この製品の構成と価格を今すぐ確認する

概要

固有の設計を持つ RVIT-Z には当社独自の RVIT (角度可変誘導型トランスデューサ) 技術が採用されており、単一のプリント基板で信号調整回路を実装しています。 RVIT-Z は、OEM 用途での回転測定および角度測定に対応した超ロー プロファイルで高精度、そして無限の分解能を持つソリューションを提供します。ワイパー・ブラシ・スリップ リング・磁気素材が使われていないため、非常に低いロータの慣性モーメントを実現しながら、摩耗・静摩擦・ヒステリシス・電気ノイズが排除されています。RVIT-Z は、±60 度を超える絶対回転測定と最大 ±75 度 (非線形性を向上) の拡張動作に対応しており、広範な動作温度範囲にわたり比類なき性能を実現しています。また、出荷前のキャリブレーションと自動化された試験により、フル レンジ (±60 度) の ±0.5% 未満という非線形性が確保されています。RVIT-Z は高度な設計の柔軟性を提供しているため、顧客用途への最適な統合が可能です。たとえば遠隔検知が必要とされる用途では、回転センシング素子を電子回路から 12 インチ離した状態を維持できるように RVIT-Z をカスタマイズできます。 

特長

  • OEM の低コスト カスタム設計
  • 絶対回転位置検知
  • 非接触電気設計
  • 無限角サイクル寿命
  • ±60 度の線形検知レンジ
  • 単極または双極 VDC 駆動
  • PWM 出力に対応
  • フォーム ファクタの柔軟性
  • 遠隔検知能力

特徴

製品情報をご確認ください または 認証機関による最新情報に関しましてはお問い合わせください。 

製品のタイプの特徴

  • センサのタイプ  RVIT

構成の特徴

  • 電気接続  多様

電気的特性

  • 供給電圧 (VDC) 10 – 28, 5, ±15

  • Input Current (Max) (mA) 18

  • 出力のタイプ  1 – 4 VDC, ±10 VDC, ±2.5 VDC, パルス幅変調

ボディの特徴

  • 角度付きのセンシング範囲 (°) ±60

  • 重量  多様 g [ 多様 oz ]

機械的アタッチメント

  • 取り付け  プリント基板

使用条件

  • 使用温度範囲  -25 – 85 °C [ -13 – 185 °F ]

業界スタンダード

  • 認定  RoHS

その他

  • 非線形性 (%) ±.5

関連資料

データ シート/カタログ ページ

利用規約

本データを使用する前に免責事項をご確認ください。本データを使用した場合、以下に示す利用規約に同意いただいたものとみなします。

免責事項:

この情報は、お客様にご利用いただくため無料で提供しておりますが、TE Con​​nectivity Corporation(以下「TE」という)、またはSnapEDA 社 またはUltra Librarian / EMA Design Automation 社(以下総称して「 甲」という)の排他的財産となります。

甲は、正確性を確保するために妥当な努力を払っていますが、正確性を保証するものではなく、情報が完全に正確かつ最新のものであることを保証するものではありません。多くの場合、CADデータは、お客様が使用するために重要なインタフェース幾何学的詳細を維持しながら独自の情報を取り除き簡素化しております。甲は、黙示による保証、商品性の保証、または特定の目的へ適合性の保証を含めて、あらゆる黙示的保証を明確に行わないものとします。