概要

ANSI C136.41 に準拠した、TE Connectivity の LUMAWISE 回転式調光リセプタクル は、ANSI C136.41-2013 に準拠した写真制御セルと照明器具間の、電気的および機械的な相互接続を可能にします。屋外の商用照明およびユーティリティ照明に最適な ANSI C136.41 対応調光リセプタクルは、2 つまたは 4 つの調光端子を備えたバージョンをご用意。0 ~ 10 VDC 調光法またはデジタル調光照明インタフェース (DALI) のいずれかをサポートします。また、3 つの堅牢なツイスト ロック端子によって、信頼性の高い電力相互接続を可能にします。

用途

• 街路および道路照明
• 写真制御
• 駐車場照明

特長

• 355 度まで回転可能
• 3 つの堅牢なツイスト ロック端子による、信頼性の高い電力相互接続
• リセプタクルは結線処理済みで、新規または既存の照明器具に容易に統合可能
• さまざまな温度定格の照明器具に対応できるよう、定格 105°C および 150°C のワイヤ絶縁付きで提供
• ANSI 規格に準拠した調光光電池の使用に対応し、光電池と照明器具との接続を提供
• 2 つまたは 4 つの調光端子を備えたバージョンにより、1 チャネル/2 チャネル調光プロトコルをサポート
 

  1. 1分間セミナー:フォトセル調光用リセプタクル(英語)

プロダクト マネージャの Alex Hunt III が、当社の回転式調光リセプタクルにお客様が高い関心を寄せる理由、さらにそれがどのように設置課題を解決し、街路照明用途向け LED の導入をスピードアップしてエンド ユーザーのお客様の省エネとコスト削減を実現するかを説明します。

特徴

製品情報をご確認ください または 認証機関による最新情報に関しましてはお問い合わせください。 

製品のタイプの特徴

  • コネクタのスタイル  リセプタクル

  • コネクタ タイプ  ワイヤ対コンポーネント

  • 防水性  いいえ

  • コネクタおよびコンタクトの嵌合先  ワイヤ&ケーブル

  • ゼロ クロス同調  いいえ

  • 製品タイプ  コネクタ

  • Make First/Break Last  はい

  • ストレイン リリーフ  なし

構成の特徴

  • 極数  5, 7

  • 事前設計されたケーブルを使用可能  はい

  • 溝付き  はい

電気的特性

  • 動作電圧 (VDC) 600

  • 動作電圧 (VAC) 600

端子の特徴

  • 端子嵌合面のめっき材質の仕上げ  マット

  • Contact Current Rating (Max) (A) 15

  • 端子嵌合面のめっき材質 

  • スタンプ & フォームド  はい

  • 端子結線面のめっき材質  ティン

  • 端子嵌合面のめっき厚 (µm) .76

  • 端子結線面のめっき厚 (µm) .3

  • 端子結線エリアの仕上げめっき  マット

結線の特徴

  • ワイヤ & ケーブルへの結線方法  圧着

  • ツールレスワイヤ結線  はい

機械的アタッチメント

  • 取り付け角度  垂直

ハウジングの特徴

  • ハウジングの色 

  • ハウジングの材質  PBT GF

寸法

  • ワイヤ/ケーブルのサイズ (AWG) 18 – 14

  • ケーブル長 (in) 12

使用条件

  • 使用温度範囲  -40 – 85 °C [ -40 – 185 °F ]

  • UV 定格露光量  はい

動作/用途

  • 回路用途 (パワー/シグナル)  パワーおよびシグナル

識別マーキング

  • 回路識別の特徴  あり

業界スタンダード

  • UL 難燃性グレード  UL 94V-0

実装の特徴

  • 実装方法 

関連資料

データ シート/カタログ ページ

利用規約

本データを使用する前に免責事項をご確認ください。本データを使用した場合、以下に示す利用規約に同意いただいたものとみなします。

免責事項:

この情報は、お客様にご利用いただくため無料で提供しておりますが、TE Con​​nectivity Corporation(以下「TE」という)、またはSnapEDA 社 またはUltra Librarian / EMA Design Automation 社(以下総称して「 甲」という)の排他的財産となります。

甲は、正確性を確保するために妥当な努力を払っていますが、正確性を保証するものではなく、情報が完全に正確かつ最新のものであることを保証するものではありません。多くの場合、CADデータは、お客様が使用するために重要なインタフェース幾何学的詳細を維持しながら独自の情報を取り除き簡素化しております。甲は、黙示による保証、商品性の保証、または特定の目的へ適合性の保証を含めて、あらゆる黙示的保証を明確に行わないものとします。