K206 切断機

切断機

K206 および K206S 切断機は、丸形導線、フラット導線、ホース、PVC ストリップ、各種ホイル、紙、繊維などを切断する場合に真の威力を発揮する装置です。

どちらの切断機も、処理、プロセス制御、そして精度の柔軟性を実現します。 K206 は万能型モデルで、K206S は専門的モデルです。 高出力に対応した切断ユニットであり、直径 35mm² までのより線を切断できます。巻き戻し機、マーカ、ワークテーブルのすべてが統合されているため、シンプルなシステムに拡張できます。ユーザ インタフェースはシンプルさの点で優れており、どちらの自動装置にも同一のインタフェースが採用されています。きちんとまとめられたメニュー構造のため、ソフトウェアの使い方を覚えるための時間がかかりません。ユーザーは、2 つのメニュー ボタンを使ってさまざまな機能にアクセスできます。入力は、コントロール パネル上の少数のボタンを使用して実行します。基本データと装置に固有の動作データは、パスワードで保護できます。メニューは、7 種類の言語で表示できます。

仕様

特徴 K206 切断機 K206S 切断機
長さの範囲

1mm ~ 99999mm

ワイヤの長さに応じて、± 1mm または ± 0.2%

1mm ~ 99999mm

ワイヤの長さに応じて、± 1mm または ± 0.2%

ワイヤ断面 0.14 ~ 35mm2 (より線)、26 - 2 AWG 0.14 ~ 35mm2 (より線)、26 - 2 AWG
管の最大高さ 16mm 16mm
菅の最大幅 82mm 82mm
事前選択個数 1 ~ 99999 個 1 ~ 99999 個
雑音レベル <70dB <70dB
電気 115/230V ± 10%、50/6- Hz、230VA 115/230V ± 10%、50/6- Hz、230VA
圧力 4 ~ 6 バール 4 ~ 6 バール
寸法 (W x H x D) 420 x 320 x 390 mm 325 x 320 x 300mm
重量 約 25 kg 約 20 kg
インタフェース フィード システム用の停止入力
マーカ インタフェース 
ワイヤの取り外し
フィード システム用の停止入力
マーカ インタフェース

サイズは小さく、性能は高く

K206 は万能型モデルで、K206S は専門的モデルです。どちらの装置も、処理、プロセス制御、そして精度において最大限の柔軟性を実現します。

高出力に対応した切断ユニットであり、直径 35mm² までのより線を完全に切断できます。巻き戻し機、マーカ、ワークテーブルのすべてが統合されているため、シンプルなシステムに拡張できます。

ユーザー フレンドリーな設計

ユーザー インタフェースにより、きちんとまとめられたメニュー構造が実現されています。ユーザーは、2 つのメニュー ボタンを使ってさまざまな機能にアクセスできます。入力は、コントロール パネル上の少数のボタンを使用して実行します。基本データと装置に固有の動作データは、パスワードで保護できます。メニューは、7 種類の言語で表示できます。

トグル スイッチにより、ワイヤのセットアップを簡単に行えます。この装置は、工具を使用せずに他のプロセスに転換できます。転換時間が超高速であるため、これらのユニットは、処理材料を頻繁に取り換える必要があるユーザーに最適です。

特徴

使いやすく、切断力は強力
  • 非常にシンプルな操作
  • 非常に大きな張力と切断力
  • 再現可能なローラー圧と切断力の設定
  • 工具を必要としないため、転換時間の短縮を実現
  • 多種多様なアクセサリ
  • 加工範囲内での高度な柔軟性

用途

  • 丸形導線とフラット導線
  • ホース
  • PVC ストリップ
  • 各種ホイル
  • 繊維