この製品の構成と価格を今すぐ確認する

概要

これらのセンサは単純なトランスデューサに組み込んだり、フルサイズのシートとしてスピーカなどの用途に使用したりできます。 金属化オプションには柔軟な銀インクとスパッタ金属化があります。銀インクは機械的応力のかかる用途に適しています。また、リードを取り付けやすくするためのカスタム金属化パターンにも向いています。薄いスパッタ金属化は銀インクよりも脆性が高く、SN 比の要件により電極の質量負荷を非常に低くすることが要求される場合に使用します。当社の標準のスパッタ金属化は 700 Å の銅を 100 Å のニッケルで覆ったものであり、伝導率が良好で酸化に対する耐性もあります。金などの他の金属化も個別にお受けします。セットアップ料金は無料です。スパッタ金属化フィルムの場合、縁はありません。

特長

  • 薄くて柔軟なフィルム シート
  • 多目的で独自のセンサの設計に便利
  • 電極オプション – スパッタ金属化と銀インク
  • さまざまなフィルム厚さオプション

特徴

製品情報をご確認ください または 認証機関による最新情報に関しましてはお問い合わせください。 

製品のタイプの特徴

  • センサのタイプ  シート

関連資料

データ シート/カタログ ページ

利用規約

本データを使用する前に免責事項をご確認ください。本データを使用した場合、以下に示す利用規約に同意いただいたものとみなします。

免責事項:

この情報は、お客様にご利用いただくため無料で提供しておりますが、TE Con​​nectivity Corporation(以下「TE」という)、またはSnapEDA 社 またはUltra Librarian / EMA Design Automation 社(以下総称して「 甲」という)の排他的財産となります。

甲は、正確性を確保するために妥当な努力を払っていますが、正確性を保証するものではなく、情報が完全に正確かつ最新のものであることを保証するものではありません。多くの場合、CADデータは、お客様が使用するために重要なインタフェース幾何学的詳細を維持しながら独自の情報を取り除き簡素化しております。甲は、黙示による保証、商品性の保証、または特定の目的へ適合性の保証を含めて、あらゆる黙示的保証を明確に行わないものとします。