Alpha 488 S リードメーカ

alpha 488 s リードメーカ

Alpha 488 S は適切な長さに切断して結線した 2 本のシングル バルク ワイヤからツイストペア ワイヤを全自動で製造する装置であり、品質管理機能も完備しています。モジュラ式のシステム構成で優れた柔軟性を実現しています。ワイヤの始まり部分の処理に 4 基のステーション、ワイヤ端の処理に 2 基のステーションを使用することで、処理の可能性が大きく広がります。

装置でツイスト ワイヤの出力性能を高めることができるのは、2 本の導線を並行で処理し、処理全体を 3 つの主要な処理に分割することによって、相互に最適な同期化を実現するためです。 直線ワイヤ引き込み装置にはデルタ長アナライザ (DLA) が内蔵されているため、­丁寧なワイヤ加工が保証されます。AC サーボ駆動を使用するツイスト ヘッドは、Alpha 488 リード メーカの心臓部です。内蔵のツイストフォースアナライザ (TFA) でねじれ処理中の力を分析することによって、均質なねじれが可能になります。継続的在庫を利用して、全自動ツイスタ Alpha 488 は適切な長さに切断して結線処理したツイストペア ケーブルを製造します。 断面が 2 x 0.13 mm² ~ 2 x 2.5 mm² のワイヤを加工できます。サイド 1 の 4 基のステーションと、サイド 2 の 2 基のステーションにより、両端のシール装着や圧着など、処理能力の柔軟性が高まります。

特徴

  • 連続する在庫をツイストペアに完全に処理し、両端の処理も実行
  • ベースとなる在庫を丁寧に加工することで、高品質の最終製品を実現
  • サイド 1 で長さ 125 mm までの各種オープン エンドの処理が可能 (オプション)
  • 2 本の同一シングル ワイヤで両端圧着とシール装填に使用可能
  • 高度な柔軟性と転換時間の短縮を実現
  • アクティブな良品/不良品分類機構
  • 最大 6 基の処理ステーションに対応
  • TopWin ソフトウェアにより操作が容易
  • 信頼性の高い WPCS (ワイヤ処理­通信­­標準) と特殊ソフトウェアによりネットワーキングが可能
  • 品質監視機能を内蔵:
    DLA (デルタ長アナライザ)、
    CFA+ (クリンプ力アナライザ)、
    SPM (シール位置モニタ)、またねじり処理中は
    TFA (ねじれ力アナライザ)