カスタマイズオプションを含む本モデルに関する情報を希望される場合のお問い合わせ

お問合せ
概要

さまざまなサイズと厚さのセンサをご用意しています。 DT フィルム素子が生成する電圧はマイクロストレインあたり 10 ミリボルトを超えます。これは箔ひずみゲージの出力電圧より約 60 dB 高い値です。静電容量は素子の面積に比例し、素子の厚さに反比例します。DT シリーズ センサは最も単純な形態のピエゾ フィルム センサであり、主に動的ひずみゲージやコンタクト マイクロホンとして振動や衝撃の検出に使用されます。リードは付いておらず、お客様が独自にリードを取り付けることができます。センサは両面テープまたはエポキシによって表面に簡単に接着できます。リードの取り付けには、圧縮クランピング、クリンプ、アイレット、導電性エポキシ、または低温はんだを使用します。

利点

  • リードが付いていない圧電フィルム センサ
  • 銀インク電極
  • さまざまなサイズと厚さから選択可能
  • 独自センサの作成に適している 
特徴

製品情報をご確認ください または 認証機関による最新情報に関しましてはお問い合わせください。 

製品のタイプの特徴

  • センサのタイプ  エレメント

  • 特徴  ストリップ

関連資料

契約条件

このデータは、免責事項をよく読んでからご利用ください。
このデータを使用すると、以下に規定されている契約条件に同意したものとみなされます。これらの契約条件に同意できない場合は、「同意しない」リンクをクリックしてください。

免責事項:
この情報は無償でお客様に提供されています。ただし、その所有権は TE Connectivity Corporation (以降 "TE") が独占的に保有するものとします。TE は情報の正確性を確保するために合理的な努力を払っていますが、誤りが含まれていないことを保証するものではありません。また TE は、この情報が完全に正確で最新であることについて、一切の表明、保証、約束を行いません。多くの場合、CAD データでは所有権情報を削除することで、お客様の使用に際して重要となるインタフェースの形状的な詳細情報を保持しながらシンプルさを確保しています。TE は、この情報に関するすべての黙示的保証を明示的に否認します。これには、特定の目的に対するあらゆる保証、商品性、または適合性が含まれますが、これらに限定されるものではありません。