Alpha 433 リードメーカ

Alpha 433 リードメーカ

Alpha 433 H リードメーカはフレキシブルな全自動圧着装置であり、効率的なワイヤ処理を実現します。Alpha-H 装置は、0.20 ~ 16mm² の断面/AWG 24 ~ 6 を処理できます。単導体に加えて、ダブル クリンプ接続も処理できるように設計されています。

太いワイヤはもう問題になりません。 Alpha 433 H リードメーカは、最大 16 mm² の太いワイヤを処理できます (精密ワイヤ導体)。P104 圧着­プレスが、大きい端子の処理に必要な力を加えます。端子は両端で圧着できますが、片端ではシールも装填できます。Alpha 433 モデルは柔軟性に富んでいるので、片方または両方のワイヤ端にシールを装填できます。また、長さの異なるさまざまな端子やダブル圧着接続、および同一のワイヤを簡単に処理できます。

ソフトウェア

オプションのインタフェースである WPCS (ワイヤ処理通信標準) を使用すると、これらの装置を TopWin でネットワーク化できます。このオープン インタフェースを利用すると、既存の生産工程に装置を簡単に統合できます。 

Topnet はわかりやすく整理された管理ソフトウェアで、部品、成形品、ジョブを中央で生産および管理するための機能を備えているため、生産運用を最適化できます。TopConvert を使用すると、既存のジョブと成形品を WPCS フォーマットに変換できます。変換されたデータは、全自動圧着装置で直接処理できます。