CSP 5T シャトル プレス マシン

高速、静音、効率的

当社の CSP 5T シャトル プレス マシンには、すばやくシンプルな製品提示のための自動シャトル システムが採用されています。このシステムは、コンプライアント ピン ハウジングとコネクタの基板への適用に焦点を合わせています。最大 3 トン (27 kN) のプレス能力を備え、圧力、距離、速度の監視機能および制御機能のほか、各プレス サイクルのリアルタイムの品質記録を維持する機能もあります。PC 制御の CSP は、簡単にプログラム変更できるプレス システムを提供し、パラメータはプレス サイクルごとに自動セットアップされます。空気圧システムや油圧システムと比較すると、CSP プレスは静音かつ効率的で、基板を損傷させる油漏れはありません。オプションのピン貫通センシング工具を使うと、基板を通じて適用されるすべてのピンを適切な位置で確実に貫通させることができます。

3

トン (最大挿入能力)

6-10

秒 (プレス サイクルあたり)

特長

  • プレス ラムの下に製品を配置するシャトル システムを備えたシャトル プレス マシン
  • ハウジング容量 3 x 6 インチ (75 x 150 mm)。その他のサイズもご用意できます。
  • 加圧能力最大 3 トン (27 kN)
  • 用途によって異なる速度。シャトル イン、プレス、シャトル アウトまでの時間は、通常 6 ~ 10 秒。
  • 各プレス サイクルの圧力、距離、速度の監視と制御機能
  • すべてのプレス部品の品質保証とトレーサビリティに関する全 SPC データ 
  • 正しいピン貫通を保証するオプションのピン貫通センシング (PPS)
  • シンプルなプログラミングと自動セットアップを実現するデータベース主導型ソフトウェア
  • インタフェース - マウスとキーボード (タッチスクリーン モニタはオプション) 
  • 電力 - AC 120 V、単相、20 A、50/60 Hz
  • 空気 - 80 psi の圧力で 5 立方フィートの空気量
  • 寸法 - 幅 30 インチ (760 mm)、長さ 38 インチ (965 mm)、高さ 64 インチ (1,625 mm) 

自動製品シャトル

より高速な処理

CSP プレス システムの主な特長は、基板とハウジング コネクタのスタックアップを上部挿入工具の下に配置する、自動シャトル システムです。部品の存在が確認されると、上部工具に取り付けられたラムの下に製品が配置され、プレスサイクルを完了します。プレス サイクルが自動的に完了するまでの間、オペレータは、次のアセンブリの準備や次の製品のバーコード準備など、他の作業を行うことができます。これにより、製品の不適切な配置によって発生するスクラップが削減し、全体の加工スループットが向上します。

品質のモニタリングとコントロール

オペレータのミスを防止

フィードバック機能と PC 制御を備えた CSP システムは、プレス作業で実行されているすべてのプレス ストロークの特性をリアルタイムで監視して、制御できます。プレス サイクルのいずれかの段階が指定された限界値を超えると、ストローク中のプレスが停止します。これにより、製品の損傷を防ぎ、スクラップが解消されます。高品質の実現には、プレス サイクルの監視と制御だけでなく、オペレータのミスを防止する方策も必要です。適用製品のパラメータを事前にプログラミングすると、CSP は次のプレス サイクルに移行する際に、設定済みのパラメータを自動的に調整します。次のプレス サイクルへの移行にストローク停止や圧力調整の変更は必要ありません。つまり、それに伴うオペレータのミスもありません。 

オプションのピン貫通センシング工具 (PPS)

オプションのピン貫通センシング (PPS) 工具を使用すると、CSP を適用する製品に対する追加の品質チェックを行うことができます。PPS 工具は、適用製品用に特別に設計されており、すべてのピンが所定の距離で基板を正しく貫通していることを検証します。