Kappa 350 ワイヤ ストリッパ

Kappa 350 ストリッパー

Kappa 350 は、自動切断装置および被覆除去装置としては最新世代に分類される製品です。このモデルはシンプルで柔軟なタッチ コントロールと、きわめて幅広い処理範囲を備えています。処理が困難な材質でも、迅速かつ容易にセットアップできます。新しいケーブル タイプへの変換は工具を必要としないため、非常に短時間で行えます。

この強力な収納装置は二重ブレード設計になっています。 断面では最大 120 m²、外径では最大 35 mm の丸形導線を処理できるよう設計されています。パワフルなベルト ドライブにより、全断面範囲にわたってスムーズな処理が可能です。最初の切断ロスがなくなるので、このモデルでは断面範囲の上部における違いが特に大きくなります。

特徴

シンプルなインタフェース、低いワイヤ損失
  • 高性能
  • タッチ インタフェースによるシンプルで柔軟な操作
  • セットアップを支援し、処理を監視する革新的なセンサ
  • センサ監視による最小限のワイヤ損失
  • 供給機器と収集機器のシンプルな統合
  • TopWin インタフェース
  • 企業ネットワーク内でのネットワーキング