この製品の構成と価格を今すぐ確認する

概要

これらミニチュア温度センサは通常、ベアリングや回転機械の内部に据え付けられます。 軸受・油・空気・水との接触点における温度変化の検出や、その他プロセス制御に利用されています。センシング ジャンクションを小型の金属ケースに埋め込むことによって、ベアリング内の接触点における温度変化検知の精度および感度を向上させています。これらミニチュア センサは、スペースが制限されており、設置のためドリル穴を開けることが可能な場所なら、容易に据え付けできます。あらゆる用途に対応する、埋め込み型サーモカップルの多彩なカスタムオプションをご提供しています。ケーブルが外に出る箇所では、フィードスルーによって流体シールを実現。位置調整が可能なリード ワイヤおよびケーブル用シールによって、漏れを防止します。
 

特長

  • ケース材料: ステンレス鋼またはスズめっき銅
  • ジャンクション形状、シングル/デュアル: J/K/T/E 接地処理済み、非接地
  • リード ワイヤ/ケーブルから選択可能
  • フィードスルー オプション
  • 温度範囲: -50 ~ 250˚C (-58 ~ 482°F)
  • ケース材料: スズめっき銅合金またはステンレス鋼
  • 絶縁抵抗 – 非接地モデル: 500 VDC で最低 100 MΩ (リード ~ ケース間)、50 VDC で最低 10 MΩ (素子間)
  • 耐振動性: 3 g レベル ピークで周波数範囲 5 ~ 500 Hz に 3 時間対応可能。ASTM E 644、セクション 10 に準拠
  • 耐衝撃性: 50 g レベル ピークのサイン波衝撃に 11 ミリ秒間対応可能。ASTM E 644、セクション 11 に準拠

特徴

製品情報をご確認ください または 認証機関による最新情報に関しましてはお問い合わせください。 

製品のタイプの特徴

  • モデル番号  ANDO-415, ANDO-416, ANDO-417, ANDO-418

  • 熱電対タイプ  E, J, K, T

  • センサのタイプ  熱電対

使用条件

  • 周囲温度範囲  -100 – 250 °C [ -148 – 482 °F ]

  • 誤差限度/温度精度  スタンダード限度/ +-1°C, 特殊誤差限度

実装の特徴

  • パッケージ  フィードスルーあり, フィードスルーなし

その他

  • ジャンクション接地  接地処理済み, 非接地

関連資料

カタログ ページ/データ シート

契約条件

本データを使用する前に免責事項をご確認ください。本データを使用した場合、以下に示す利用規約に同意いただいたものとみなします。

免責事項:

この情報は、お客様にご利用いただくため無料で提供しておりますが、TE Con​​nectivity Corporation(以下「TE」という)、またはSnapEDA 社 またはUltra Librarian / EMA Design Automation 社(以下総称して「 甲」という)の排他的財産となります。

甲は、正確性を確保するために妥当な努力を払っていますが、正確性を保証するものではなく、情報が完全に正確かつ最新のものであることを保証するものではありません。多くの場合、CADデータは、お客様が使用するために重要なインタフェース幾何学的詳細を維持しながら独自の情報を取り除き簡素化しております。甲は、黙示による保証、商品性の保証、または特定の目的へ適合性の保証を含めて、あらゆる黙示的保証を明確に行わないものとします。