この製品の構成と価格を今すぐ確認する

概要

モデル 610 角速度センサは衝撃の影響を受けにくく、SAE J211 および ISO 6487 に準拠しています。
モデル 610 の引用見出し

モデル 610 シリーズは、シリコン製 MEMS センシング素子と、カスタムの電子機器およびパッケージを利用しており、極端な衝撃や振動が生じる環境においても高い信頼性を示す、角速度センサです。 特定の用途に合わせて、多彩な製品をご用意しています。また、モデル 610 角速度センサとモデル 64X 加速度センサのどちらの取り付けにも対応した設計の 3 軸取り付けブロックもご用意しています。TE Connectivity (TE) では、3 軸バージョンについてもモデル 603 角速度センサを提供しています。 

±500

±500°/秒の最小レンジ

±50,000

±50,000°/秒の最大レンジ

特長

  • 5 ~ 16 Vdc の励起電圧
  • 小型、軽量パッケージ
  • -40°C ~ +105°C の温度範囲
  • 耐衝撃設計
  • 軸と直角方向では低感度

用途

  • 自動車の衝突安全試験
  • 人型ダミーの計装
  • 歩行者への衝撃
  • ロールオーバー試験
  • モータースポーツ
  • バイオメカニクス試験
  • ロボット システム設計
  • 航空宇宙産業の試験

特徴

製品情報をご確認ください または 認証機関による最新情報に関しましてはお問い合わせください。 

製品のタイプの特徴

  • センサのタイプ  Rate Sensors/Gyros

電気的特性

  • 駆動電圧 (VDC) 5 – 16

寸法

  • 寸法 MM  14.6 x 10.2 x 7.6

実装の特徴

  • パッケージ  Anodized Aluminium

その他

  • FS 範囲 (±) DEG  12000, 1500, 18000, 24000, 500, 50000, 6000

  • 使用温度 DEGF  -40 – 221

  • 精度  ±0.5% Non-Linearity

  • 使用温度範囲 °C (°C) -40 – 105

関連資料

データ シート/カタログ ページ

利用規約

本データを使用する前に免責事項をご確認ください。本データを使用した場合、以下に示す利用規約に同意いただいたものとみなします。

免責事項:

この情報は、お客様にご利用いただくため無料で提供しておりますが、TE Con​​nectivity Corporation(以下「TE」という)、またはSnapEDA 社 またはUltra Librarian / EMA Design Automation 社(以下総称して「 甲」という)の排他的財産となります。

甲は、正確性を確保するために妥当な努力を払っていますが、正確性を保証するものではなく、情報が完全に正確かつ最新のものであることを保証するものではありません。多くの場合、CADデータは、お客様が使用するために重要なインタフェース幾何学的詳細を維持しながら独自の情報を取り除き簡素化しております。甲は、黙示による保証、商品性の保証、または特定の目的へ適合性の保証を含めて、あらゆる黙示的保証を明確に行わないものとします。