Alpha 550

Alpha 550 リードメーカ

Alpha 550 は、全自動両端圧着・両端防水シール挿入機です。Alpha 550 は、比類のない単価パフォーマンス、柔軟な生産能力、優れた品質により、圧倒的な競争力をもたらします。

高い生産性、柔軟性、高い精度を維持することは、現在および将来にわたって全自動のワイヤ処理装置に求められる要件です。 Alpha 550 は、全自動両端圧着・両端防水シール挿入機です。革新的な技術を搭載し、あらゆる面でこのような要件を満たします。 

高速加工が可能な Alpha 550 では、クラス最高の単価パフォーマンスを達成できます。たとえば、新しい収集システムのコンベヤ ベルトの速度は、最高のスループットを維持するよう自動的に調整されます。Alpha 550 はタッチ スクリーン、キーボード、マウスを使って、人間工学に基づいた素早い操作が可能です。TopWin ソフトウェアによって、動作を止めることなく次のジョブをロードし、材料とツールを準備できます。また、インジケータ ランプとワーク ゾーンの LED 照明により、操作性を高めています。

Alpha 550 は機械処理を完全同期する堅牢なシステムを搭載し、品質保証機能および監視機能を提供することで、最高水準の精度と卓越した CpK を実現します。  さらに、強力なサーボ モータにより、旋回アームの位置決めを比類ないリピート精度で行います。  機械部品および電子部品は、ほこりや周囲の影響から十分に保護されており、高温多湿の環境にも適合します。 

 

ストリップ品質検査

最高の品質を実現

品質ツールによるストリップ品質の光学検査で、不良品は自動的に取り除きます。生産プロセスと簡単に統合でき、特別な学習は必要ありません。オプションの CPS (カット プル ストランド) と比較すると、生産性が 10% 程度向上します。 

圧着モジュール

最高の生産性を実現

効果的なユーザー ガイダンスと、モジュールにケーブルを直接配置する構造のため、セットアップと転換は短時間で完了します。CFA+ によって最高の品質を実現でき、不良品の発生率が最小限に抑えられます。圧着モジュールは堅牢な設計で、優れたリピート精度を達成します。ストロークや分割サイクルなどの機能は、簡単にプログラム変更可能です。圧着モジュールでは学習時にクリンプ ハイトを自動的に調整します。

シール モジュール

最大の柔軟性を実現

このモジュールは、ケーブルに自動的にシールを挿入します。ミニシールをはじめ、通常使用されるすべてのシールに対応します。シール位置の監視機能を組み込んだ精密機構によって、加工の信頼性を高めています。シールの種類の転換は、素早く行うことができます。

技術データ

ワイヤ断面 0.13 ~ 6 mm2 (AWG 26 ~ 10)*
ワイヤ引き込み速度 最大 12 m/s (39 ft/s)
導線の外径 最大 5.1 mm (0.20 インチ)
長さの範囲 60 ~ 65,000 mm (2.35 インチ ~ 213 フィート)**
完全被覆除去 0.1 ~ 29.5 mm (0.004 ~ 1.16 インチ)
半被覆除去 最大 35.5 mm (1.4 インチ)
圧縮空気接続 5 ~ 8 bar (73 ~ 116 psi)

空気消費量: クリンプ/クリンプ

クリンプ シール/クリンプ シール

< 7 m³/h (247 ft³/h)

< 11 m³/h (388.5 ft³/h)

*ワイヤ材質による

**リピート精度 ± (0.2 % + 1 mm [0.04])

Alpha 550

正面図

Alpha 550

構成

Alpha 550 の加工例