に合わせて定義可能
  • 既存の処理ステーションとの完全な統合
  • 高い処理品質
  • TopWin ソフトウェア: 既存の操作性をすぐに適用可能
  • 優れたアクセス性と安全性
  • 拡張可能
  • Zeta 651 および Zeta 655 装置に送るための前準備
  • 良品/不良品分類を含む完全に一体化された品質監視
  • 顧客が指定した特殊用途に対応可能
Zeta 633/633 L ハーネス メーカ
Zeta 633/633 L ハーネス メーカ
Zeta 651 ハーネス メーカ
Zeta 651 ハーネス メーカ
Zeta 656 ハーネス メーカ
Zeta 656 ハーネス メーカ

Zeta 651

製品情報

Zeta 651 ハーネス メーカは、1 列ブロックおよび 2 列ブロックの片端装荷を高い信頼性で実現する魅力的な価格の完全なソリューションを提供します。Zeta 651 ハーネス メーカは、装荷の前に端子の中心を機械的に位置合わせし、必要に応じて回転します。

Zeta 655 ハーネス メーカの信頼性の高い挿入ヘッドとプロセス監視システムは、最適な挿入を保証します。チャンバ内での挿入から適切なロッキングに至るまで、挿入プロセス全体が監視されます。ブロックは自動的に供給され、装置の運転中に補充できます。供給と収集は個々のお客様のニーズに合わせることができます。

特徴

Zeta 651
  • 全自動のブロック挿入
  • TopWin ソフトウェアへの完全な統合
  • 良品/不良品選別を含む一体化されたプロセス監視
  • ブロックの自動フィード
  • 装置の運転中にブロックを補充可能
  • 片側挿入ハーネスの経済的な生産

Zeta 656

製品情報

Zeta 656 ハーネス メーカは、少量の生産バッチ サイズを考慮して設計されたブロック挿入ロボットです。この装置は異なる種類のワイヤ ハーネスを同時に製造できるように設計されているため、リード セットあたりのコストが大幅に削減され、投資コストを短期間で償却できます。また、新しいアプリケーションを後で組み込むことも可能です。フレキシブルなパレット カルーセルを備えており、さまざまな種類のワイヤ ハーネスをジャストインタイムで生産できます。切り替え作業もごく短時間で済みます。

特徴

Zeta 656
  • 1 台の装置で非常に幅広いハーネスを製造 – アプリケーション固有の部品なし
  • 新しいアプリケーションを後で簡単に追加できる
  • 少量の生産バッチであっても経済的
  • 非接触式の端子の位置認識
  • 均一で最高品質の処理 – 加工の信頼性が高い
  • 良品/不良品分類を含む一体化された品質監視
  • 短い償却期間